音が出ない目覚まし時計でおすすめは?迷惑かけずに起きられるもの!

目覚まし時計がうるさくて起きてしまう!

 

って家人に怒られた。

 

目覚まし時計をセットした肝心の本人が起きなくて、周りがその音で目覚めてしまうってこと多いですよね。

本当にやめて欲しい。。。

 

・目覚まし時計がなっても気づかない

・目覚まし時計がなっても音が聞こえない

・目覚まし時計がなっても周りばかりが起きてしまう

 

我が家も息子の目覚まし時計が早朝からけたたましく鳴り響くものの、当の本人は全く起きる気配がない。

こっちは二度寝で本当に具合が悪くなる。。。

 

なので音がでなくても起きられる目覚まし時計を探してみました。

スポンサーリンク

目覚まし時計の音が聞こえない

どんなに大音量の目覚まし時計を使っても起きられない人って結構いるものです。

 

原因の多くは睡眠の質がよくないようです。

 

目覚まし時計がなっているときに深い眠りに入ってしまっているので、音が聞こえない状態になっています。

 

誰しも一度は経験ありませんか?

 

とっても深い眠りに入っているときって死んだように寝ていた、なんて経験あるかとおもいます。

私は基本目覚まし時計で起きられるタイプなんですが、過去に一度だけ苦い経験をしたことがあります。

 

徹夜で勉強して翌日試験で絶対に行かなくてはいけないのに、出掛ける30分前にソファーに座ったら気絶したみたいに寝てしまって試験に行けなかった。。。

しかもその時友達から何度も着信が入っていたのにも気づいてなかった。。。

 

自分でも自分が信じられない経験ですが、グッと眠りの深みに入ってしまったんでしょうね。

目覚めたときは時計が11時で夢に違いない!と思い込もうとしましたけど現実でした(;゚Д゚)

 

自分でも経験あるのでこのグッと睡眠の深みに入っているときは目覚まし時計の音なんて気づかないというのも理解できます。

 

あとは

 

目覚まし時計の音に慣れてしまっている

という可能性もあります。

 

目覚まし時計の音=起きなくっちゃ!

という感じで慣れていればいいのですが、これがいつもの音のように慣れてしまっている時自然に受け入れてしまっている場合もあります。

 

あーー、鳴っているな~~~、みたいな。

これは周りが迷惑なだけですよね。

 

また中学生や高校生やなどの思春期にはとにかく眠たくて仕方がない時期ってあります。

と言っても実は睡眠不足だったりするんです。

 

というのも実は14歳~17歳くらいまでに必要な睡眠時間は8~10時間と言われています。

体が大きくなってきて小学生の頃のように寝なくてもいいと思われがちですが、実は必要な睡眠時間は変わっていないんですよね。

 

でも勉強や部活、塾などでとにかく忙しい時期で中々小学生の頃と同じように睡眠時間はとれないというのが実情です。

そこに加えてスマホの存在でどんどん寝る時間が遅くなってきているのも原因のようです。

 

つまり必要な睡眠時間がとれていないので、起床時間に深い眠りに入ってしまっていることも原因のようです。

睡眠時間を増やしたり、寝る前のスマホを辞めたり、睡眠の質をあげるために昼間に体を動かすようにしたりとする必要はあります。

 

 

毎朝の目覚まし時計の音で回りが起きてしまうのをとにかく回避したいですよね。

音の出ないでない目覚まし時計で振動で起きる

音が出ない!といったら振動ですよね。

 

振動目覚まし時計 レビュー件数の多いランキング

 

その中でも私がお勧めするのは

口コミ

 

これだ!電池を新品交換しても鳴らないことが多く、困っていました。ちょうど、某雑誌で紹介されているのを見て、「これだ!」と思い、迷わず注文しました。振動は強く、枕の下に入れています。携帯ケースとストラップが付属しています

 

 

他のレビュー等でも、「威力大」とありましたが、これ程とは。振動で起きると心臓に悪いほどで、一発で目覚めます。スヌースで2度目をくらうのは怖いです。「絶対起きなきゃ」の方には超オススメです。

 

 

アラーム音を切って、振動のみに出来るところがまず良い。
何より周囲にかける迷惑が少ない上に、目が覚めやすいときたもんで、
朝が弱い自分としてはメインの目覚ましにすることにしました。

 

となかなか音が出ないのに威力が大きくて、いままでの目覚まし時計では無理だった人もこれで起きられるようになったという人も多いようです。

音が出ない目覚まし時計で光時計がおすすめ

これは実際我が家で目覚まし時計で起きなかった息子に使っているものです。

 

というのは中学生の頃に深夜のスマホが原因で自律神経失調症になってしまい、朝起きられなくなってしまったんですね。

これは病院まで行きました。

 

というのも朝起きない!という日が続いてから今度は頭が痛いと言い始めたんです。

親としては風邪か何かの病気だと思って病院に連れていきました。

 

熱も鼻水も喉の痛みも全くなく、お医者さんから

 

「もしかして夜中スマホとかいじってる?」

「日中たちくらみとかする?」

 

などのいろいろな質問に「イエス!」だったので、

自律神経失調症ですね、と。

 

自律神経失調症って?

