隅田川の花火大会の場所取りの穴場や時間を地元民が徹底リポート!

隅田川の花火大会の場所取りや穴場スポットや時間帯などの記事がたくさんありますが、地元民が読むと「うそばっかじゃ~~ん」と思うことが多い今日この頃です。

そこ穴場じゃないし・・・そもそも当日入れない場所だし・・・

実際カメラ片手に穴場スポットや時間帯などを写真を撮ってきましたので、

真実をお伝えします。

スポンサーリンク

隅田川の花火大会の場所取りの穴場は?

隅田川の花火大会ってすごいって聞くから、今年はテレビ中継じゃなくてきちんと場所取りして見てみたい!

 

でも、ものすごい人だと聞くけど場所取りとかも大変なのかな?

 

という方、

 

はい、とっても大変です!

 

地元民にとっては正直隅田川の花火大会って、友達から呼ばれてベランダから見たり屋上から見たりするけど、機会がなければエリカさまよろしく

 

「べつに・・・」

 

って感じです。

 

だってだって、どこもめっちゃ混んでるんだもん。

家の屋上から花火の端っこを少し見て、あとは音だけ生で聞いてビール飲みながらテレビで花火大会見たりしてます。

 

でも安心してください。

 

探せばそんな早くから場所取りしなくてもゆったりときれいに見える場所はたくさんありますよ(´▽`*)

 

実際どのくらいの時間に行けば場所が取れるのか?

穴場ってどこなの?

 

とかの質問を遠方に住んでる友達からよく聞かれるので、地元民として自転車走らせて花火大会の当日調べてきました~。

 

まずは花火がきれいに見える一番近い場所、テレビ東京の撮影スポットもある隅田公園周辺から。

こんな風に撮影現場が設置されています。

 

 

隅田川の花火大会の隅田公園は?

 

3時間前の4時過ぎくらいですが、人はかなり行き交っていました。

 

 

隅田公園の広場にはすでにかなりのブルーシートははられていました。

 

 

 

 

でもまだまばらにあいているところもところどころあって、大勢とかでなければ4時くらいならシートはひけそうですね。

 

隅田公園は広場が多いので、大学生とか会社員などの集団グループが陣取っているという感じでした。

 

正直カップルやご家族などにはあまりおすすめはしない場所です。

 

大勢のグループの多いところは、とにかくうるさいです!

 

というか彼らは基本花火はあまり見てませんから。

花火大会という名目の飲み会と言った感じなので、ただの宴会になっていることが多いです。

ビールとかケースごと置かれてましたから。

 

飲む気満々ですね( *´艸`)

そういえば東大生のサークルが花火大会で泥酔で亡くなってしまったとか言う事件も

このあたりでしたよね。

 

隅田川の花火大会の隅田川沿いは?

 

では墨田区のほうの川沿いを見て行きましょう。

 

ここは目の前が花火なのでかなり競争率が高い場所です。

 

正直浅草よりの川沿いは4時過ぎで全く隙間がありません。

前日入りくらいの勢いなんでしょうね。

ぴったりとシートが張られています。

 

ちなみにシートは本当は貼っていけないというルールがあると、係りの人が話していましたが、もうここまでくると暗黙の了解みたいな感じで黙認しているんだそうです。

 

ただし人がいない場合などははがされるそうですよ。

 

でもこのあたりはおすすめしません。

確かに花火は近いので良く見える場所ではあります、

 

が!

 

この場所、前が通路です。

 

つまり通路には人が行き交うわけです。

しかもこのあたりは人混みがすごいです。

 

ということは目の前であがっている花火が人の行き交いで見えなくなる!見えずらい!わけです。

 

隅田川の花火大会の銅像彫り公園は?

 

よく穴場スポットとして紹介されているところです。

 

公園といってもここも川沿いです。

浅草からずっと白髭橋のほうにむかって行くところですね。

 

このあたりは4時半くらいですが、まだ少し余裕があります。

スポンサーリンク

でもこのあたりは警察やら係りの人たちが警備しながら歩いているのをみかけます。

 

空いている場所もまばらになっていきます。

 

でもちょうど時間的にバラバラとシートを敷き始める人たちが増えてきました。

 

5時ちかくになったらこの調子でいったらちょうど埋まる感じでしょうか。

このあたりも川沿いで前が通路になっているので、人の行き交いがあります。

 

が!

 

白髭橋近辺になると浅草周辺の人混みから離れるので、それほどでもないと思うのでおすすめです。

 

隅田川の花火大会の水戸街道の場所取りは?

 

水戸街道は6時から歩行者解放区域が出る穴場スポットとして有名ですね。

 

何時間も前から並んでいて、解放されると皆さん

 

わーーーーっとばかりに場所を取ることで知られています。

この場所取りというのが早くから並んだもの勝ちとは言えないところがありますよね。

 

前に並んでいたとしても整理券が配られるわけでもないので、ある種競争なので図々しく早く駆け抜けた者勝ちということになります。

 

といってもれるの後ろにいたのでは厳しいですからね。

 

4時少し過ぎです。

まばらに人が並んでします。

 

この程度なら全然前列ですね。

 

でも5時半ともなるとかなりの人の列です。

5時前くらいに並べばなんとか前列も取れそうですね。

隅田川の花火大会の場所取り穴場スポットって?

 

結局隅田川花火大会の穴場スポットってどこだよ!って話しですよね。

 

地元民おすすめはズバリ!

 

汐入公園です。

 

南千住まで離れてしまいますが、ゆったり見れて落ち着いていてとてもおすすめですよ。

5時少しまえくらいです。

 

 

まだまばらにあいていますよね。

しかもここは花火は少し遠いですけど、スカイツリーと花火のコラボが見られます。

このあたりです。

こんな感じです。

 

 

 

 

5時ちかくでもこんなにあいている場所もあります。

ただしこのあたりは前が通路なので、人の通りがあって花火が見えにくい場所なので注意です。

 

この後5時半過ぎくらいから人が多くなってくるので、5時くらいならまだいい場所はあいていますよ。

 

私が汐入公園をおすすめする理由は、落ち着いている!ことです。

 

隅田川沿いや浅草周辺の異様な宴会騒ぎから離れて、こちらはカップルや家族連れが多いという印象です。

 

またトイレも公園内にありますし、地元の住民の方たちなのかな?おじさんたちがいろいろと管理してくれていて、

自転車置き場なども整列できるように促してくれたり、案内もしてくれるので、ゆっくりと花火を楽しむことができます。

 

若い頃は浅草周辺で花火を見たりもしましたが、とにかく人がすごくて花火どころじゃないという印象しか残ってないですね。

しかも下駄履いてるのに何度も足を人に踏まれて、血だらけになったイヤな思い出が。。。

 

ということで隅田川の花火大会は近くの浅草ではなく、少し離れたところがおすすめなのです。

 

楽しい花火大会になることを祈っています。

ご参考になれば、と思います。

 

<隅田川の花火大会でおすすめする汐入公園の行きかた>はこちら

 

スポンサーリンク

コメントを残す