お嫁さんへ姑からのプレゼント何がいい?私が喜んだものと困ったもの

お嫁さんに何かプレゼントしたいけど何が喜ばれるの?

お姑さんからのお嫁さんへ何かプレゼント、贈り物をしたいけど何がいいのかわからない。

 

・高価なものは困るのかしら?

・いまの若い女の子は何が嬉しいのかしら?

・お姑さんからの贈り物とか喜ばれるのかしら?

 

お嫁さんの誕生日のプレゼントや出産のお祝いや結婚のプレゼントなど、

贈り物をする場面はたくさんありますよね。

 

実際私がお姑さんからいただいて困ったものや嬉しかったものなどをお話しします。

スポンサーリンク

お嫁さんへの姑からのプレゼント何がいい?

お姑さんであるあなたがお嫁さんに何かプレゼントしたいけど何がいいのかわからない、ってこの記事を読んでくれているかと思います。

 

とっても優しいお姑さんですよね。

何かしてあげたいと思えるお嫁さんもとってもいい方なんだろうと思います。

 

正直、その気持ちだけで十分かとも思ってしまいます( *´艸`)

 

それではおわってしまうので、まずは私自身がお姑さんからいただいたプレゼントのお話しをします。

お姑さんから今までいろいろとプレゼントをいただいてきました。

 

その気持ちはとっても嬉しいのですが、その中には嬉しいものもありましたし、困った残念なものもありました。

 

正直、嬉しかったものは

お金です(´▽`*)

 

やっぱりお金かい!って思ってしまいますが、趣味の合わないものをいただくくらいならお金をいただけるほうが正直嬉しいです。

 

でもね

 

お金っていただいたときはラッキーって嬉しいんですけど、ありがたみみたいなものって正直ないかもしれないです。

「何か自分のものを買いなさいね」とか言われていただいても、結局子育てしているときとかそのまま生活費になったりしてましたから。

正直、そのお金で何かを買ったという記憶がないです。

 

 

思い返してみて一番嬉しかったプレゼントは

 

子育て中の時に子どもを預かってくれて夫と食事でもしてきなさいって、ホテルランチを予約してくれてたことです。

これはとっても感謝しましたね。

食事しているときもずっとお姑さんの話しをしてたくらいですから。

 

そんな優しいお姑さんでよかった、って心の底から思ったものです。

 

だから私もいつか息子にお嫁さんがきたら、子育てしているときのプレゼントはこれしかない!っと思っています。

小さい子供を育てている時って何が嬉しいって、子どもがいない空間でゆっくりしたいってことなんですよね。

 

アクセサリーやバック、洋服とかもその時期って本当に興味がなくて、ただひたすらたまには大人な空間でゆっくりしたいな、と。

そしてそんな時間がなによりの贅沢なんですよね。

 

また一流ホテルのランチを予約してくれたこともとても嬉しかった。

この時お金をいただいてこれで行ってきなさいって言われても、自分たちだと中々そういうところには行かないですからね。

 

・小さい子供を連れて行けないところ

・大人な空間のところ

・ゆっくりできるところ

 

子育て中の時に一番行けない場所ですから。

 

砂地に水がすいこむように喜びを感じたのを覚えています( *´艸`)

お姑さんだから子どもを預けるのも安心ですし、久しぶりにゆっくり食事することができたかんじです。

 

ちなみにお会計などは予めお姑さんが夫にお金を渡して、これで支払いなさいって感じでした。

そんなとってもいいお姑さんですが、実は困ったプレゼントも多かったです。

 

お姑さんからいただいた困ったプレゼント

 

・バック

 

趣味の違うバックをいただきました。

これは困りましたね。

 

使い勝手も悪く趣味も全く違うのですがお姑さんからいただいたものなので、いただいてしばらくはお姑さんと会う時くらいは持っていかなくてはいけないというのもあって
きつかったです。

使い勝手も悪かったので持っていかなくてはいけない!という義務感もとても嫌でした。

 

・洋服

 

「こういうの着てみたら?」と言われてセーターをいただいたことがありましたが、驚くほど趣味に合わないもので困り果てました。

そもそも買ったお店がお義母さんの行きつけのお店で買ってきたらしく、年代が高めの方向けのお店なのでセーターもお義母さんが着ているようなものでした。

正直捨てるわけにもいかないし、間違っても着たくないし、ということで暫く部屋着として活躍はしました。

 

また別の日のことですが、今度はコートを買ってあげると言われて喜んで出掛けて行ったのですが、またもやお義母さんの行きつけのお店に連れて行かれました。

「気に入ったのがあればかいなさい」と言われても正直気に入るものなんて全くなかったです。

 

躊躇していると「これなんかどう?」とか着させられて、「じゃあそれで」みたいな感じ買っていただいたことがあります。

正直一度しか着ていません。

 

洋服とかをプレゼントしたいときは一緒に出掛けて、お店で選ばせてあげるというのはとてもいいことだと思います。

でもお店はお嫁さんがよく行くお店とかデパートなどで若い世代のフロアなどに連れて行ってあげることが大切です。

間違ってもご自身の行きつけのお店ではないところでお願いします。

 

つまり趣味ではないものをいただくのがとても困ると言うことです。

 

あと持っているのにいくつあっても困るものですね。

 

姑からお嫁さんの誕生日プレゼントは何がいいの?

