布団乾燥機ダニ対策で日立アッとドライ700を選んだ理由とレビュー

044385

ダニにかまれた!梅雨時期になると何故か私だけかまれる・・。

ダニには布団乾燥機が一番!ということで、徹底比較して購入し使ってみました。

スポンサーリンク

布団乾燥機を日立アッとドライ700にした理由

ヨドバシカメラに行ってきました!

当初は日経新聞などでも人気だと好評だったアイリスオーヤマのカラリエを買う予定でいました。

でも見に行くといろいろあって悩みます。

日立、PANASONIC、象印、シャープ。

IMG_5155IMG_5151IMG_5153

布団乾燥機を選ぶ時にまず初めに決めることは

 

【布団袋やマットを使うものにするか使わないものにするか?】ということのようです。

 

使うか使わないかという選択は【面倒】ということにつきるようです。

 

袋に布団を入れたりマットを敷いたりする手間、さらにそれをたたむのも結構面倒なようです。

ただ【ダニ】退治をしたいなら、袋などに入れて温風が逃げないようにするほうが効果的であるということです。

 

私の目的は【ダニ】だったので、かなり悩みました。

でも面倒くさがりの私は袋の出し入れなどを考えると、そのうち絶対に使わなくなるというのは自信があったのでここは効果が少し低くなっても袋なしを選ぶことにしました。

 

そうすると2016年で最新式のもので選ぶと

① 日立アッとドライ700

② アイリスオーヤマ カラリエFK-C1

③ 象印 スマートドライ RF-AB20

この3点が上がってきました。

 

他にもシャープなどもありましたが、布団乾燥機は日立か象印が人気が高いようなのでここまでしぼってみました。

価格は日立=象印>アイリス

日立と象印はさほど変わりませんね。

 

人気は日立>象印>アイリス

 

ここでアイリスだけあまりにもコンパクトなことに気づく。

アイリスの製品はこのコンパクトが売りだという。

W数も低く、外国人が旅館などに持っていくために買っていくケースも多いそうですよ。

ということで、家の中でしか使わないし効果的なほうが理想なのでアイリスは消える。

ということで日立か象印。

 

ここで一番の違いは日立の【3Dブロー方式】と温度。

 

象印は70℃以上がでます。日立は50度以上。

象印は50度にもできる低温コースもあるということで象印に軍配があがるも、日立の3Dブロー方式というのがすごい!

 

13か所の吹き出し口から上下左右に噴き出す仕組みというわけだ。

 

つまり【ダニ対策】として使う場合、日立は一度セットすればそのままで四隅まで温風が伝わるというものです。

象印は一方にしか温風が行かないため4回方向を変える必要があります。

 

これは大きいことです!

90分一回で4回変えるとあります。

 

いや、できないって・・・。

 

それだったらマットや袋のほうがまだましではないか。

他には衣類や靴乾燥などは両方ともできるので同じ。

また日立には2つのフィルターがついていて、アレル物質に効果があるようです。

 

ということで、日立のアッとドライ700を買いました!

 

 

布団乾燥機日立のアッとドライ700の感想

 

 

中身はこんな感じです。

IMG_5247

これが2つのフィルターです。

HEPAフィルターとアレルキャッチャーです。

IMG_5248デオドラント剤がついていました。

スズランの香りということで、ほんのりといい香りがします。

IMG_5250アタッチメントにとりつけます。

スポンサーリンク

IMG_5251靴乾燥用のアタッチメントです。

IMG_5252部品も簡素で少ないのも嬉しいです。

いろいろな部品が入っていても、結局使わずじまいということが多いので・・・。

 

 

布団乾燥機を使うのは実は初めてですが、使ってみてとにかく【簡単】だなと思いました。

 

ホースを布団の中に入れてスイッチを押すだけです。

毛布や羽毛布団などを温風がもれないように、きっちりかぶせるということくらいでしょうか。

 

気になったことは【音】。

他のものを使ったことがありませんので比較しようがないですが、それなりの音がします。

うるさいわけではないですがテレビのある部屋でかけていたら、テレビの音が聞こえづらいよね、程度です。

 

それから【温風の暑さ】

羽毛布団をしっかり覆いかぶせても、ホースと布団との間にできた隙間からもれてきます。

ですので部屋の中はもれた温風で暑くなります。

真夏だと結構きついかなとは思います。

逆に冬場などはダニ対策ではなく、布団の温めとして活躍しそうだなと思います。

 

布団だけでなく、ソファーなどにも使えました。

厚みがあるので裏表にやる手間がありますが、袋形式だとそれ用の大きい袋を購入しなくてはいけないので、こちらのほうが楽でいいと思います。

初めこんなんできちんと四隅までダニ退治できるか心配でしたが、ダニコースで120分
終えた後は布団は四隅までしっかりと熱くなっていました。

 

真夏のものすごく暑い日に布団を干した直後くらいの熱さになっていました。

熱くて触れないほどではないけど、ずっとはさわれない熱さですね。

直後にはしっかりと掃除機をかけるのを忘れずに。

 

ダニの死骸などを吸い込むこともアレルゲンの元ですからね。

布団やソファーなどとにかく真夏の日の布団干しと同じような感覚です。

フカフカとして、気持ちがいいです。

ダニも噛まれなくなったのでしっかりと退治できたようです。

布団乾燥機は必要?

布団乾燥機を初めて購入してみて、買って良かったと思います。

一家に一台くらい必要な家電ではないかと思いました。

 

布団やソファーをフカフカにするには布団乾燥機が最適ですし、梅雨時の洗濯物にも使えますね。

また子どもの靴などの乾燥にもいいと思いました。

子どもの靴ってサイズがコロコロ変わるうちは、そう何足も替えはないので雨に濡れたらどうしよう・・・と思うことが多いです。

でもこれがあればすぐ乾燥できていいですね。

 

布団干しなんかよりも効果的だということで、いままで重い布団を上げ下げしていたのはなんだったのかと思うほどです。

アトピーやダニアレルギーのある人がいる場合も必須ですよね。

日立にして大満足でした。

 

とにかく簡単ですし、効果もしっかりとでています。

これなら1週間に1,2回はできそうです。久しぶりにいい買い物ができたと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す