成人式に私立の中高一貫校組は行かない?行く必要や意味はあるの?

1e4a923c020dde5686c18fec5d67b8a8_m
成人式って、中高一貫を私立で過ごした子たちにとっては、友達もいないし行かなくてもいい?
行く必要ってある?

また成人式に行く意味ってなに?

行くか行かないか悩んでる人に、どうすればいいのかお話しします。

スポンサーリンク

成人式に私立中高一貫校組は行かない?

我が子も中高一貫校で地元の中学高校ではなかったため、【成人式は行かないよ】なんて言いだした。

 

なんとなく成人式は行くものだと思っていたから、親としてはびっくりでした。

人生の節目としてこれからの人生においても1度きりのことだし、晴れ着を着て社会に祝ってもらうのはいいことなんじゃないか、と思っていた。

それがまさかの

 

【行かないよ】宣言。

 

だって友達もいないし、誘われてもないんだもん、とのこと。

 

【ぼっち】になるだけだから、とのことである。

 

確かに成人式に行って、誰とも話さずに帰ってくるのは辛いかもなあとは思う。

変にハレの日の恰好をしているだけに、そのまま誰とも話さずに早々帰宅するというのも切ない話しというものだ。

 

親戚の子もほとんど私立中学出身なので、聞けばやはり行かなかったと言います。

地元の式には行かないけど、大学の友達と遊ぶとかそんな感じでした。

 

私立組のお友達も行かないと言っている子や、大学の友達と会うとか小学校の時の友達とつながってる子はそのまま行くとか
いろいろらしい。

 

でも私立の学校によっては、成人式を学校でやってくれるところもあるようですね。

そういうのもいいですよね。

成人式は行く必要はある?

5ae28ca760dccdfbc99c282f5ea6a968_m
行く必要があるかのか、ないのか?

 

それは個人的な意見でわかれるところだと思います。

でもほとんどが行っているものだと思っていたら、全国的にみて7割程度の出席率だといいます。

案外少ないのね、と思いました。

だって10人中3人は欠席してるんですから。

 

親の立場からしたら、【行っては欲しい】と思います。

 

なぜってそれは人生の節目として、親としても子どもの成長を祝いたいから。

そういう節目って大切で、なければ振り返った時に20歳の時の思いというのは記憶に残りづらくなると思うんですよね。

 

それは親にとっても同じことです。

 

振り返った時にそういう記憶に残るようなことがあると、

「あー、20歳の時は自分はああいうことを考えていたな」

とか記憶の中でふりかえることができる。

 

振り返りの材料として、【節目】というのは大切かなと思うんです。

 

また気持ち的にも大人だ、という意識が少しでも芽生えたらいいのかなと思います。

スポンサーリンク

まあそういう自分も成人式の時は、振袖着て懐かしい友達と会っておしゃべりをする、ことだけが目的でしたけどね。

 

でも今でもバタバタと朝から美容室に行ったり、振袖着せてもらったりした記憶はしっかりと残っていて、その時に自分はこんなことを考えていたな、とか背景に刻まれているので、それは今となっては大切な記憶の節目といえるでしょう。

 

はい、本当にあの頃はお子ちゃまでした。(今も?ですが)

 

例え友達がいなく淋しい思いをしたとしても、そのマイナスの感情は心に深く刻まれるのでそれはそれでいいのかな、と思います。

 

もしくは小学生の頃の懐かしの友達に会って、話しが盛り上がるかもしれないし、誘われるかもしれない。

でも行かなければその可能性はゼロにしかならないから。

 

ということで、子どもには【行った方がいいよ】から【行きなさい】に変わってきましたけど、もう20歳の男子ですから簡単に言うことは聞かないんでしょうけどね。

 

式自体の意味はそうないと思います。

だって議員さんやらが【君たちは今日から~】みたいな決まりきった話しを聞くだけです。

 

でも【行きたくなければ行かなくてもいいんじゃない】というものではなくて、【節目】として行った方がいいし、行くべきだと思います。

成人式の意味ってなに?

987eca87017b5f2fa265f89558d4724a_m

元をたどれば皇室の儀式からきているようです。

 

【元服】(げんぷく)と言って日本男子の成人の儀礼でした。それが民間に広まっていたということです。

 

今のような形の成人式になったのは、昭和21年からで敗戦直後の青年に夢、希望を持って生きて欲しいと言うことから始まったようです。

 

日本の成人は20歳ですが、世界的には18歳を成人とみなす国が7割以上ということです。

 

しかも成人になったことをお祝いしてくれる国は、日本以外にないといいます。

とてもありがたいことですよね。

 

でも毎年成人式の翌日流れる、派手な格好をしたり酔っぱらって乱れている青年の姿を見ると、日本は未来は大丈夫かなと

不安に思ったりもしますが、ごく一部なんでしょうね。

 

成人式というのは、【君たちは今日から大人になったんだから、頑張ってください】というような、励ましの式であるということです。

いまとなっては慣例化しているので、そういった意味合いよりも同窓会のような感じがありますよね。

 

また結婚式と同じで、親に【成人になりました】と見せるのも親孝行かなとも思います。

 

私は親として見て、感慨にふけりたいですね~。

 

<成人式の失敗あるある!美容室などで失敗しないためには、こちら>

まとめ

成人式で友達がいないから行きたくない、という気持ちはわかります。

でも地域の同い年が一気に集まると言うことは、この先二度とないでしょう。

そういった意味でも、場の雰囲気を感じてくるくらいの気持ちで出掛けてみてもいいのではないか、と思います。

そして【節目】を感じて欲しいなと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す