日焼け止めSPFの選び方!間違ったUVケアで紫外線を浴びているかも?

紫外線の気になる季節といえば【日焼け止め】ですが、

【日焼け止め】を塗っていれば対策できている、なんて安心していませんか?

またSPFの数値ですが数値が高ければ安心だからと、とりあえず数値の高いものを使っていたりしたら、

それがシミシワの原因を作っていることになっているかもしれません。

間違ったUVケアをしている方が多いので、美しい肌を保つためにも正しい紫外線対策をする

必要があります。

効果的な日焼け止め対策は何か?お話しします。

スポンサーリンク

日焼け止めのSPFとは?

 

太陽の光がお肌の大敵だということは、皆さんご存じですよね。

 

だからなにがなんでも【日焼け止め】を塗らないと、シミシワだらけの顔になってしまう
(*_*;

 

でも日焼け止めさえ塗っていれば大丈夫、なんて思っていませんか?

 

しかもSPFだかの数値が高ければ、なんだか効きそうだから一番高いものを塗っていれば安心、なんて思っていたら

 

ダメ!

 

そもそもSPFの数値とは?

 

SUN PROTECTION FACTORの略ですが、

一般的に2~50までの数値で表されています。

これは簡単にいうと

 

【何倍日焼けしにくくなるのか?】ということです。

 

成人の方が夏の日差しの下にいると、平均的におおよそ20分で皮膚が赤くなってきます。

この「20分」を2倍に伸ばすことができるのが、SPF2ということになります。

つまりSPF2を塗って入れば40分日差しの下にいても、赤くはならないというわけ。

 

でもね。

 

このSPF値ってどうやって測定されているかご存じですか?

 

実際人の肌で実験しているんですが、モニターの人に塗った場所と塗らない場所で日焼けするまでの時間に差が出るのか測定するんです。

この時に日本の基準値というのが、1平方cmあたり2mgの量を塗って測定することが定められています。

 

この時の量が問題です。

 

この量ってピンときませんが、一般的に女性が日焼け止めを使う量の約5倍の量なんですって!

 

じゃあ5分の1の効果になってしまう!んではなく、

20分の1の効果まで落ちてしまうというデーターが出ています。

 

つまり大丈夫だと思っていた日焼け止めの効果は、実際はそれほど効果的ではなかった。

紫外線をカットしていると安心していたのに、実はしっかりシミシワの元を作っていた、というわけです。

 

 

またいつもの量の5倍の量というのは、顔が白くなってしまう量なので日常的とはいえませんね。

スポンサーリンク

日焼け止めSPFの選び方は?

 

日焼け止めSPFの数値が高ければ安心というわけではなく、数値が高ければそれだけ肌への負担も大きいものです。

 

日焼け止めクリームに配合されている成分

 

・紫外線吸収剤

・紫外線散乱剤

 

ですが、肌への負担は

・肌荒れの原因

・肌の乾燥を促す

 

という副作用があります。

 

日常生活の買い物や散歩程度ならSPF15~20くらいが適当です。

 

ちなみにマックスSPF50は時間に換算すると1250分(20時間30分)にもなります。

正直必要ではないですね。

 

真夏などは50のものを使ってれば安心と思っていましたが、それがお肌を痛めていたなんて(-_-)

 

海、山、真夏でもSPF30を何度か塗りなおすほうが効果的といわれています。

 

ちなみに

【PA】とはProtection Grade of UVA(プロテクション グレイド オブ UVA)の略で、

UVAを防ぐ指標となります。

 

UVAは肌の奥深くまで届いてしまうので、SPFが赤くなるのを防ぐのに対し、PAとは黒くなるのを防ぐ働きあります。

 

+で表されていますが、こちらも【++】で日常生活の日焼け止めとして問題ないとされています。

UVケアで紫外線カットする方法は?

 

皮膚科医の吉木伸子先生によると、日焼け止めは効果的ですが、肌の負担のことを考えるとおすすめはできないといいます。

 

美しい肌を保つためには、【パウダーメイク】が効果的だとおっしゃられています。

 

【パウダーファンデーション】や【フェイスパウダー】などの粉類は紫外線を散乱させて日焼けを防ぐ働きがあるからです。

 

しかも粉類は特にSPF表示がないものでも、SPF20程度の程度の効果が期待できます。

粉類は肌に吸収されにくくかぶれないので、肌への負担が少ないというわけです。

 

日常生活なら日焼け止めクリームを塗るよりも、パウダーなどを数回重ねるだけで十分効果的だといえます。

また身体に関しては日焼け止めよりも衣類で工夫することが大切です。

 

つまり日焼け止めの肌への負担を考えると、なるべく塗らないようにすることが重要だということですね。

 

でも確かに私の周りでも肌の美しいと思う人って、フェイスパウダー使ってる人多いんですよね。

 

<陶器肌のけいこさんを真似て高級フェイスパウダーを購入した話しはこちら>

 

まさかここにつながっていたとは、驚きです。

飲む日焼け止めって?

 

モデルや芸能人、海外では飲む日焼け止めってもう常識になっていますね。

日本でもテレビでも取り上げられてたりして、徐々に浸透しつつあります。

 

【飲む日焼け止め】って聞いたときにはとてもあやしい・・

なんか副作用とかありそう・・・

 

と思っていましたが、日焼けしてしまう原因などを考えるときちんと理に適っていました。

飲む日焼け止めにもいろいろな種類がありますが、私がおすすめするのは「ホワイトヴェール

です。

こちらの飲む日焼け止めの有効成分として「ニュートロックスサン」というのがあります。

 

この成分は・活性酸素抑制・抗炎症作用・光老化抑制の効果があり、紫外線照射実験を行い、

60%の紫外線のダメージをカットできたという報告があります。

 

99.9%が植物由来なので、副作用の心配もないですし、初めて飲む方なら一番値段も手ごろなので、ひと夏試してみて実感してみるといいですよ。

 

ちなみに主人は肌が弱く、海などに行くと必ず焼けてひどい目に合うのに日焼け止めを塗りたがらないのです。

試しにホワイトヴェールを飲ませていたら、昨年の夏は海で一日、日焼け止めなしでもあかくなりませんでしたよ。

 

こちらの公式サイトからだと、初回限定980円で購入できますよ。

 

日焼け止めの選び方のまとめ

なるべく日焼け止めは使わないようにしましょう、ということです。

 

日焼け止めの選び方というよりも使わない方法になってしまいましたが、

いいと思っていたものが、実は肌に違う意味で負担をかけていたなんてこともあります。

 

日焼け止めはその典型ですね。

 

こういう美容の間違いはまだまだたくさんありますので、どんどん追記していきますね(^O^)/

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す