のどぬーるぬれマスクの効果は?再利用できる?手作りもできる!

1ec0a370788fbf193cd2d7214e001c09_m
のどぬーるぬれマスクが加湿マスク市場で1位だという。とても気になるけど、効果ってどのくらいあるのだろうか?

でも毎日使うとなると、高い買い物になる。再利用できるの?どうせなら作っちゃおう!ということで、手作りの仕方もご紹介します。

スポンサーリンク

のどぬーるぬれマスクの効果は?

大塚製薬の「のどぬーるぬれマスク」ですが、【加湿効果10時継続】というのが売りのようです。寝ている間に喉を潤すのが目的です。

この「のどぬーるぬれマスク」に限らず、ぬれマスクというのが就寝時にとても効果的です。

風邪のひきはじめや、花粉症、旅先のホテルなどの乾燥対策や飛行機内でも活躍してくれます。

まず風邪のウィルスですが、空気が乾燥していると繁殖しやすいのはご存じのとおりです。風邪だけではなく、インフルエンザなどもそうですね。

風邪ひいたかも?とか喉が痛くなった!と思う瞬間って、朝起きた時にそう感じることが多くないですか?

それは夜寝ている時は体の抵抗力が低下しています。よって鼻や口が乾燥していると、ウイルスが体内に入りやすくなっているのです。

就寝時にぬれマスクで、鼻や口を潤してあげればウイルスの侵入を防げるということです。

こちらの「のどぬーるぬれマスク」は、ただマスクに水分を与えるというのではなく、不快感を与えないようぬれすぎず適度に蒸発するなどの条件を満たすため、形状や含水量を何度も調整したそうです。

また、耳にあたる部分も不快感を与えない工夫など、いたるところに努力されているようです。

でもこちらの商品、3枚セットで安い時でも300円以上します。つまり1枚100円以上するということです。

使い捨てとありますし、たまにならいいですが毎日となると結構な痛い出費になりますよね。

のどぬーるぬれマスクは再利用できる?

商品の注意書きには、再利用できないと書いてあります。

が!!!

しますし、している方も多いようです。

マスク自体が使い捨てタイプのものなので、そう何回も使えるものではありませんが、中のパットを濡らして数回は使用してしまいます。

衛生的にどうのなのかはなんとも言い難いですが、マスクがよれてきたりうす汚れてきたりすれば変えるという感じです。3回くらいが目安です。

その際、【ヴェポラップ】をほんの少し塗るとさわやかなユーカリの香りがして好きです。

【ヴェポラップ】はご存じですか?せきの症状を緩和させる塗り薬ですが、ユーカリ油が主成分のようで「スーっ」とした感覚が心地いいです。私は昔からせきがでたら母が塗ってくれてた思い出があり、この香りだけで安心してしまいます。元々はイギリスの民間療法のようですよ。

スポンサーリンク

f8e7456b26d25c8bd84493233f443367_m

のどぬーるぬれマスクの手作りの仕方は?

もういっそ、自分で作っちゃえ!ということで作りました。

2つの方法があります。

① 使い捨てではない、昔ながらの【ガーゼマスク】を用意します。

そのマスクを3分の1のところで外側に折り、その部分をぬらして鼻にはかけないで
口だけにかけます。

ぬれた部分が蒸発して、鼻にも入るという仕組みですね。

② 使い捨てタイプのものを2枚用意します。

これはいたって簡単。2枚のマスクの間にぬらしたガーゼをはさめばいいだけです。

わたしはウエットティッシュをはさんでいます。その際も【ヴェポラップ】を少しぬ

るとさわやかな感じでいいですよ。(ほんの少しがポイントです。つけ過ぎると大変

なことになります。)

まとめ

就寝時の【ぬれマスク】がものすごく効果的で、のどの弱い方や風邪ひきやすい方などは、是非お試ししていただきたいです。

勿論お子様にも効果的なので、風邪やインフルエンザのはやる時期などに予防としての「ぬれマスク」はおすすめです。

のどぬーるぬれマスクは性能的に完璧ですが、コスト的に毎日大変な時は作ってみたりしながら、辛い時期をのりきりましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す