犬の目の周りが黒く茶色っぽい!涙やけを病院に行く前に治す方法

犬の目の周りが茶色くなっている!

かわいかったワンコの目の周りが涙でベトベトだし、黒くなってしまってせっかくのかわいさが台無しに。

それは涙やけといわれるものですが、病院に行く前に自宅で手当てしてあげると良くなってしまうことがあります。

病院行っても中々治らないでさらに悪化してしまうこともあるので、まずは自宅でできる手当の方法をご紹介します。

スポンサーリンク

犬の目の周りが黒っぽくなる

実家で飼っていた白いチワワがよくこの涙やけになってしまって、目の周りが黒っぽく汚い感じに。。。

 

涙やけと呼ばれて特にチワワなどの目が飛び出ているような小型犬になりやすいんだそうです。

しかも目の周りをきれいにふいてあげればいつか良くなる、なんて思っていたら大間違い!

原因をつきつめてそこを改善してあげないとふいてあげているだけでは、良くなりません。

 

結膜炎や角膜炎などになる可能性もあり、化膿すると網膜剥離や緑内障などにまでなってしまう恐れもあるのできちんと対処してあげましょうね。

犬の涙やけの原因とは?

涙やけは文字通り大量の【涙】が原因でおこります。

大量の涙で目の周りが濡れて、目の周囲がただれてしまうのです。

 

では何故大量の涙がでてしまうのか?ですよね。

 

もちろん悲しいとか寂しいとかそういうことで泣いているわけではありませんよ。

犬は感情で涙は流しませんから安心してくださいね。

 

涙やけの原因はおおよそ3つ考えられます。

1 目にゴミが入っている

2 鼻涙管が詰まっている

3 花粉症や食べ物

 

 

1は単純に目にゴミなどの異物やまつ毛などの毛がささってしまっているということです。

 

見た目には気づかないことが多いので見落としがちになりますが、1本だけ逆さまつ毛になっていたのがずっと眼球を刺激して涙やけになってしまっていた、という犬友がいました。

しかも病院に行っても気づかれず、いろいろな目薬などを試してふと気づいて、そのまつ毛を取ったら治った!といった例もありました。

 

2の鼻涙管とは涙腺で分泌された涙を鼻の奥に排出するための細い管のことですが、この鼻涙管が詰まると行き場をうしなった涙は目から出ることになるわけです。

 

原因としては生まれつきこの管が細い場合と、食べ物などが原因で詰まってしまっているケースです。

 

生まれつきの場合は外科的な処置をしないと改善されないでしょう。

外科的手術以外にも鼻涙管洗浄 という涙点から鼻涙管に洗浄液を流し、詰まった鼻涙管を開通させる方法がありますが、これは一時的には良くなりますが長くはもたないようです。

応急処置としてはいいかもしれないですね。

 

でも急に涙やけになってしまった場合などは、タンパク質などが原因で詰まってしまった可能性があります。

 

3のアレルギーの場合、食べ物による原因が大きいです。

 

というのも、市販されている安価なドッグフードは粗悪品が多く、我が家のペットが通っている動物病院のお医者さんは市販されているドッグフードをあげているというと激怒するんです(;O;)

 

だから病気になるんだよ!

 

みたいな感じで怒られます。(かなり怖い獣医さんで有名なんですが)

そして市販のドッグフードがどれだけ悪いか?ということを延々と話されます。。。

安価なドッグフードは油脂が多く、人口添加物だらけだそうです。

 

動物病院の掲示板にはドッグフードがいかに悪いものか?と言う記事がたくさん貼ってあります。

生肉を与えるのがいいようで、生肉パンフレットがあります。

 

というか4Dミートって知っていますか?

