夏にサンダル履きでストッキングはダサい!?素足が無理な場合は?

71b66ff9caa6dce8674117b64de5a308_m暑くなってきたので、そろそろサンダルでも履きましょうか^^

と、いつものようにアラフォーの私はサンダルにストッキングで従姉のうちにむかった。

すると・・・そこの20代の娘が

「きゃーー!おばちゃん!それダサさの極みだよ」って。

最初なんのことかもわからなかった。

 

ストッキング伝染してた?

サンダルおかしかった?

 

そうじゃないみたい。

つま先のでているサンダルにストッキングが「ありえない」らしい。

 

えーーー!

生足を見せられるような足じゃないし、たまにはサンダル履きたいし、

アラフォー世代はどうすればいいの?

スポンサーリンク

夏にサンダルでストッキングはダサい

 

なんだか年下の子にダサいと言われ、これって若かりし頃友達と

「ひざ下のストッキング履いてスカートから見えてるおばさんにだけはなりたくないよねー」

と話してたのと似ているのか?

 

だとしたら。。。。「穴があったら入りたい」|д゚)

 

で、理由もわからないおばさんは調べてみた。

 

そもそも、

サンダル=カジュアル

ストッキング=フォーマル

 

この図式があるからおかしいとのこと。

 

さらに、つま先のでているサンダルの場合ストッキングの切り替えしが見えてしまい
これもかなりキツイとのこと。

 

カジュアルなサンダルなら素足で、爪にもペディキュアなどを塗って、夏のおしゃれを楽しむということか・・・

 

若い子たちの意見・・・

 

・はやっているのか知らないけど、爪先だけちょろっと出たストッキングでサンダルを履いているやつ。あれはダサい。(27歳女性/情報・IT/事務系専門職)
・サンダルにストッキングをはく女性。おばさんっぽく見える。(30歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)
・ストッキングはパンプスを履くときのみ身に着けるものだと思っているから。(23歳女性/マスコミ・広告/事務系専門職)

 

ふむふむ・・・

 

サンダルで素足で臭くなる!ニオイをとる方法についてはこちら

 

夏にサンダルで素足が無理なおばさんはどうすればいい?

 

まず、素足になるには普段生足を見せていないおばさんにとっては、かなり勇気がいる。

ミニスカートを穿いている若い女の子がパンツを見せるくらいのハードルに近いかもしれない(本当?)

 

素足を晒すためのおばさんのハードル

① 毛の処理

② シミや虫刺されなどのあと

③ 冷え性

④ ダイエット(ストッキング履けばなんとかなると思っている)

 

 

もう、生足はあきらめろ!とつっこみがきそうですが、おばさんだって暑い。

 

じゃあ、どうすればいいの?!

 

まずは毛の処理ですが、わたし40歳過ぎて脱毛サロンに通い始めました。

 

はっきり言って今さら感満載ですが、いままでタイミングがなかったことと、臆病なのでおかしなことになったらどうしようという思いから行ったことなかったんです(*´Д`)

 

でもこの歳になると多少おかしなことになってももういいかな、と通い始めています(;^ω^)

おかしなことって何?って感じですけどね。(^ム^)

 

数ある脱毛サロンの中で選んだのはここ!

ミュゼです。

IMG_5346

友達が行っていたし、有名だし、なにより安いから!

 

ワキとVゾーンで通い放題で100円でした(キャンペーン時期にもよるみたいです)

 

うそでしょ?と思ってしまう価格ですが、初めのカウンセリングでも少しは他の部位もすすめられますが、

とりあえずは100円でやってみてから、とか話せば特にしつこく勧誘されることもなく、

本当に何度通っても初めの100円以外取られることはないので、ご安心を。

 

 

ちなみにおかしなことに全然なってないし、脱毛の自己処理がいかによくないことだと反省しています。

 

まだ永久脱毛されてない方は、是非おすすめします。

私みたいに若い時からカミソリなどで自己処理してきた足は、本当に人さまに見せられない足になってしまいますからね。

 

もっと早く行っておけばよかったと心から思います。

 

といってもこんなに安くはなかったですよね。

 

キャンペーンは時期によってなくなったりするので、100円でやっていたら即申し込みしたほうがいいですよ。

 

いま確認してみたらもっと安くなっていて、4か所で300円になっていました。

 

いいなあ~。

 

<病院での脱毛よりもミュゼで私が脱毛する理由とは?はこちら>

 

でもやっぱり脱毛なんて今さらだし、という方には

 

【エアーストッキング~~】(どらえもん風に)

 

まるでどらえもんがだしてきそうなネーミングではないか。

 

なんでもスプレー式で生足にふきかけ、足をストッキングを履いたようなきれいな状態にしてくれるという。

つまり足ようのファンデーション。

 

確かに、サンダルでおしゃれしてどこかに行くなんて夏の時期数えるくらいのことだから1本あってもいいかも。

 

でもなんか違和感感じますよね・・・。

 

また膝下のブツブツがあったり、黒ずみがある人にはという人には、こちらの
シルキークイーン

はきちんと医薬部外品の商品なんですよ。

 

ブツブツができてしまったのは、こういうきちんとした成分のもので対処していくほかないんですよね。



膝下のぶつぶつや黒ずみの原因って、毛の自己処理が原因なんですって。

このブツブツっていまの若い子に少ない気がしませんか?

