日焼け止めがアトピーや敏感肌の人に荒れる原因は?対処法を見つけた!

アトピーなどの敏感肌の人って、日焼け止めで肌が荒れることが多いんですよね。

私も日焼けはしたくないけど、日焼け止めを塗ると赤くなったりヒリヒリしたり痒くなったりと、

ダメージが強くて悩んでいました。

日焼け止めが肌荒れする原因や日焼け止めを塗らなくてもいい方法を見つけたので

ご紹介します。

スポンサーリンク

日焼け止めがアトピーや敏感肌の人に荒れる原因は?

紫外線がお肌に悪いことは十分承知しています。

 

でもでもでも

 

アトピーなどの敏感肌の人にとって日焼け止めはこれまた刺激が強いんですよね。

 

子どもがアトピーで私は敏感肌なので、合わない日焼け止めとかつけると真っ赤になったりかゆくなったりしてしまうんです。

 

評判のいい日焼け止めとか試してみようかな、と価格が高いから大丈夫かなと思うと全くそうではなくて、ヒリヒリしてきて真っ赤になったことありました。

(´-ω-`)

 

私の場合価格とか敏感肌用とか関係なく本当に

 

合うか合わないか

 

といった感じで薬局で売られている子ども用の日焼け止めが一番ダメージがないんです。

 

とても安くていいんだけどね。

 

でも子ども用で効果が低いものなので、海やプールやテニスの時などは本当にこまめに塗らないと、今度は日焼けしてしまって日焼けで真っ赤になってしまいます。

 

しかもこの場合は紫外線の影響を受けるので、年齢もありシミ予備軍みたいなものが顔に残ってしまうんですよね。

いや本当に恐怖ですよ。

 

そもそも日焼け止めで荒れる原因って?

 

日焼け止めというのは「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」ですが、要は科学薬剤ですよ。

 

成分的には

・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

・オクチルトリアゾン

・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
・パラメトキシ桂皮酸エチルヘキシル

 

などなどですが、

 

これらは紫外線を吸収してくれる優れた成分で、吸収して熱エネルギーに変換してくれます。

 

この時に生成される成分が肌を傷つけるというわけ。

 

まあそもそも成分自体が石油由来なので、その時点でお肌にはよろしくないのはわかりますけどね。

 

紫外線はお肌の大敵だから日焼け止めは必須!なのですが、その日焼け止めも実はお肌によろしくないから、あまり塗るのもどうかというジレンマも繰り返しです。

 

 

ましてやアトピーや敏感肌の私たちは紫外線もいけないけど、日焼け止めで肌が真っ赤になってしまったんでは

 

外にはでるな!

 

と言われているようなものですよね。

 

紫外線吸収剤をカプセルに閉じ込めて直接肌に触れさせないようにした

「シラソーマ」配合の日焼け止めを使ってみたりもしましたが、

こちらは赤くはならないのですがかゆみが続くので辞めました。

スポンサーリンク

日焼け止めがアトピーで使えない場合の対処法は?

 

そんなこんなで紫外線のきつい時は親子でごまかしごまかし生活してきたわけですが、

数年前から「飲む日焼け止め」という言葉を聞くようになりました。

 

アトピーや敏感肌の人たちのように、日焼け止めを塗らなくてよければ最高なんですが、実際効果があるのかないのか?

また副作用とかもあるんじゃないの?と思いつつそれほど興味はなかったんですよね。

 

 

「飲む日焼け止め」って大丈夫?と思っていたのですが、いつも通っている皮膚科の先生に聞いてみると

 

「あーいま評判の飲む日焼け止めね。使ってみてもいいわよ」

 

と言われびっくり!