 

4Dミートとは、

●Dead(死亡した動物の肉) 、
●Diseased(病気にかかった動物の肉) 、
●Dying(死にかけの動物の肉) 、
●Disabled(障害のある動物の肉) の略。

 

といって人間は絶対に食べない肉を骨まで全て粉砕して作られているものが多いからです。

肥料にさえならない獣脂かすもドッグフードの原料になっています。

 

なんでそんなものまでドッグフードに?と思いますが、このあたりは処分に困ったゴミ問題なども影響しているようで。。。

あとは安いものは売れるという単純なお話し。

 

つまり安価なドッグフードはゴミに近いと言う話しですよね。

 

 

また添加物も多く、特に

エトキシキン

BHA
( ブチルヒドロキシアニソール )

BHT
( ジブチルヒドロキシトルエン )

クローブ抽出物

ローズマリー抽出物

 

 

などの文字をみつけたら速攻やめてください。

 

エトキシンにおいてはベトナム戦争で使われた枯葉剤のことです。

最強の発がん物質ですね。

 

その他にも保存料・発色剤・着色料などが多く含まれているかと思います。

 

4Dミートの肉にこれらの添加物をもりつけたドッグフードってもはや毒といったも過言ではないでしょう。

 

ドッグフードの粗悪な現実を書くとまだまだ出てくるのでこの辺にしておきます。

だから獣医さんが市販のドッグフードを非難するんだなと。

涙やけの主な原因はこのドッグフードに問題があるのも納得できますよね。

犬の涙やけを治す方法

実家の犬が通っている獣医さんは、正直知識がないのかよくわかりませんが通っても症状が良くならないことが多いです(ーー゛)

動物病院ってトラブルの多いところってけっこうありますよね。

もちろん信頼できるいい病院もありますが、私自身今の病院に落ち着くまで

3つの病院を経験しました。

 

この涙やけの時も白内障予防の目薬を出され、ずっとつけていたようですが全く改善されませんでした。

もっともこの時食事が原因ということを知らなかったので、母も私もひたすら目薬に頼っていたわけですが。

 

結局いろいろ調べたり、犬友に聞いたりしていくうちにわかったことは、

 

ホウ酸水で目を洗う

 

ホウ酸に菌の増殖を抑える効果があるので、涙やけにとても効果的ということです。

しかも自宅で作れて安くたくさんできるので、じゃぶじゃぶときれいに洗うことができます。

 

ホウ酸水の作り方

・3gのホウ酸に150mlの精製水を混ぜるだけ。

ホウ酸と精製水は薬局で売られていますよ。

 

このホウ酸水をスポイトや私は100均に売られていた点眼ボトルに入れて、ジャブジャブとまさに目を洗う感じで使いました。

これを何回かやるだけでかなりきれいになりましたよ。

 

とにかく涙やけしているワンコの目は汚れているので、とにかく洗い流してやることが大切だと思います。

 

獣医さんで処方される目薬も効果があるのかもしれませんが、点眼くらいでは多分足りないのかな~とも思いました。

目をきれいにしたら、次は根本的原因の食べ物です。

 

確かにペットショップでよく聞く安価なドッグフードをあげていました。

そして原材料を改めてみると、恐ろしい添加物のオンパレード!

 

市販されているドッグフードの現実を聞いてしまうと恐ろしい限りですよね。

涙やけだけではなく毛並みが悪いなあとは感じていたんですけどね。

 

ドッグフードを変えただけで涙やけが治った、と言う話しは本当によく聞きます。

北斗晶さんもアメブロにドッグフードではなく手作りで食事を与え始めたら治った、と書いていましたしね。

 

犬の涙やけには鳥の骨を与えると効果的だといわれています。

鳥の骨には吸収力の高い動物性タンパク質とカルシウムが含まれているためです。

 

また私の信頼している獣医さんは、生肉、特に馬肉を与えろと言われます。

初めは素直に馬肉を買って与えていたんですが、なんせもたない。。。

経済的にも時間的にも(>_<)

 

確かに馬肉は効果ありました。

涙やけではなかったのですが、別の病気で弱っている時にエサを変えたらみるみる元気になりましたね。

しかも毛並みがよくなったのにはびっくりで。

 

それほど高くなく、安全安心なドッグフードがあったらいいですよね。

 

と思っていたら、犬友が口々にいいというドッグフードが『カナガン』【モグワン】です。

 

一般的には売られていないため、通販のみとなるので知らなかったです。

 

実際これらのドッグフードに変えてから、健康になって毛並みもきれいになったという話しでした。

 

というのもこれらのドッグフードは人口添加物は不使用で、お肉もきちんとチキン(ダジャレじゃないよ)の生肉を使っているというから驚きです。

 

市販されているドッグフードの原材料をみるとたいてい一番最初に

 

【穀物】ってありませんか?

