毛布を洗うにはコインランドリーが最適!値段や乾燥で気を付けること

毛布をコインランドリーで洗ってきました

 

いままで毛布は自宅で洗ってきたのですが、枚数も多いしサクッとコインランドリーで洗ってしまおう!と。

すると自宅の洗濯機で洗うよりもずっとフワフワになりましたよ。

 

そんな毛布をコインランドリーで洗う時に注意しなければいけないことは、【乾燥機】!

よく毛布はコインランドリーの乾燥機は使えない!と言う記事をみかけますが、実際どうだったのか?

ゴワゴワで毛玉だらけになったりしなかった?

縮んだりしなかった?

毛布1枚コインランドリー使うと価格はいくらかかるのか?

時間は?

アクリル毛布やポリエステル毛布は洗えるのか?などなど

実際コインランドリーを使ってみて、注意することなどをお話しします。

スポンサーリンク

毛布を洗う頻度ってどのくらい?

毛布ってみなさん洗っていますか?

どのくらいの頻度で洗っていますか?

 

毛布ってそれほど汚れることがないので、なんとなくいいのかな~と思うまま何シーズンも洗わないままだったりしませんか?(~_~;)

 

シーツなどは毎週洗ったりしても、毛布って重いし中々ね~~。

 

宿泊業向けに厚生労働省が出した通達によると旅館業に関しての通告ですが、

・1か月に1回以上は熱消毒

・6か月に1度は丸洗いするように、

 

 

と言われています。

 

でも実際のところは半年以上も毛布を洗っていないという人は半数以上もいるというアンケート結果がありました。

私もそんな感じ・・・

 

つまり1シーズンに1回。

 

寒くなって使う前に1度洗う感じかな。

理想は1か月に1回洗った方が望ましいということですけどね。

 

そのような考えはもちろん【ダニ】問題

布団・枕・毛布

 

にはダニが生息しやすい環境なんですね。

・温度・湿度が最適

・フケやホコリなどの栄養が豊富にあること

・外敵がいない

 

 

寝具はダニのパラダイスとも言えるのです。

 

ましてや毛布などは夏場などは押入れなどにしまっておいてるわけですから、その間にもものずごい量のダニが繁殖が考えられます。

出してそのまま使ってしまう、という人も多くいることでしょう。

 

毛布を洗うにはコインランドリーが最適!

 

毛布は洗わなくっちゃ!ですが、

 

毛布を洗う方法はというと

・自宅で洗濯機

・クリーニング

・コインランドリー

 

我が家の洗濯機には【毛布】と書かれたボタンがあるので、洗濯機で毛布って洗うのは一般的なことのようです。

でもこれが結構大変なんですよね(>_<)

 

我が家の洗濯機は9キロの大型ですが、それでも毛布1枚入れたら洗濯機はパンパンになってしまいます。

しかもかなり時間がかかるんですよね。

 

しかも5人家族なので、5枚の毛布を洗うのに1日中かけてやっとみんなの毛布が洗えるわけです。

 

できない、できない(ーー゛)

 

毛布のクリーニングは?

 

我が家の近くの安めのクリーニングやさんで1枚1200円でした。

平均的に1000円~という感じのようですね。

 

1200×5=6000円(1か月)




そうだ!コインランドリーに行こう!

ということで行ってきました(*’▽’)

毛布のコインランドリーでの洗い方

 

まずは毛布の種類を確認しましょう

毛布の種類はおおよそ

・ウール

・アクリル

・ポリエステル

 

に分かれるかと思います。

 

ウールの毛布はコインランドリーで洗うことができませんのでご注意を!

 

ウールの場合は縮んでしまう可能性があります。

ウールの場合はクリーニングしか方法はなさそうですね。

 

毛布をコインランドリーで洗濯する前に今一度洗濯タグを確認してみてくださいね。

 

毛布をコインランドリーで洗う時の乾燥は?

 

さて乾燥はどうでしょう?