 

お嫁さんの誕生日プレゼントに何か贈りたいけど何がいいのかな?

 

お姑さんから誕生日プレゼントをもらう人ともらわない人、毎年じゃないけど思い立った時にもらうという人、私の周りのママたちに聞いてみたところ本当にわかれました。

でもお互いさまというか、お嫁さんがお姑さんに誕生日プレゼントを渡している人のところはお返しみたいにいただいている感じが多かったです。

 

あとは近くに住んでいるとか、一緒に住んでいるとかいう人は特別あげない人が多かったです。

近くにいるので日常的にいろいろしたりされたりといったことが多いので、敢えて誕生日だからプレゼントを渡す感じではないようですね。

遠くに住んでいたり中々会う機会がなかったりする場合の方が、敢えて誕生日プレゼントとして贈ったりするヒトのほうが多い気がします。

 

ちなみに私は誕生日プレゼントは渡すし、義母からは毎年1万円をいただいております。

 

結婚したての頃は何かと品物をいただいていましたが、どれも趣味に合わないようなものばかりでした。

バックやカーディガンなどをいただいて、1度は身に着けて行きますがそれ以上は身に着けて行かないのを見てお義母さんも察したのかもしれないですね。

 

正直お金はもらって困るものではないので嬉しいです。

 

でも毎年同じ金額をいただいていると、プレゼントという感覚はなくなってきますよね。

集金みたいな感覚にはなってきます(~_~;)

 

そこで個人的にお嫁さんにはどのようなものが喜ばれるのか、考えてみました。

 

金額的に1万円以内で考えます。

 

1万円以下ってけっこう買えそうで何も買えない金額なんですよね。

 

だったら持っているものでも普段自分じゃ買えないような日常使いのものがいいでしょう。

 

・ブランドの折り畳み傘

 

ブランドの折り畳み傘って中々自分じゃ買わないものです。

欲しいなと思いつつ、いつも安っぽいものを使っているという方が多いのかなと思います。

ブランドものもピンキリですが、マリメッコは若い女性に人気のあるブランドでだなたにも喜ばれると思います。

 

・携帯用スリッパ

小さいお子さんがいる時は、学校などに携帯用のスリッパが必要になってきます。

でも中々自分じゃあ、いいものって中々買わないんですよね。

 

でもこのくらいしっかりとしたいいものだったら、ずっと取っておけますからね。

 

「これから携帯用のスリッパとか必要になるでしょ?」とか言ってプレゼントされたら

お義母さんわかってる~、とか思いますよね。

 

 

 

・メイクブラシ

お化粧っけのないお嫁さんだとあまり嬉しくないのかもしれませんが、お化粧しているお嫁さんなら熊野ブラシのセットとか喜ばれると思います。

一生ものとも言われますからね。

 

しかも毎日お姑さんからいただいた、とか思いながら使うと思います。

 

 

・食事券

お食事でもしてきなさい、と言ってお金を渡されるよりも普段いかなさそうなホテルのレストランなどを予約しておいてあげるのもいいですね。

お金を渡してしまうと自分だと高級なレストランとか選ばなかったりしますからね。

息子さんと一緒に、みたいな感じで予定を聞いてレストランだけ予約しておいてレストランに予めお金を支払っておくとか、息子さんに渡しておくとかするといいと思います。

 

・調理器具

お料理をする方ならちょっといいフライパンなど喜ばれると思います。

これも自分じゃあ中々買わないものです。

 

ティファールのセットとか無難で嬉しいですね。

 

ちなみに私は結婚したときにフィスラーの圧力鍋をプレゼントしていただいてとても嬉しかったです。

しかも20年以上経った今でもその圧力鍋は健在で大活躍しています。

 

・エプロン

 

エプロンなどはいくつかあっても困らないものですね。

エプロンもブランドのいいものを一つ持っていると、学校行事でエプロンを使う時とか

重宝しますからね。

 

売れ筋をチェックしてみてください

エプロン売れ筋ランキング(楽天)

 

・食べ物

 

