ふくろうカフェで東京でおすすめは?私が浅草にモフモフしに行く理由

ふくろうカフェって東京でどこかおすすめのお店ある?

あります、あります!

 

というか見つけましたよ~~~( *´艸`)

 

最近ふくろうカフェにはまっているリコです。

あのモフモフを一度体感したら誰でもはまってしまうでしょ!って感じです。

 

とにかく癒される~。

でもふくろうカフェにもいろいろあって、何軒か行きましたが東京で超絶おすすめなふくろうカフェのお店をご紹介しちゃいます!

 

スポンサーリンク

ふくろうカフェにはまる

ふくろうカフェって一度は行ってみたいな、と思っていたんですけどなかなかこういうのってきっかけがないと行けなかったりするものですよね。

 

でもね。

 

一度は行ってごらんなさい、はまるから。

 

あのふくろうのなんともいえないたたずまいをみて、さらにそのモフモフを触れるとなると体の奥からキューーーんとした

 

「きゃわいいーーーーー!」( *´艸`)( *´艸`)( *´艸`)

 

といった甘酸っぱいものが湧き出て、とにかく癒されまくります。

 

ほら、動物を飼うこととかって動物療法とかあるくらいでものすごく精神的にいいみたいですよね。

モフモフ体験って精神的にとてもいいと思うんですよね。

 

なんだか私

 

優しくなれそうな気がする~~~~~~~~♪

そんな感じ。

 

ふくろうカフェにいる間中、ずっとよだれ流してるんじゃないかっていうくらいにやけた顔してましたから(´▽`*)

ほら猫カフェとかも普通にありますけど、確かに猫とたくさん触れ合うのも癒されまくりますよ。

 

でもね

 

ふくろうってやっぱり一般的じゃないし、異空間の存在というか、みたことはあったけど触れたことってふつうはないじゃないですか。

 

そこに触れられる感動っていうのがまず大きいかなと思います。

 

またね

 

あの存在感。

 

一瞬人形かと思うくらい微動だにしないでたたずんいる風貌が、なんともちょっかいを出したくなります。

そしてモフッとするとちらりとこちらを見る感じとか

 

「きゃわいいーーーーーーー!」って。

 

しかも想像以上にふくろうの毛並みってやわかいんですよ。

 

一度触ってみないとわからないと思いますが、初めて触った時に皆さん思うみたいです
(店員さんが話していました)

 

なんとなく固そうなイメージですが、ひな鳥みたいなやわらかさです。

そういえばフクロウって「勉強」とか賢いイメージあるからなんでかな?と思い調べてみました。

 

するとフクロウは暗い森の中で首をかしげている様子から、思索に耽っていると哲学者のイメージをもたれたみたいですね。

 

それからギリシャ神話などでも森の賢者と呼ばれるようになっていったようです。

つまりイメージ先行型で、とびきり頭がいいというわけでもなさそうなんですね(~_~;)

 

私も暗闇で首をかしげていたら賢く見えるのかな?(イカれたようにしか見えないか)

とにもかくにも、フクロウと触れ合うことができるふくろうカフェに行ってモフモフ体験をしたら癒される事こと間違いなしです

ふくろうカフェ東京でおすすめなのはどこ?

ふくろうカフェもいろいろありますよね。

 

大抵ワンドリンクつきで時間制といった感じだと思います。

1時間で入れ替え制とか言うところも多いですよね。

 

カフェスペースとふくろうたちがいるところとは別になっているところも多いと思います。

そして東京のふくろうカフェってどこも混んでます。

開店前から月島のお店とか並んでいるとか聞きますしね。

 

週末とか人が多くてフクロウに触りたくても中々触れない!といったことも多いのも事実です。

ふくろうカフェでふどこかいいところないかな~、と思ったらとりあえず

 

浅草行きましょう。

 

浅草ってふくろうカフェが多いんです。

 

浅草だけでも5店舗あるんですよ。

しかも渋谷、新宿などもふくろうカフェよりも空いていると思います。

週末でもゆっくり観ることができます。

 

オズ

 

ここはふくろうは別スペースになっていて、カフェスペースにはうさぎやヒョウモントカゲ、ハリネズミなどがいます。

カフェスペースもゆったりしていて、ヒョウモントカゲやハリネズミなどをイスに座りながら自分のテーブルで抱っこしたりすることもできます。

シマリスです。

 

 

うさぎは放し飼いになっていました。

 

ただ

 

動物の数が少ないかな。

 