 

そうなんです!

今は毛の処理もミュゼのように手頃なサロンもありますし、毛穴に優しいものが多いですからね。

 

アラフォー世代は自分でカミソリでガンガン剃っていたのが、原因なんだとか(-“-)

 

あーーー!早くサロンに通って脱毛しておけばよかった、と本当に後悔。

サンダルに合うストッキングは?

 

でもやっぱりなにか身に着けておきたいという人にはこれ!

 

5本指やつま先スルーのストッキングがおすすめです。

 

5本指のストッキングならサンダル履いてもいいとお許しが出ました(*´Д`)

 

こちらはサンダル用でつま先の部分がわからないようになっています。

 

 

いまはいろいろあるんですね~。

姪っ子に聞いてみると、まあこれならサンダルでもありだな、とのことでした。

 

ふーーー。

 

ちなみに私はつま先スルータイプがお気に入りです。

 

ちなみに色はマットなものよりも光沢のあるもののほうが素肌にちかくみえるようです

 

でも素足にサンダルも気を付けないといけないことがあります。

男子がげんなりして一気に冷めてしまうことがあるので気を付けてね。

 

<素足にサンダルで男子が一気に冷める3つのことはこちら>←

 

ストッキングって日焼けするの?

 

ストッキング履いた足に日焼け止めとか塗っていますか?

足のお手入れをしていたら、「あれ?なんか私の足焼けてない?」と気づいてしまったんです。

 

ストッキングでも日焼けするの???と調べてみたら・・・・・

 

はい、紫外線通しました(・.・;)



紫外線といったら、アラフォーにとっては最大の敵じゃないの!!!

 

この敵のおかげでいま若いころに対策怠ってきたつけがまわってきてるから、痛いほど怖さはわかってるはずなのに・・・。

 

UV対策されているものでも50パーセントしかカットされていないようで、普通のものだと30パーセントなんだそうです。



おそろしや・・・・。

 

でもストッキング履く足に真夏に日焼け止めなんて塗るの面倒だしベタベタがいやだなと思っていたらありました!

 

【飲む日焼け止め】が。

 

これ海外では常識のようですね。

 

内側からも対策するということですが、天然成分なので副作用とかも特にないようで安心です。

 

しかも美容成分も入っているので、日焼けはしないし一石二鳥ですよね。

 

私が一番良かったと思うのは、海とかプールに行った時です。

 

よく日焼け対策ばっちりしたつもりなのに、こんなところが焼けた?!なんてことないですか?

 

頭皮とか耳の裏側(耳なし芳一か!)とか足の甲にビーサンの跡が!とか。

 

内側から対策をしているのでそういうことがないんですね。

 

しかも美白効果もあるようなので、なんだか白くなってきた感じまでありますよ。

 

これは習慣にするようにしています。

 

海外品も有名ですが、初めての方はホワイトヴェールがおすすめです。

国産ですし返金保証もあるので効果ないわ、という方は返金してくれるのでいいと思います。

 

夏用ストッキングここまできた!蚊対策加工

 

2015年今夏、アツギが季節でストッキングを変えるという。

 

新ブランド「SEASONS」では季節ごとのストッキングとして夏用に出すストッキングには「蚊対策」の機能が加工されている。

 

蚊の触覚を刺激して、一定時間止まっていられない加工が虫刺されから足を守る。

面白いのは秋冬は保湿効果のあるものや、「潤」ということで、スクワランとコラーゲンが生地についているものも出すそうです。

 

春先には花粉症対策なるストッキングも発売されるという。

 

ストッキングって本当にいろりおありますね。

 

まとめ

 

知らないということは怖いこと、と今回身をもって知りました。

 

とんとファッション雑誌などからは遠ざかっていたため、いいと思っていたものが

 

「ださい」

 

ものとなっていたなんて。

 

ストッキングも消耗品の思いがあるので、デパートなどでワゴンで安売りのものを購入してきた罰でしょうか。

 

いまではいろいろなものが市場に出回っていたんですね。

いつまでもおしゃれで若くありたいもの。

 

素足をいつまでもきれいに保つためには、若い子も毛の自己処理ではなくきちいんとサロンでやってもらうことをおすすめします。

 

それじゃないと年とってからブツブツの汚い足になるから気を付けてね。

 

おばさんっぽい服装と言動に気を付けたい人はこちら

 

スポンサーリンク

コメントを残す