疲れ目に効く目薬の選び方!市販のおすすめと買ってはダメなものがある!

最近パソコンで目が疲れるなあ。

一度眼科に行ったけど「疲れ目ですね」で目薬もらっただけ。

薬局など市販でもいいのがないかな?

と薬剤師さんに聞いてみると、実は買ってはいけない目薬があるんです!

疲れ目に効くおすすめ目薬と買ってはいけない目薬などご紹介していきます。

スポンサーリンク

疲れ目ってどういう現象?

 

目が重い・・・

目が疲れてる・・・

目がだるい・・・

目が乾く・・・

 

そう、ここのところパソコンの画面ばかり見ているから、目が疲れている感じがする。

 

しかもいままでソファーから見ていたテレビのテロップも、

 

あれれ?

なんだかぼやけてる・・・。

視力も低下してらしい。

 

疲れ目ってどいう現象なのか調べてみた。

 

疲れ目=筋肉疲労

つまり肩こりと同じような症状なんだって。

 

パソコンの画面などをずっと凝視していることにより、眼球を支えている目の筋肉が同じ位置で動きがない状態が続くことにより、眼精疲労といわれる状態になってしまう。

 

また目のレンズにある「水晶体」の中の筋肉も、近くの見過ぎで負担がかかってしまうというようです。

 

パソコンなどを長時間見ることによって目に負担をかけていることを

VDT(Visual Display Terminal)ストレスというそうです。

 

疲れ目に効く目薬の選び方は?

 

パソコンなどで目が疲れた、と感じたらまずは

【遠くを見る】とか【ストレッチをする】とかありますが、てっとりばやく目薬をさしてすっきりしたいですよね。

 

でも目薬って市販のものって種類がありすぎてよくわからないんですよ~。

私はいままでなんとなく高ければいいものなのかな?やや高いものをなんとなく買っていました。

 

でもそれはダメ!!!

友達の薬剤師さんに聞くとこっそり教えてくれました。

 

買ってはいけない目薬がある!

 

・第2種医薬品とかかれているもの

・防腐剤の入っているもの

 

★第2種医薬品の目薬って?

これには血管収縮剤というものが入っています。

つまり充血している時に一時的に血管を収縮させてしまう作用があるものです。

 

眼科のお医者さんなどはこの2種医薬品が入っている目薬はすすめないそうです。

 

充血している目には効果がすぐ表れるので喜ばれるのですが、あくまで一時的なので効果が出た後、血管が広がり余計充血してしまう「リバウンド」があります。

また血管が収縮してしまうから栄養分も入らなくなるし、使い続けるとくせになってしまいます。

 

使い続けることにより、血管が太くなってしまい、常に充血してしまう状態になってしまいます。

常に目が血走ってる感じ。( ゚Д゚)

 

すると永遠にこの2種の目薬を使い続けなくてはいけない、というわけです。

まさに負のループ。

 

怖いですね~~。

 

製薬会社なども実際のことは知っていても、効果がすぐ出る目薬が売れるからということのようです。

 

第2種医薬品と書かれていない目薬を選ぶようにしましょう。

 

★防腐剤入りの目薬って?

 

防腐剤入りというのはその名の通り

腐ることを防ぐための成分です。

 

あまり考えたことなかったですが、目薬って1か月とか使いっぱなしですから、

雑菌が入るわけですよね。

 

防腐剤の成分は

・塩化ベンザルコニウム

・ソルビン酸カリウム

・パラベン

です。

 

これらが入っていたら要注意です。

何故かというと防腐剤が流れないまま眼球にとどまり続けてしまうと、角膜などを傷つけてしまうおそれがあるからです。

 

また雑菌を殺す成分なわけですから、目に優しいはずがないですよね。

見分け方は使いきりタイプのものなら大丈夫です。

スポンサーリンク

疲れ目に効く市販のおすすめの目薬は?

 

疲れ目に効くのは目のコリをほぐす成分ネオスチグミンとビタミンB12が入っているものがいいです。

ズバリ「ソフトサンティア」です。
赤いほうですよ。

 

水色のほうは涙に近い成分でとっても優しいのですが、疲れ目などに効果的なビタミンなどは入っていません。

赤いほうにビタミンなどは入っています。↓

 

・血管収縮剤なし

・防腐剤なし

・ネオスチグミンとビタミンB12が最大量入っている

ということで1200円と少々お高いですが、これが一番おすすめなんだそうです。

 

コンタクト云々って書いてあるから、コンタクトしているだけかと思った、

と言ったら、コンタクトをしている人には防腐剤が入っているものは

コンタクトと眼球の間に防腐剤が入って角膜を傷付ける恐れが高いから

こういったタイプをおすすめしているだけとのことでした。

 

コンタクトしていない人にとっても、とてもいい目薬ということのようです。

 

実際試してみました。

よくあるしみる感じは全くしないですが、なんとなくすっきり感はあります。

でもいままであまり考えずに買ってきていた目薬は、つけた途端「効いてる!」

感じがありましたが、この目薬はすぐすっきり爽快!という感じはゆるいかな。

 

赤い液体ですが、この赤色はビタミンが入っている証なんだそうですよ。

 

目に優しいんだろうなあ、という気がします。

 

疲れ目に効く目薬のまとめ

 

目は一番なんじゃないかというくらい大切なものです。

そこに直接つける目薬を案外おざなりに選んでいたな、と

反省しています。

 

美容クリームなどはいろいろ吟味するくせに、目薬はなんとなく

選んでいたような気がします。

目薬は第3種で防腐剤の入っていないものを選ぶようにしてくださいね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す