穀物はとても安いのでドッグフードのメインになることが多いのですが、この穀物が原因でアレルギーになる子も多いようです。

というかそもそもこの穀物って犬にとっての栄養が補われていないようです。

 

犬にとって摂らなくてはいけないのは肉ですし、このドッグフードの穀物というのが、実は食用の油などを搾ったあとの

搾りかすを使っていることが多いので、ほとんど栄養がないということです。

 

またよくみると肉副産物や肉粉などの表示があるかと思います。

 

肉副産物って?と思いますが、これが先ほどお話しした4Dミートのことです。

病死した動物などの肉のことです。

 

もちろんカナガンやもぐワンにはこれらは入っていません。

 

人間でも食べられるほどといわれています。

 

でもよく考えると、ペットの食べ物が人間が食べられないっておかしいですよね。

 

同じ生き物なのにね。

 

昔おじいちゃんところの犬は人間の残したご飯などに肉などを入れたものをあげていたなあ~と思いだしました。

 

鍋に入れられたそのエサが時々美味しそうなニオイをさせていたよな、と。

 

あの犬はほとんど病院に通うことなく、19年間生きていたっけ。

スポンサーリンク

ドッグフードのカナガンともぐワンはどっちがいい?

 

カナガン

 

骨抜きチキン生肉(26%)、乾燥チキン(25%)、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂(3.1%)、乾燥全卵(3.1%)、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル(1.2%)、ミネラル、ビタミン、グルコサミン、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

 

モグワン

 

チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%、サツマイモ、豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル、ビタミン、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、ダンデライオン、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、MSM&コンドロイチン

 

正直成分はどちらもそれほど変わっていないようです。

 

アレルギーがおきやすい穀物は一切使っていないようですしね。

 

カナガンはチキンがメインでももぐわんはチキンとサーモンの動物性タンパク質といったところでしょうか。

 

モグワンは手作りドッグフードを目指して作られているようで、手作りドッグフードで使用される食材を用いているようです。

価格もモグワンの方が容量が少ない分少し高いかなと言う気がしましたが、200gなのでまあ誤差のうちかなと思いました。

 

 

と悩んでいたら、もぐワンのほうが100円モニターがあるので早速頼んでみました(´▽`*)

 

いいものでもワンコが食べてくれなけば使えないですからこのモニター制度はとても助かりました。

 

初めにモニターに申し込んで、試食させたらいつになく夢中で食べていたのでその後もちろん定期購入しましたよ。

カナガンもいいのかな?と思いましたが、口コミや評判でよくない噂もいくつか見つけてしまったので、

獣医さんがお勧めしているというモグワンで良かったかなと。

 

そして涙やけですが、もぐワンに変えてから4日目くらいからすっかり良くなってきてびっくりです。

しかも毛並みも艶々してきたんです!

ブラッシングすると光るような毛色になりました。

 

知らぬが仏とは言いますが、愛犬が食べているものがゴミのようなものだったとは。。。

常備していた愛〇元気などは怖くて速攻捨てましたよ。

 

でも涙やけで大きな病気になる前に症状が出て知らせてくれたのかな、と思います。

信頼できるものを犬に与えているっってとても大切なことだと思います。

 

モグワンと時々骨付きチキンなどをあげていますが、涙やけのような症状はでなくなりましたよ。

モグワンを100円モニターできるのはこちらです。

 

ただしモニターの場合は初めに簡単なアンケートがあって、

それに同意できる人のみとなっています。

また毎週人数も決まっているので、申し込みできない場合もあるかもです。

犬の涙やけの場合はまず目をきれいに洗ってあげてください!

そしてドッグフードなどの食べているものの見直しをしてあげると

あっさりと治ってしまうことが多いようです。

 

カナガンも一応貼っておきますね。
ご参考まで。

スポンサーリンク

コメントを残す