もり山のからあげの再現レシピ!究極の唐揚のコツはあれ!

009

もり山のからあげを再現レシピをテレビでやっていたので、
試してみたら、いままでのどんなからあげよりも美味しく
できました。

再現レシピというより、からあげの究極レシピのできあがりです。

まさにさくっとジューシー。

これはテッパンレシピでしょう。

スポンサーリンク

もり山のからあげのレシピの材料は?

【材料】(4人前)

・鶏もも肉  500g

・片栗粉

・コーンスターチ

【下味用材料】

・塩

・黒こしょう

・ごま油

・一味唐辛子

【究極の塩だれ材料】

・にんにく(すりおろし)  大1

・しょうが(すりおろし) 小1

・りんご (すりおろし)  小1

・パイナップルジュース 大1

・酒     大1

・はちみつ  大1

(砂糖でもオッケー)

・オイスターソース  大1(これは私が個人的に入れました)

上記のレシピで作ったら、少し味が薄かったので
オイスターソースを加えたらさらに美味しくできました。

また、醤油 、はちみつ、 お酢を同じ割合で割り、
フライパンで少し煮立たせたソースをかけても
また違った美味しい甘辛からあげのできあがりです。

もり山の究極からあげのレシピ

【下味】

① 鶏肉の脂肪の部分などをとりのぞき

一口大にする。

② 鶏肉にをもりこむ

③ 下味の材料を加え、冷蔵庫で時間ねかせておく

④ 塩だれの材料をビニール袋に入れ、ねかせた鶏肉

を入れもみこむ。

冷蔵庫で時間ほどねかせる。

⑤ 片栗粉とコーンスターチを4:1の割合で混ぜ合わせ、

ザルなどで粉をふるう。

⇒ 粉はなるべく薄くつけたほうが、からっと仕上がる。

スポンサーリンク

あとは揚げるだけ。(塩だれがこげやすいので注意してください)

揚げる時に途中網で2回すくって、空気にふれさせると
二度揚げ効果があります。

これでさくっとジューシーなからあげのできあがりです。

もり山のからあげの再現レシピのポイント

① すりおろしりんごとパイナップルジュース

004
お肉をやわらかくする働きがあります。

これに関して、私は塩麹とたまねぎのすりおろし
は別々にためしたことはありました。

この2点もお肉をやわらくする働きがありますが、
今回のりんごとパイナップルは、それ以上の効果
があって、驚きでした。

② 粉をざるでふるう

008

これに関しては、いままで粉はたっぷりつけたほうが
美味しいと思っていたので、「えー」と思いつつの
チャレンジでした。

それがびっくり!
本当にさっくりしていて、CMのような「さくっ」という音
が聞こえたくらいですから。

③ 下味の段階で4時間おく

さらに塩だれで2時間おく

この工程がお肉に味をしっかり馴染ませ、
やわらくする秘訣かな、とも思いました。

④ 個人的には、砂糖の代わりははちみつ

とオイスターソースを加えるのがポイントです。

まとめ

今回のレシピは自宅でできるからあげとしては、
かなり美味しくできました。

いま、からあげなどはできあいのものがたくさん売られて
いますが、からあげは下味さえつけておけば揚げるだけなので、
簡単にお店の味が出来上がることと思います。

究極のからあげのレシピだと思います。

お試しあれ!!!

スポンサーリンク

コメントを残す