我が子の場合はスマホが原因で生活習慣が乱れたわけです。

自律神経というのは「交感神経」と「副交感神経」の2つが交互に切り替わってバランスをとっています。

「交感神経」=起きている時

「副交感神経」=リラックスして寝ているとき

 

 

つまり朝に交換神経が働くことにより、体が目覚め活動的な体にしてくれます。

夜になると副交感神経が働いて、リラックスして体を休めようとしてくれるわけです。

 

生活が乱れることにより夜中に交換神経が働いてしまい、夜に活発的になり明け方に眠くなってしまうという悪循環ですね。

 

我が子がお医者様に言われたことは

 

スマホをやめて生活習慣を整えなさい!

 

ということでした。

 

といっても中々簡単に治せるものではないから、まずは朝になったら太陽の光を浴びさせること

と言われました。

 

というのも、朝の光というのは自律神経を活発させるのにとても効果的なんです。

太陽の光を感知すると通称「幸せ物質」とも言われるセロトニンを分泌します。

 

このセロトニンの働きで脳が朝だと思い、体を活発化させてくれるのです。

 

天気の悪い日が続いたりすると、なんだかやる気が出ないとか眠いとかそういう状態になるのもそのためです。

夜になるとメロトニンという眠りの物質を出して、リラックスさせて眠りを誘ってくれます。

 

子どもの部屋は朝の太陽の光が入りにくい部屋だったので、何かいいものはないかと探していた時に出逢ったのがこれ!
インティフォー

という光目覚ましです。

光目覚ましもいろいろあって悩みました。

 

海外製のものもあるし、安価なものもあります。

 

は「最大で20,000ルクス」とスペックを紹介すると共に「距離30cmで3,500ルクス」

と明記しています。

 

この20,000ルクスという数字がどのくらいすごいのかというと、コンビニのあの明るい光で1500ルクスほどです。

ちなみ朝日の明るさが10,000ルクスほどなので、目覚めるのに十分な明るさです。

 

この『距離30cmで3,500ルクスで光る』という表現が光時計にはとても重要なんです。

距離の記載なしに「10,000ルクスで発光します」とアピールされても実はあまり効果がないんです。

 

光は離れれば離れるほど拡散して薄くなっていきます。

 

安価な光目覚ましはこのあたりの記載がされていないものがほとんどなので注意してください。

 

きちんと脳内でセロトニンを出せる光が出せる光目覚ましを選んでくださいね。

 

ちなみに朝日以上の光ですが、紫外線はほとんど出ていないので安心です。

 

しかもこのセロトニンが働いて目覚めるというのは、とても体内にとっても重要なことで

気分よく起きられるんですね。

 

我が子のように自律神経を乱してしまった子には最適でした。

 

今までは朝の息子の不機嫌な顔を見るとこっちまで気分が悪くなったものですが、

あの不機嫌な顔も見なくなったと思います。

 

さすがにご機嫌ではないですが、今までは怒ったような顔をしていましたが

気分を害するほどの表情ではないですね。

・周りにも迷惑かけてしまうくらい起きられない人

・朝目覚めが極端に悪い人

・生活リズムが崩れてしまった人

・目覚まし時計の音が聞こえない人

 

 

などなど、目覚めで悩んでいる人なら一度試してみる価値があると思いますよ。

 

 

しかもここだけの話し、3か月使って効果がなければ全額返金制度があるんです。

3か月もですよ。

本当のことを言うと3か月も使えば、自然と起きられる習慣がつきます。

 

私も最初はまゆつばだったのでとりあえず使ってみて、効果なければ返そうと思っていました(;^ω^)

 

確かに我が子も実感したのは2か月目くらいからです。

 

どんな方でもまずは1か月以上使ってみられるといいと思います。

 

子どもを起こすのが1日の中で一番嫌なことだったんですけど、目覚まし一つでこんなに変われるとは

思っていませんでした。

 

とりあえず試していただきたい目覚まし時計ですね

これ↓↓↓


スポンサーリンク

コメントを残す