足の臭いがひどくてブーツが脱げない!すぐに消臭する方法

d5d3b239f973f5946b0e17e6ae90c8a6_m
ブーツを穿いていると、気になるのが「足の臭い」。

でもそんな時に限って、ブーツを脱がなくてはいけない

座敷のお店に行くことになったりしませんか?

脱いだ時に、「ぷーん」と漂う臭いに

「だれだ?」と不穏な雰囲気になりませんか?

でも大丈夫。

速攻臭いを消す方法から臭わなくするお手入れ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

足の臭いがひどくてブーツが脱げない!原因はなに?

言わずとしれたムレの王様

 

【ブーツ】

 

これを穿けば、あなたもきっと足がくさくなる!

なんていらないキャッチコピーができそうなくらい、

穿いてたら臭くなるブーツ。

090213
どうしてそんなにくさくなるんでしょうか?

足の汗が原因と思われている方が多いと思いますが、

汗自体には臭いはありません。

足にもともといる常在菌が汗で分解されニオイを発します。

さらに足の角質やツメの間にあるアカなどの汚れがこの菌の

エサとなり、どんどん繁殖していくわけです。

さらにブーツの中は高温多湿。

菌が繁殖するには最適な環境というわけです。

足がくさい人は、エサとなるアカも多いということで

常日頃から角質を取るとか、爪のお手入れなどもしっかり
知っておく必要があるようですね。

足の臭いをすぐに消す方法

すぐに臭いを消したいなら、足を消毒が一番です。

もしこのブーツを脱いだらやばいかも?

な状態で友達のうちに行くことになったり、

座敷のお店に行くことになった時、

消毒ウエットティッシュと替えの靴下を持ってトイレに駆け込みましょう。

常に持っているといいのですが、この2点はドラッグストアやコンビニなどでも

簡単に手に入ります。

合う靴下がなければ、ストッキングならどこでもありますね。

ここでポイントは

【消毒ウエットティッシュ】です。

いま、【除菌】【滅菌】【消毒】など

といろいろありますね。

どれもききそうですが、

効果が大きい順に並べると

スポンサーリンク

【滅菌】>【消毒】>【除菌】

となります。

・滅菌はほぼ菌をなくすことを意味します。

一番効果がありますが、あまり売ってないかと思います。

・除菌は、菌を除いて減らすことを意味します。

ここでは、手を洗うだけでも除菌を意味し、

かなり広範囲な都合のいい言葉といえるでしょう。

・消毒は死滅または除去させ、害のない程度まで減らすこと

を意味します。

抗菌ウエットテッシュはよく見かけますが、効果はあまり期待できません。

菌をなくしたいなら消毒ウエットティッシュを使いましょう。

そして、足の指の間まできれいにふき取り、

乾燥させてから新しい靴下を履きましょう。

*ストッキングとブーツの相性はニオイには最悪です。

でも取り急ぎのニオイ取りで、替えがこれしかない応急処置

だと考えてください。

この状態で長く歩いたりすると、ニオイはきつくなるのでご注意を。

簡単に足の臭いを取りたいなら

足の臭いがひどい人のブーツのお手入れ方法

ブーツ自体にニオイがうつってしまった場合どうすればいいのか?

ファ○リーズなどの消臭スプレーはわたしはおすすめしません。

これでよけい気持ち悪いニオイがついてしまった経験あるので、

クリーニングのプロに教わった方法を伝授します。

まずは休ませましょう。

ニオイを取る、重曹をブーツの中に直接ふりかけます。

そして、新聞紙をまるまめて入れておきます。

そのままの状態でしばらく陰干しして休ませてあげましょう。

重曹は靴底をトントンすれば落ちますが、気になる場合は掃除機

のノズルなどで吸ってあげてください。

それでもまだニオイが残っている場合は、殺菌力のあるミョウバン水が効きます。

ミョウバン水(原液)の作り方

500mlの水道水に対して15グラムのミョウバンを溶かします。

それを冷暗所にて1日おいて透明になったらできあがり。

これは原液なので、これをさらに10倍ほどに薄めて使います。

スプレーなどで、ブーツの底に直接ふりかけてみます。

革の部分には直接かからないようにしましょう。

そして完全に乾燥させます。

この時も新聞紙をまるめていれておくといいでしょう。

このミョウバン水は、足やワキガなどのニオイにものすごい効果

があります。

ブーツを履く前に、足にシュッ。

小さなスプレーに入れ持ち歩いて、いざ!という時に足の裏にシュッとしても

いいですよ。

シュッとしたあとは、ふき取るのを忘れずに。

まとめ

ブーツの時期、一番気になるのが足のニオイです。

ブーツはかっこいいですが、脱いだ時クサイと100年の恋も覚めますね。

日頃の足のお手入れをかかさずに、脱いでも素敵な女性でいましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す