隅田川花火大会が雨の時は中止ってどのくらいの天気?延期とかある?

隅田川花火大会で一番気になるのがお天気ではないでしょうか?

雨っていってもどのくらいで中止になるのか?

延期とかってあるのか?

2017年の大雨の中、開催されている理由は?

また2013年の隅田川花火大会で雨で初めての中止だった時の話しも踏まえてお話しします。

スポンサーリンク

隅田川花火大会2017はまさかの開催!

夕方くらいから雨が降ってきて、でもやむよね?と思っていたらまさかの土砂降りに!!!

 

だってスカイツリーだっていつもはきれいに見える位置なのに

この通りどんより

絶対中止だろう!とほとんどが思っていたはず。

 

だって6時くらいに多くの人が駅から舞い戻ってきてましたから。

私もベランダにいろいろとセットしたけど、全部下げて明日に延期かな?と

思っていたら、まさかの開催!!!

 

公式ページとか全然開かないし、ネット情報も中止だの延期だのいろいろな情報が流れていて

どれが本当かわからんし。

 

結局感じたことは、よほどの雨でも隅田川の花火大会って開催するんだろうな、と。

強風でもない限り、被害総額のこととか考えると打ち上げてしまうんだな、と。

 

7時半くらいに花火が見える場所に行ってみたら、

帰りかけた人たちがまた花火スポットに戻って行ってましたよ。

 

「やるんかいっ!」みたいな感じで。

隅田川花火大会が雨の時は?

 

当日どんよりしてきた。

雨がぽつぽつ振っている。

など気になる天気の時のですが

 

隅田川花火大会が中止になるのは

・荒天などの場合は当日の午前8時に実施可否を決定

・雨天などの場合は当日の午前10時に実施可否を決定

・荒天のため実施できない場合は翌日に延期

・当日・翌日とも実施できない場合は中止

 

となっています。

 

確実に中止か延期が決まるのは

当日の午前10時以降となります。

 

公式ページで確認できます。

スポンサーリンク

 

隅田川花火大会が中止になった2013年ってどうだった?

 

忘れもしない2013年の隅田川花火大会。

 

天気が悪く雨も降っていたので中止になるのかな?

延期になるのかな?

 

午後6時くらいから小雨が降り始める。

 

大丈夫かな????

 

でも小雨は決行!とのこと。

 

隅田川の花火大会が中止になるなんてことはなかったから、多分大丈夫だよね。

とベランダで観覧の準備を始める。

 

7時過ぎに打ち上げが開始される!

 

良かった、良かった^^

と思いきや、雨だけではなく風も強くなってきた。

 

7時15分ちかく神奈川で竜巻警報。

ベランダで見ることはかなりきつい状態になる。

 

でも花火は上がっていた。

 

雨風がものすごくなり、とうとう花火が打ちあがらなくなる。

 

中止か?と思ったら

7時40分ちかくに中止発表された。

 

 

そして2013年は翌日に延期もなく、初めての中止となったのである。

なんだかとても勿体ないですよね。

 

もう少し早く大雨が降ってくれれば、翌日に持ち越したのでしょうけど、準備にお金がかかってしまったことと、花火がしけってしまったようです。

 

お天気だけは仕方ないですから。

でも雨も降るならもう少し早めに大量に振ってくれれば良かったんですけどね~。

隅田川花火大会が中止になった時の被害総額は?

 

隅田川の花火大会が中止になった時の被害総額って気になったので調べてみました。

予算としては約1億5000万と報じられています。

花火の打ち上げ費が7000万ですが、その他にも警備や仮設テントなどなどに費用がかかり、中止でなくても延期ともなればさらに金額がかかるということです。

 

東京都や墨田区などの地方自治体から税金が約1億円投入されているようですが、観覧者が消費してくれることで地域が活性化することを期待されているようです。

 

また隅田川の花火大会ということで周辺のレストランなども普段の何倍もの値段で予約を取ったりしていますしね。

 

テレビ東京の生放送もありますし、とにかく隅田川花火大会は大きなお金が動く日でもあるわけです。

開催する側にとっても観覧する者にとっても中止や延期はとにかく避けて欲しいところなのでしょう。

 

というわけで、2017年は大雨が降っていますがそのあたりの事情で打ち上げられているのでしょうね。

中止だとばっかり思っていましたが、まさかの開催でびっくりです。

スポンサーリンク

コメントを残す