 

タグを見ると【タンブラー乾燥はおさけください】とあります。

アクリルでもポリエステルでも毛布にはこのような記載があることが多いようです。

 

タンブラー乾燥というのは、乾燥機のことです。

 

「え?毛布は乾燥機にかけられないの?」

 

ということはコインランドリーに持って行っても、

 

「洗ってもずぶぬれのまま持ち帰らないといけないの?」

ということになりますよね。

 

無理無理。

 

これはポリエステルやアクリルなどは乾燥機にかけるとゴワゴワになったり、毛玉ができてしまったりします。

 

というのも、イメージしやすいのは【フリース】ですが、フリースもポリエステル素材で作られていますが、洗ううちに毛玉ができてゴワゴワになってしまった経験があるかと思います。

 

ポリエステル素材というのは摩擦や熱に弱いためです。

そういった点から高温の乾燥機は使わないでください、ということなのでしょうね。

 

ということで実際ポリエステル素材の毛布とアクリル素材の毛布をコインランドリーで乾燥機にかけてみてどうなったかを報告します。

大丈夫だった(´▽`*)

 

むしろふっくらとフワフワになって、落ちなかった汚れも落ちてきれいになったし、積年たまったよくわからないニオイもなくなった。

 

つまりコインランドリーで毛布を洗ってよかった!

 

ただし全ての毛布がそうとは限らないので、もしものことがあった場合は自己責任でお願いします。

あくまで我が家の毛布は全て大丈夫でしたよ。

 

ただし!注意したことがあります。

それは

乾燥機の温度です。

 

コインランドリーの種類にもよるかと思いますが、乾燥機に温度を設定するところがあります。

 

高・中・低

 

とあるので一番低い【低】でやりました。

 

毛布は高温に弱いということをお忘れなくです。

 

【低温】でもきちんと乾きましたよ。

コインランドリーで毛布を洗うのに値段や時間は?

我が家の近くのコインランドリーの表示では

 

ということで毛布はアクリルのみとなっています。

 

でも我が家のポリエステルの毛布は問題なくきれいでしたよ(*’▽’)

 

このポリエステル100%の毛布も問題なしでした。

 

 

 

大型の27キロなら毛布は3枚

中型の17キロなら毛布は2枚とあります。

 

大型のほうに3枚入れてみました

真ん中よりも少し上くらいの位置にあります。

 

時間は洗濯と乾燥で60分コースです。

温度は低温ね。

金額は1100円

 

中型の方に2枚入れました

 

けっこう上まできているけどいいのかな?

 

時間は洗濯と乾燥でこちらも60分

金額は1100円

温度は低温です。

 

60分後

 

オープン!!!

 

わー!ふっくらホカホカですね~~。

確実にふっくらと膨らんでいます( *´艸`)

 

低温だし時間足りないかなと思いましたが、ちょうどいい感じに乾いてくれました。

ほんの少ししっとりしてるかな?という感じでちょうどいいです。

 

これは洗いたてですが、表面上もケバだったりゴワゴワしたりがないです。

 

 

 

これ以上乾燥かけると、ゴワゴワになりそうなので

少ししっとりしてるくらいがちょうどいいと思います。

 

 

 

家に帰ってから数時間干せば完璧ですよ。

 

コインランドリー毛布を洗うといくらかかる?

1枚あたり

大型のほうで433円

中型のほうで550円

 

でした。

 

コインランドリーのよって違うと思いますのでご注意ください。

 

大型があるほうがお得ですね。

スポンサーリンク

コインランドリーって小銭必要?

 

大抵のコインランドリーには両替機がありますよ。

1000円札があれば大体のところは対応できると思いますよ。

 

コインランドリーに洗剤や柔軟剤は?

 

いまは自動で洗剤や柔軟剤を入れてくれるので、持参する必要がないところがほとんどです。

楽でいいのですが、自分の好きな香りにできないところがデメリットですね。

 

柔軟剤も入れてくれているようですが、香りはほとんどありません。

ダウニーの香りにしたいんですけどね~( *´艸`)

 

コインランドリーによっては柔軟剤は投入できるところもあるようですね。

 

毛布を乾燥機にかけると静電気がおこりやすいので、静電気がおこりやすい方などは

柔軟剤シートを入れるという方法もありますよ。

 

シートならコインランドリーで初めから入れられますね。

このシートはタンスとかに入れておいてもいい香りがするので

おすすめですよ。

 

<羽毛布団もコインランドリーで洗ってみたはこちら>

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す