 

皮膚科の先生ならきっと

 

「そういうのは使わなくていいから!」と言われるかなと思っていたので。

 

しかも子どもにも使ってもいいということでので、親子で使ってみることに。

 

最初は皮膚科の先生が話していた「ヘリオケア」を使いました。

 

ヘリオケアは皮膚科でも購入できるところもあるくらい、認められているものですね。

成分としては自然由来なので、副作用などは問題なしです。

 

海外製品なので粒が大きく飲みにくいですが、これを飲んで海に行った時にたっぷりと日焼け止めつけている時よりも、日焼けのダメージが少なくてびっくりしました。

 

子どももプールの時などにも飲ませておきましたが、いままで夏場どうしても紫外線のダメージで悩んでいたのですが、ヘリオケアを飲み始めてから全くではないのですが、かなり少なくなりました。

 

あとは子どもなんで日焼け止めを塗り忘れることが多かったんですよね。

 

(まあ私もよくあることなんですが)

 

そうすると真っ赤になってしまって、保湿剤などもヒリヒリして塗れなかったりとひどい目にあっていましたがその心配がなくなったのも良かったです。

 

私たちのようなアトピーや敏感肌の者にとっては、とってもいいものに出逢えたと喜んではいたのですが、ひとつ難をいうと

 

高い!

 

粒が大きくて飲みにくいとかありますが、ヘリオケアのデメリットは親子で飲み続けるには、経済的に厳しいものなんですよね。

 

そして飲んでも効果が3,4時間なので、長時間の時はまた飲まなくてはいけないのであっという間に一瓶なくなってしまうんです。

 

しかもこれも忘れることも多くて。

 

それで他のものをいろいろ探してみました。

 

すると国産のものも多く販売されていて、たくさん種類がありました。

 

なんでも2016年に日本で解禁されたようです。

 

しかも私のようにヘリオケアを飲んでいて、国産のものに変更された方も多いです。

 

国産の中でランキングなどでも1位に君臨して、評判がいいのが

 

ホワイトヴェール(ホワイトヴェール

 

という飲む日焼け止め。

 

まず何がいいって価格

 

初回は980円ですよ。

二回目以降は4980円。

 

とはいっても、安かろう悪かろうでは使う意味ないですからね。

 

と成分を見ていくとまずは主成分が違っていて、ヘリオケアはシダ植物の抽出物で「フェーンブロック」というものなんですが、ホワイトヴェールはシトラスやローズマリーの抽出物の「ニュートロックスサン」というものです。

 

しかも「ニュートロックスサン」は「ヘリオケア」の成分よりも優れていると言われ、朝飲めば1日効果が持続するんだそうです。

 

しかも紫外線に対する効果だけではなく、美容効果も高める成分も入っているので一石二鳥というか、もうこれでしょ!という感じであっさり乗り換えました。

 

というのも、15日間の全額返金制度がついているので、とりあえず試してみようか
という感じで試してそのまま使っている感じです。

 

あっ、そうそう。

 

いまサイトを見たら(2017年4月)、定期購入の縛りがなくなったみたいです。

 

私もいろいろ調べましたが、公式サイトからの購入が一番安いようです。

楽天などからだと返金制度もないですし(商品の不備があった場合のみ)

二回目以降の割引も下記の公式サイトからの特典ですしね。

 

いままでが4回以上頼まなければいけなかったのですが、これからは停めたくなったら停められるようです。

粒も小さくて飲みやすいですし、しっかりと日焼け止めのダメージも抑えてくれます。

子どもと朝飲んで安心して日差しの強い日でも過ごせるのは、とってもありがたいです。

 

もちろん我が家のアトピーの子も、飲んでアレルギー症状が出たりはしませんでしたよ。

(全ての人がアレルギー反応が出ないという意味ではありません)

 

公式サイトはこちら↓

 

アトピーや敏感肌の方で日焼け止めを塗ると肌荒れしてしてしまう方などには、

これからは飲む日焼け止めの時代なんだな、と思っています。

 

本当は日焼け止めとホワイトヴェールの併用で効果を得ている方が多いようですが、

私も子どももホワイトヴェールだけで昨年は乗り切りましたよ。

 

あとはパウダーファンデーションを重ね塗りのほうが、日焼け止めを塗るよりも効果的ということで

パウダーファンデーションをこまめにはたいていました。

(ミラノコレクションのパウダーが高いけど買う理由はこちら)

 

スポンサーリンク

コメントを残す