走れるパンプスで人気のアミアミを買ってみた!幅広甲高には痛かった

走れるパンプス、痛くならないパンプスなのに、価格が安いプチプラのパンプスが人気らしい。
ということでアミアミ、神戸レタス、ラ・ルーナと比べてみて、アミアミのパンプスを買ってみました。

さてさて、幅広甲高で足が大きい私にも痛くないパンプスだったのか?
走れるパンプスだったのか?

実際履いてみた感想口コミなどを紹介します。

走れるパンプスで人気は?

 

【走れるパンプス】

【痛くないパンプス】

 

このネーミングに思わずくぎ付けになった。

 

だってパンプスって走れないものですよね?

 

必ず痛くなるものですよね?

 

子どもが生まれてからパンプスとは無縁の生活になったけど、走れて痛くないパンプスがあれば履いてみたい!

 

いやいや・・

 

オーダーとかで作ればパンプスだって痛くないってことは知っています。

でもオーダーで靴作ると高いからね~。

 

それと痛くないパンプスとかいうものって、もはやパンプスじゃないだろう!ってつっこみたくなるくらい幅広でダサいものが多かった。

これ履くならクロックスをおとなしく履きます、っていう感じ。

 

いまさら何万もかけてパンプス作る気にもなれないし、と思っていたらプチプラで走れるパンプスがあるとのこと。

 

いや、本当にたくさん・・・

 

2000~3000円でたくさんある。

 

どれがいいのだろうか?

 

と調べていくと、評判口コミがいいこの3つに絞られました。

 

・アミアミ

・神戸レタス

・ラ・ルーナ

 

価格は

 

アミアミが2890円

神戸レタスが2380円

ラ・ルーナが2500円

 

(時期で変動があります)

 

でアミアミが一番高いのか、と思ったらラ・ルーナは送料が500円かかるので、実質的には一番高いとなるのかな。

レビュー数は一番ラ・ルーナが多いですね。

レビューを読んでもどこも似たりよったり、一長一短な気がします。

スポンサーリンク

 

 

でもその中でアミアミはおしゃれブロガーさんたちがおすすめしているようで、形がおしゃれでかっこいいと言う口コミが多いのがひっかかり購入!

 

しかも先がとんがったポインテッドトゥって幅広甲高の私にとっては憧れだったんですよね~( *´艸`)

で、夏用に白っぽい色が欲しかったので、布っぽい感じのこの色に決定!

3000円以下でこんなかわいいパンプス履いて痛くならなかったら、リピートしてあと3足は絶対買う!

とか思いながら履いてみた。

 

走れるパンプスで人気のアミアミを履いてみた

履いてみると。。。

 

キツイ!!

 

そして

 

い。。。。痛い。。。。

 

いやいや、これは履いていくうちに足になじんでくるってやつなんじゃないの?

口コミにもそんなこと書いてあったのあったし(´▽`*)

 

と気を取り直して家の中で家事をしながら1時間ほど履く。

 

痛すぎて我慢できない。。。

 

それもそのはず。

脱いだらこんなに跡がついていました。

余りの圧迫感で血管がすごいことになってるし。。。

(汚い足さらしてすいません・・・)

ちなみに中底のクッション性はあまりなく、

土踏まずのところも履いていて浮いているような感じでした。

 

またかかとの部分ですが、少し履いていくとパカパカっとゆるくなってしまいました。

ヒールとの高低差でつま先がどんどん前に沈んで行ってしまうからだと思います。

 

履いたときは大きさとしてはピッタリでしたが、ヒールのあるあるですよね。

 

でもこれがヒールを履いて足が疲れてしまう原因なんですよね。

 

価格の高いヒールなどは形の工夫で足が沈まない加工をされているものがありますが、

アミアミはされていないようですね。

 

これで走ったら痛すぎて転倒するな、と確信。

これで出掛けたら帰りはパンプスぶら下げて、裸足で帰るだろうな。

 

結論

アミアミの走れるパンプスは幅広甲高の私には走れないし、痛すぎるパンプスでした(:_;)

ただし甲高幅広のではないスマートな足の方にはいいのかもしれないな、と思いました。

 

幅広甲高の私が痛くないパンプスとは?

 

幅広甲高、しかも足が大きい24.5センチの私にとって、靴選びはいままで試練だったなあ、と。

かわいい、かっこいい靴では選べず、結局

 

履ける靴にしか落ち着けない悲しさ。。。

 

また試着してその場ではよくて買ってみても、結局長時間履くと足が死ぬほど痛くなって頭まで痛くなる始末。

 

1,2回しか履かないでそのままになっていく靴の数々。。

 

そんな中ダイアナリズの靴はこんな私でも長時間履いても痛くない。

 

ダイアナの靴なんて同じ7センチヒールなのにだ!

かなりお気に入りでくたびれてますが。

 

 

何が違うんだろう?

 

と比べてみました。

 

 

長さ的にはアミアミのほうが長いですよね。

幅は少しダイアナの方が広い気がします。

 

 

ヒールの高さの同じ7センチヒール。

 

ただこうして比べてみると、ダイアナのほうが足を支える部分がしっかりしてるんですよね。

あとやっぱりここかな、と思いました。

 

つま先部分の高さ(ストーム)です。

これによって高低差がやわらいで足がすべりにくくなるんですよね。

 

痛くないパンプスの選び方

 

ということで、今一度痛くならないパンプス選びのおさらいをします。

 

幅広さんが一番注意しないといけないことは履いたときに

 

・足幅の一番広い部分がキツくないこと。

 

これ、実は履いた瞬間でわかるんですよね。

でもデザインが気に入りすぎたり、セールで安かったりすると思わず

 

「もしかしたらちょっと頑張ればいい感じになるかも?」(´▽`*)

なんて思って買ってしまうことが多い私です。

 

頑張ればって、何を頑張るのか?

頑張るではなくて我慢すれば、の間違いに気づけよ!て感じですね。

 

それから大切なことは

 

足が前にすべらないか?ということ。

 

足が前にすべってしまうと試し履き程度なら気づかないですが、長時間歩き続けるとこれが痛くなる原因になってしまいます。

 

靴底の爪先部分に厚み(ストーム)があるものだと、傾斜がゆるやかになるので滑りにくい靴で疲れにくいです。

 

それと中敷きも重要です。

 

ソフトな素材で中底にクッションが入っていて、土踏まずの部分がうかないものだと疲れが軽減されます。

 

別売りの中敷きなどで調節してもいいですね。

 

ただ私の場合ただでさえ足が大きいので、そこに中敷きを入れてしまうと今度はきつくなってしまうことが多いんですよね~。

 

 

ということで、プチプラで走れるパンプスを求めて今度は神戸レタスのパンプスを購入してみたので、

また履いたらレビューしますね~~(^O^)/

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す