お姑さんからなら食べ物とかいただいてもとても嬉しいものです。

お米とか果物とか高級なお菓子とかそんな生活に密着したようなものでも、スーパーで買ってきたものでなければ嬉しいものです。

 

近所のスーパーでみつくろってきたものだと、誕生日プレゼントといった感じがしないのでダメですよ。

 

ここもちょっといいものというところがポイントです。

 

・口紅

口紅とかも難しいところですが、とりあえずシャネルの口紅ならもらって喜ばない人はあまりいないかなと。

値段も手ごろですしね。

ピンク系か赤系かだけチェックしておけば、店員さんに〇代のお嫁さんでピンク系で人気のカラーをくださいと言えば選んでもらえますよ。

 

・高級チョコ

高級チョコほど自分では買わないものです。

でももらったら嬉しいものです。特に若い女性はその気持ちが強いでしょう。

紅茶とセットで渡してもいいですね。

 

 

・ブランドもの

 

とりあえず何かのブランド品なら喜ばれる、ということもあります。

お嫁さんの好きなブランドを知っていればそのブランドものの何かを空けば間違いはないですね。

 

でもブランドものは高いので、予算的に厳しいという方はこちらのブランドショップがとても安くて

おすすめですよ。

ブランドショップ AXES

 

あまりにも安いので偽物?とか思ってしまいがちですが、本物なのでご安心ください。

 

「AXES」はAACD加盟店なので安心です

AACDは並行輸入品市場での“偽造品”や“不正商品”の流通防止と排除を目指して発足した団体「日本流通自主管理協会」の略称。

その加盟店ということは、並行輸入品を取り扱っているショップなんです。

 

並行輸入品だから安く買えるとてもお得なショップなんですよ。

 

ラッピングなどはしてくれますが、とても安く出されているものなどは箱がなかったりしますが、

嫁姑の間柄だったら箱に入ってなくても平気ですよね。

 

逆にブランド品とか気を遣わせてしまうものですが、「安いところで買ったのよ、でも本物よ」

といった感じで渡すほうがお嫁さんも気が楽かもしれないですね。

 

私はここのショップでよく自分へのお褒美としてよく買っています(´▽`*)

 

・お花はやめたほうがいいかも?

 

んーーー。

お花は意見が分かれるところだと思います。

 

でも実はお花をいただいて喜ぶ女性って若い人ほど少ないって知ってますか?

 

もちろん喜ぶ女性もいますけど、

 

・飾る場所がない

・水変えるのが面倒

・そもそも花瓶がない

 

などの理由で花束って実は敬遠されているものなんですよ。

あげて喜んでるのはあげた本人だけといった事実もあったりします。

 

ちなみに私も花より団子で、花束よりも美味しいケーキのほうが超絶喜びますね。

 

お嫁さんへ姑から誕生日メッセージ

 

でもなんだかんだ言っても、気持ちがこもっているのがとても嬉しいものです。

プレゼントもそうですが、この時にちょっとしたメッセージが添えてあるととても嬉しく思われると思います。

〇〇さんへ

お誕生日おめでとうございます。

いつもありがとう。

〇〇さんは家庭のこと、子育てのこととてもよく頑張ってくれていて

本当に感謝しています。

 

〇〇さんのことを実の娘のように思っていますよ。

もっと甘えてくれたらいいなとは思っています。

 

ほんの気持ちですが、たまには□□(息子)とゆっくり食事でもしてくださいね。

これからもどうぞ宜しくお願いします。

 

△△より

 

 

とにかく長々と書くと嫌がられますので、サクッと感謝の気持ちだけ伝えましょう。

あと「いつもがんばってくれていてありがとう」と頑張っているのをわかっているという文章を入れるといいと思います。

 

主婦の仕事って誰にも認められないことが辛かったりします。

お姑さんがわかってくれていると思うっだけで、とても嬉しいと思いますよ。

 

あとは、私はお姑さんに言われて嬉しかった言葉で

 

 

「実の娘のように思っている」という言葉。

 

これはとても嬉しかったですね。

お姑からお嫁さんにプレゼントのまとめ

一番困るのは趣味ではないプレゼントです。

趣味とかよくわからないという時は、お金を渡してしまうのが一番無難ではあると思います。

ただお金は一時的には喜びますが、正直それ以上でもそれ以下でもないものです。

同じ1万円でも欲しかったものをいただいた時は、自分のことをわかってくれていると思ってとっても嬉しいものですよね。

プレゼント選びのポイントは、自分じゃ買わないようなちょっといいものということです。

 

「何を買ってあげたらいいのかわからなくて。。。」

「気に入ってもらえるかわかないけれど。。」

 

など一生懸命選んでくれたんだというようなことがわかると、どんなものでも実はその気持ちがとても嬉しかったりしますけどね。

スポンサーリンク

コメントを残す