羽毛布団を自宅で洗濯で失敗!臭い原因は?頻度は?

907307dd90ccd123188d1e7f4ff18313_m
猫が羽毛布団で粗相をするので、クリーニングに毎回出すのがきつくなって
きた。
自宅で洗濯できないかとと試してみました。

結果、中の羽毛がよれる!く、臭い!!

私が自宅で洗った失敗した原因や臭いの元は?羽毛布団って洗う頻度は
どのくらい?そのあたりご紹介します。

スポンサーリンク

羽毛布団を自宅で洗濯で失敗した

猫の粗相の臭いはたまらないので、エイッと自宅で羽毛布団を洗ってみました。
確認するとキルト裁断になっているし、水洗い可能になっているしで
とりあえずクリア。
洗濯機には入りきらないので、お風呂場で足で踏みつつ洗いましたよ。
これがかなりの重労働。
足でふみふみはまだいいのだけれど、それを脱水機まで持って行くのが大変。

重いし、水はしたたり落ちるしで、この時点でかなり疲れ果てています。

そしてようやく脱水!
ぺちゃんこになった感じに不安はぬぐいきれないけれど、
多分お天気がいい日に干せばふかふかによみがえるんだろうな~、と
いい気持ちで妄想していました。

が!!!

一日干してもぺしゃんこ。

二日干してもまだ平たい感じ。

三日目、なんだかくさい・・・。

四日目、少しはふっくらしてきた感じだが、中で羽毛がくっついて
しまっている感じ。

五日目、確実に臭くなりつつある。
以前のふっくら感はないが、まあなんとなくふんわり感は出てきた感じ。

六日目、雨降って雨に濡れ、おじゃん。。。

なんだか臭ってきた時に、「失敗」という言葉がよぎりました。

私の失敗した原因としては、脱水が甘かったこと。
(羽毛布団だからあまり脱水しちゃうと羽毛がとびでるんじゃないかという危機感から)

あとは最初は雨こそ降っていなかったけれど、お天気の悪い日が続いていたこと。

私の今回の臭いの元は乾ききらないカビ臭でした。
でも自宅で洗うのは私としてはおすすめできません。
なぜならかなりの労力が必要とするからです。

では何がいいのか?

<羽毛布団はコインランドリーで洗うのが一番!>はこちら

羽毛布団を自宅で洗濯したら臭かったら?

私の場合は生乾きが原因の水カビ臭でした。
でも羽毛布団って洗うと乾いても猛烈に臭ってくるものもあるのでご注意を。

それは【獣臭】です。

羽毛は水鳥ですが採取された時は雑菌、油脂分などがついています。
それを洗浄して落としますが、コストカットのため洗浄がおろそかに
なっているものがあります。
よって水鳥の油脂が洗いきれてないままになっているものがあります。

スポンサーリンク

この油脂が洗われて油脂が出て、強烈な獣臭になってしまうというわけです。
9cb512a55fcd539ea2f35a1c11ab5ada_m

日本製のものなら洗浄の基準値を設けているため、ほとんどこのようなことは
ありませんが、海外のもの、特に中国製のものは安価なものが多いですが
注意が必要となります。

もしご自宅の羽毛布団が洗って強烈な獣臭がでてしまったら、
とにかく洗うしかありません。
工場で本来しているはずの洗浄を自分でやります。

一度でだめなら二度、三度としっかりと洗う必要があるようです。
コインランドリーで洗って、乾燥させるのが一番だと思いますので
臭いが消えるまでやってみましょう。

その時ファブリーズなどの消臭剤は使わないようにしましょう。
余計おかしな臭いになるとこが多いです。
おすすめは洗う時に【重曹】をワンスプーン入れると効果的ですよ。

羽毛布団を洗う頻度はどのくらい?

洗う頻度は個人がどのくらい使用しているのか、お手入れしているのか
ペットはいるのか、などによってもかなり違ってきてしまいます。

参考資料としては厚生労働省が旅館やホテルなどのに対して
「ふとん、まくらは半年に1回以上は丸洗いするのがのぞましい」と通達しているようです。
これはダニの量に関係したデータのようです。
一般家庭でもこのくらいの頻度でできたらいいのですが、
なかなかそうもいかないですよね。
また冬場にしか使わないということもあり、1年に1回ほどの頻度がちょうどいいのだと思います。

それよりも毎日のお手入れをかかさずにしましょう。
天日干しやカバーなどを洗うことによって、かなりダニ埃なども
軽減することができます。

でも最近へたってきたな、と感じたり臭いを感じたら羽毛布団洗ってみてください。

<羽毛布団はコインランドリーが一番はこちら>
dbedd88f820acd03e1493f3f5465d8de_s

まとめ

最初は羽毛布団なんて洗っちゃいけないものだとおもっていました。
でもきちんと洗えばコインランドリーでもふんわりとできて感動しました。

乾燥には充分気をつけて!
しっかりと乾燥させれば、今まで以上にふわふわな羽毛布団になりますよ。

 

猫のおしっこなどがどうしても落ちない場合は、カンファペットがおすすめですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す