イケアのもみの木のお手入れ方法!長持ちさせる水やりや虫対策とは?

イケアのモミの木買ってみた!

2017年のイケアのクリスマスツリーの販売はいつなのか?

買ってみたけど、生のモミの木ってどうやって育てればいいの?

枯れさせないためにはどうすればいいのか?

イケアのクリスマスツリーの飾りつけのコツってあるの?

 

水やりの頻度や虫対策など、ikeaのクリスマスツリーを長持ちさせる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

イケアのクリスマスツリーの販売日はいつ?

イケアのクリスマスツリーって売り切れてしまたり、かっこいい木が見つからなかったりするので

販売日はチェックしておきたいものです。

 

さて2017年のクリスマスツリーの販売日はいつなんでしょうか?

 

でもまだ公式ページには発表されていませんね。

過去の記録から

2012年 11月14日(水)
2013年 11月22日(金)
2014年 11月20日(木)
2015年 11月19日(木)
2016年 12月 1日(木)

 

11月の第3木曜日が有力候補のようですね。

昨年は違いましたが。

ということでまだ予測ですが、2017年の11月の第3木曜日が16日ですが、まだ少し早い気がします。

次は23日ですが勤労感謝の日で祝日のため、混雑回避のために初日にはならないのかな、と。

 

あくまで予測ですが、

11月22日水曜日

11月30日木曜日

あたりを予想します。

 

近くなったらまた追記していきますね。

 

ちなみにイケアではクリスマスグッズ関係は10月の5日

から販売していますよ~。

 

イケアのモミの木を買って来たら

 

生のモミの木の香りにびっくりしている頃でしょうか。

やっぱり生のモミの木の香りはすごいですよね~。

 

一番最初にやることは、虫対策!

ベランダなどでモミの木に水をかけてあげてください。

 

見えなくてもクモや小さい虫がついていることがあります。

部屋に置いたら奥からちいさな虫が出てきた!なんてこもありますので、初めに洗い流してあげることが大切です。

 

ちなみにこのモミの木、国産だって知ってました?

てっきり海外からの輸入品だと思っていたんですが、以前は検疫でひっかかって以来国産になったんだとか。

群馬県から、という話しを小耳にはさみましたよ(店舗によって違うのもしれませんが)

 

水をかけてきれいにしたら、今度は直射日光のかからないところで乾かしておきます。

水分が落ちたら、今度は切り口のところをカットします。

1,2センチあたりをばっさりと切ります。

 

できたらバケツなどの中でやると【水切り】といって長持ちさせる方法なのですが、難しいようでしたらスタンドに水をためておきカットしたらすぐに入れてあげればいいでしょう。

この時斜めにカットしてあげると、水をすう面積が広くなっていいでしょう。

 

あとは余分な枝などをカットして形よく整えます。

お水には延命剤などを入れておくと、長持ちしますよ。

イケアのモミの木のお手入れ方法

カットされているので、切り花と同じような感覚でいいと思います。

 

ただしモミの木は温度と湿度に弱いので買ってすぐにリビングなどの温かい場所に置いてしまうと、クリスマスまでには枯れてしまうおそれがあります。

クリスマスまで元気な青々とした色でほしいなら、暖房などを常に使っていない玄関などの場所に置いておくといいでしょう。

 

クリスマス近くになったらリビングなどの飾りたい場所に移動するといいです。

また乾燥に弱いので、霧吹きなどで毎日湿らせておいてあげることが大切です。

 

オーナメントに差し支えない程度にしめらせてあげておくといいでしょう。

 

またお水は毎日かえてあげましょう。

というのもバクテリアが増殖してしまい水を吸い上げることが困難になってしまうので、毎日かえてあげるのが理想です。

 

また折をみて切り口を1センチ程度カットしてあげると、表面についたバクテリアも除去できて長持ちさせる秘訣となります。

カットしたらすぐにお水につけてあげることが大切です。

イケアのモミの木の飾りつけのコツ

生のモミの木は枝がしなってしまうので、飾りつけが大変だと思います。

あまり重いものはつけられないと思います。

 

クリスマスツリーの飾りつけは順番が大切です。

① 電飾、ライトを初めに飾ります。

その時ライトは上から下へまいていきます

 

② オーナメントは大きいものからつけていくと、ちぐはぐにならないです。

初めに大きいオーナメントをバランスを考えながらつけていきます。

イケアのクリスマスツリーの場合、トップに星をつけるのが難しい木があるかもしれません。

 

トップが長すぎる場合は、少しカットすると星がつけやすくなるかと思います。

 

③ リボンやチェーンなどがあれば、大きいオーナメントの間にまいていきます

 

④ そして小さいオーナメントをすき間に入れていくと、全体のバランスよくクリスマスツリーがまとまります。

 

イケアのクリスマスツリーのまとめ

生のモミの木なので、いつもとは違う新鮮なクリスマスツリーが味わえますが、

お手入れや掃除が大変です。

とにかく葉っぱ?が落ちるんです(>_<)

枯れさせないよう、楽しいクリスマスをお送りください。

スポンサーリンク

コメントを残す