また肝心なフクロウですがフクロウスペースで触れ合うことができますが、店員さんが入ってくるのであまりゆったりとフクロウと触れ合うことができない感じです。

 

けっこう狭いスペースですしね。

ただしお願いすれば肩にのせてくれたり頭に乗せてくれたりするので、インスタ映えなどを狙うのであればおすすめかなとは思います。

もちろん時間も決まっていて、入口にワンコイン500円と書かれていますが、500円というのは30分でカフェスペースのみです。

ふくろうと触れ合うことはできないです。

ふくろうと触れ合う場合は30分で1000円となります。

30分で1000円は少し高いほうですよね。

 

でもきっちりはかっていない感じでわたしたちもとりあえず30分で入ったのっですが、確実に30分以上いた気がしますが延長料金を取られたりすることはなかったですよ。

 

混雑具合にもよりますけどね。

スポンサーリンク

ふくろうカフェでおすすめなのはアウルの森

ふくろうカフェで超絶おすすめなのが

アウルの森です

 

 

ちなみにこの地図は新仲見世通りのほうです。

私がいったところは浅草公会堂の前です。

ここのすごいところは時間無制限なところです。

しかも自由に放し飼いになっているんです!

 

だからいきなりバッサバッサ飛び回るフクロウとかいてびっくりします。

 

だからいきなり変な場所にいたりします。

思いがけない場所にいると人形かと思って蹴飛ばしそうになりました。

 

ちなみにここは自販機の前です。

 

というか、フクロウだけじゃなくてカピパラとかも放し飼いになっていて、座っているといきなりカピパラが私の横でくつろぎ始めたりしました。

 

カピパラってデカい!

 

カピパラって想像以上に大きいんですよね、と改めて感じる。。

しかも毛が剛毛というか触ると痛いくらいに固いんですよ。

 

それにしてもネズミの仲間って、すごいよね~。

ネズミもびっくりな大きさですよね。

エサとかもあげられるんですよ。

 

 

カピパラが普通に横を歩いている様子とかたまらんです。

 

オウムとかもしるし

 

 

これ、サルです。(何サルかはわすれたけど)

めっちゃくちゃかわいくって、エサあげたら私がきたら飛び上がって喜んでまたエサ買ってしまいました。

そして手を握ってくれます( *´艸`)

 

 

フラミンゴまでいます。

 

このフクロウが一番大きかった。

すごい威厳がありますね~。

 

 

アウルの森はまさに森にさまよい込んだみたいな感じで、自由に動物と触れ合えるところがいいです。

 

 

ただしふくろうとか勝手に肩に乗せたりはできないのでインスタ映えとか狙っている人にはウケないかもね。

 

【追記】後で聞いたら店員さんに頼めばやってくれるみたいです

 

またカフェといいつつもテーブルとかはないので、ゆっくりお茶を飲みながらという感じではないです。

 

ふくろうの前とかに簡単な椅子があるのでそこに腰かけながら飲む、と言った感じですかね。

ドリンクかアイスかを選べますよ。

 

 

入り口には水槽もありますよ。

 

とにかくゆっくり自由にふくろうや動物たちと触れ合いたいなら、アウルの森がおすすめです。

 

ただ自由なだけに頭上注意的なところがありますので、要注意ですよ。

あと、ニオイもそこそこします。

動物園ほどではないですが、気になる人には気になるかなと言った感じです。

 

食事はできないかな、というくらい。

 

でもアヒルがやたらうるさかったなあ~。

ふくろうカフェに子どもは連れて行ける?

 

小さいお子さんもけっこういましたよ。

子どもを連れて行くのにアウルの森は最適なんじゃないかと思います。

 

なんというかまさに小さいふれあい動物園といった感じですからね。

 

とにかく自由に触れられるし、エサだって直接あげる事も出来ますから。

 

ちなみにどこも12歳以下の子どもは半額というところが多かったですよ。

 

情操教育的にもとてもいいと思います。

 

小さいお子さんを連れて是非親子ともどもモフモフ体験して癒されてきてください。

 

ちなみにモフモフしてるとフクロウ飼いたいなあ~とか思ってしまいますが、

梟のエサってウズラなんですって。

 

といっても卵ではなくて鳥の方。。。。

 

しかも羽などをむしってさばいてあげるんだそうですよ。

 

エサ問題はかなりハードルが高そうなので、ふくろうカフェに通った方が良さそうですね。

スポンサーリンク

コメントを残す