しらこばと水上公園で赤ちゃんとの楽しみ方は?必需品の持ち物は?

f22de65811003d110f359b18cc3cca31_m

埼玉県越谷市にある「しらこばと水上公園」

夏休み、困ったらここ!と我が家の定番でした。

我が家からは車で1時間ほどかかりますが、

県営のため安い!

とにかく広い!

いろいろなプールがある!

赤ちゃんから大人まで楽しめる!

1日中いられる!

というわけで、「どこか連れていけ~~~」オーラがくると、

「そうだ!しらこばとに行こう」

しらこばとなら、何回行っても子どもも喜んでくれるというわけです。

情報を入れずに行ってしまい失敗した経験から、

これを持って行った方がいいよ、とかあれを用意していったほうがいいよ、などのアドバイスをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

しらこばと水上公園で赤ちゃんと楽しむ方法は?オムツは?

 

オムツは水遊びようのオムツをしていれば、オッケーです。

小さい赤ちゃんがちゃぽちゃぽできるプールもいろいろとあり、充分楽しめますよ。

さざなみプールは波がきて人気ですね。

波うちぎわで赤ちゃんとお母さんとで遊んでいるのをよく見かけます。

幼児用のプールもあります。

他には流れるプールで赤ちゃん用の浮き輪に乗せて、親子で流れるというのもありですね。

しらこばと水上公園で赤ちゃんと行く時の持ち物は?

ここは県営で安いだけあって、特別なものはありません。

攻略法としては、とにかく持ち物を充実させることです。

ポイント1 セブンなどでチケットを購入していきましょう。

これは案外知られていないのか、チケット売り場にずらっと人が並んでいます。

コンビニで予め購入していかれることは、絶対です!

そのまま列を横目に入れます。

ポイント2 レジャーシート、テントも必須!

ここは少し木が植えられている場所もありますが、基本芝生やコンクリートで炎天下。

レジャーシートとテントを持っていかないと、休憩時に辛いことになります。

それから荷物置き場にもなりますね。

パパの休憩場にもなります。

ポイント3 飲み物、食べ物は最低限でいい

スポンサーリンク

でも飲み物も食べ物もそれほど高くはなく、売られています。

食べ物もいろいろ種類があります(美味しいかは別ですが)

食べ物、飲み物は最低限でもいいかもしれませんね。

*たくさん持って行った時は、子どもは売られているポテトや焼きそばを食べたがり、結局大量に余ってしまった経験あり。

ポイント4 浮き輪やボールなどの遊び道具

赤ちゃんを連れて行かれる方は、赤ちゃん用の浮き輪。

兄弟など上のお子さんがいる方は、その子ようの浮き輪。

大人もあるといいです。

浮き輪は売っていますが、高いです。

100均でもいいので持って行かないと全然楽しめません。

さざなみプールでの醍醐味は、浮き輪で浮きながら波に乗る、というところです。

流れるプールもひたすら泳ぐところではないですよね。

自動の空気入れも無料で何台かありますので、ボートなど大きいものも大丈夫ですよ。

(並びますが)

プールの更衣室の床が汚くて気になる方はこちら

しらこばと水上公園の混雑状況は?感想は?

県営で、安いので、家族連れが多いです。

そしてとっても混んでいます。

流れるプールなんてイモ洗い状態です。

でも広いですし、いろいろなプールがあって、スライダーも大人が充分楽しめる長さです。

とにかく1日中いられて、家族それぞれ楽しめます。

ただ広い分、赤ちゃんと年のちかい兄弟と一緒だと目がはなせないですね。

パパやだれかもう一人大人がいないと大変かと思われます。

子どもが一人でも遊べるのは、テントをはった場所に一人でも帰ってこられるくらいに子でないと迷子になります。

大人もよくわからなくなるくらいですから。

スライダーは結構楽しいですよ^^

長いものと短いものがあります。

ここのスライダーは、すべるとお尻の部分にスライダーの色が着いてしまうことがあるので、お気に入りの水着で行かないほうがいいですよ。
(落ちない)

よくプールに行ってサンダル履きの足だけ日焼けしていた!とか髪の毛の分かれ目だけ焼けちゃった!とかありませんか?飲む日焼け止めがおすすめですよ。

まとめ

しらこばと水上公園のプールは多少遠くても家族で行くならとてもおすすめです。

お子さんも日焼け対策をして、楽しい夏の思い出を作ってくださいね。

大人用の水着のスパッツなるものがあるのを、ここで知りました。

足まで焼けてしまうので、スパッツは必需品だなと早速買いましたよ。

ちなみに我が家は帰り道にある、ロジャースに立ち寄って激安品を買うことも楽しみの一つになっています。

それぞれの帰り道での楽しみを見つけるのもいいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す