ジェルネイルで爪が薄くなった!ボロボロに傷んだのを治す方法

ジェルネイルで爪がペラペラで薄くなった!

ジェルネイルってやっぱり爪を痛めてしまうようで、はがれたところを見ると爪がものすごく薄くなってボロボロに傷んでる!

しかも爪はさけて割れてしまうし二枚爪に!!!

 

はがれた後ってまるで刃物みたいな薄さなんですよね。

このままでは楽しみだったジェルネイルができない!と爪を健康にする方法をいろいろと試みてみました。

スポンサーリンク

ジェルネイルで爪が薄くなった

 

ジェルネイルに出逢ってから人に指先を見せるのがとても楽しくなったんですけどね。

 

はがすと爪の先がこんな感じになってしまいました(-“-)

 

でも元々爪は弱い方だったのですが、ジェルネイルがはがれた後の爪が薄くてボロボロに傷んでるしフニャフニャだしで、すぐにはネイルできない感じになってしまうんです(;O;)

 

ジェルネイルをすることによって

・爪が薄くなる

・折れやすくなる

・爪がフニャフニャになる

・爪が割れる

・グリーンネイルになる

爪とネイルの間に水が入って緑膿菌が発生してしまい、爪が緑色に染まってしまうこと

 

 

といろいろとデメリットがあります。

 

ジェルネイルで爪が薄くなる原因は?

 

ジェル自体が悪いというよりもジェルのオフが良くないことが多いようです。

ジェルネイルのオフはアセトンなのですが、このアセトンは爪や皮膚を乾燥させてしまい、爪にダメージを与えやすいものです。

負担がかかるので月に1回程度の使用がのぞましいです。

 

他には爪の表面を削るサンディングですが、サンディングのやりすぎで自爪が薄くなってしまいます。

サンディングはネイリストでも上手な人でないと自爪まで削ってしまうことも多く、サンディングのやりすぎが原因のことが多いようです。

 

そもそも爪って第二の皮膚と呼ばれ、爪の色や形などでその人の健康状態がわかるといいます。

爪は皮膚を守るために皮膚の一部が固くなってできたもので、タンパク質が変化したケラチンというもので作られています。

 

爪も体同様に良質のたんぱく質を必要として、でも体の一番端にあるので十分に栄養が行きわたりづらいのです。

 

ジェルネイルで爪が痛むのを治す方法は?

 

爪って実は死んだ細胞だってことを知っていますか?

 

(´・ω`・)エッ?

 

って思われた方、私も同じです。

通っているネイリストさんに教えてもらったんですが、爪として生えてきている部分はもう死んでいるんです。

髪の毛もそうですよ。

 

よく爪に塗って爪を健康にするものとか売られていますよね?

でもあれってあまり意味がないんだとか。

 

だって爪自体は死んでるから。

 

死んでいるものに栄養たっぷりの食事を与えても生き返ることはないですよね?

ということです。

 

あっ、髪の毛のトリートメントというもの実はそれほど意味はないんですよね。

 

つまり髪自体も死んでいるから。

 

ただ表面的にサラサラにはなります。

 

でも一時的です。

 

美容室でトリートメントしても、数日で元通りになりませんか?

髪の内部に栄養分が行きわたって、髪の毛が健康になることなんてあり得ない!ということです。

 

担当の美容師さんがボソッと言っていました。

 

イメージ的にはそんな感じですけどね。

そして美容師もそんな感じですすめてきますからね。

トリートメントはもうかるそうです^^

 

ただ全く効果がないということではなく、【修復】はできないけど、

【保護】はできるということらしいですよ。

 

爪も同じです。

ボロボロになった爪を修復して蘇らせることは不可能ですが、

保護してこれ以上傷つかないようにすることは可能ということです。

 

またジェルネイルを楽しみたいので、ネイリストの方に相談したら

ネイリストの多くが使っているのがOPIオーピーアイ だそうです。

 

傷んだ爪を保護するだけでなく、補修してくれて乾燥や外敵ダメージから守ってくれるものです。

これは使い続けて強い爪にしていくというものですね。

 

実際これだけでも艶がでるのでジェルネイルをお休みしているときは、これだけでも十分きれいな爪を楽しめます。

 

追記

 

さらにいろいろな色も出ましたよ~。

 

 

OPIなどで保護する必要もあります。
でもはえてくる爪自体を強くしたい!

強い爪で永遠にネイルし続けたい!

 

じゃあどうすればいいか?

 

爪に必要な栄養分をきちんと体内で摂ってあげることが大切なんです。

 

つまりは結局は体内から健康で栄養をバランスよく摂ることがとても大切だということです。

 

爪というのは【ケラチン】というアミノ酸で作られています。

 

ですのでケラチンを多く含む良質なタンパク質をバランスよく摂ることで、爪まで栄養がいきわたることができるのです。

 

爪のために積極的に摂ったほうがいい食べ物は

 

「タンパク質」と「ビタミン」と「亜鉛」

 

ビタミンや亜鉛はタンパク質の吸収を助けてくれる働きがあるので、是非とも一緒に捕りたい成分なんですね。

・大豆食品

・乳製品

・青魚

・ビタミンA.B

鶏レバー、ホウレンソウ、豚肉、たらこ、卵など

 

 

これらの食品をなるべく積極的に摂るようにしました。

 

ニラレバと冷ややっことか煮魚と豚汁とかいわゆる定食みたいなレシピで、多くの食品をバランスよく摂るように頑張ったんです。

 

でもなかなか続かなくて。。。。

 

さらにいろいろ食べようと思っていたら、、体重もぷらす3キロになってしまって爪は健康になっても見た目がよろしくなくなるのはちょっと。。。と思っていたらネイリストの方にサプリを教えてもらったんです。

 

というのもネイリストの人って毎回違うネイルにしてて、聞くと1、2週間で変えてしまうというわりには爪トラブルは特にないというので聞いてみたら専用のサプリ「Nailly」というサプリを飲んでいるんだそうです。

 

 

 

シリカという成分が爪を健康的にする栄養素としてとても優れているようですね。

 

しかもこのシリカって爪だけではなくて、にもとてもいいということで知られています。

 

シリカというのは人間にとって必要なミネラルで、骨や血管などのいろいろな部分に関係しています。

 

組織と組織を束ねる役割をもったミネラルなんです。

 

だから爪や髪の組織はシリカによって束ねられ、切れ毛や割れ爪などを防いでくれます。

 

 

シリカ不足の人はまずは爪をみろ!とも言われていますね。

 

そして髪!

 

パサパサで艶の亡くなった髪はシリカ不足だともいわれています。

 

髪や爪にとって重要なシリカですが、食事から摂ることは中々難しいようです。

だからこのようなサプリやシリカ水などから摂っている人が多いようです。

 

 

シリカの重要さは爪がボロボロになってみて気づいたのですが、髪やお肌にもいいということでシリカ水も飲むようになりました。

 

これ霧島天然水【のむシリカ】

 

シリカ水もいろいろありますけど、このシリカ水は天然水なんですよ。

 

医科歯科大の藤田教授も天然水でここまでシリカの含有量の多さに驚いて、

おすみつきとのこと。

 

霧島でとれるお水なんですが、シリカの配分量が驚異的に多くてこうして販売されているとのことです。

 

お肌や体にもいいサルフェートやマグネシウムなどのミネラルも豊富で、

なにより天然水というところが副作用の心配もなくいいところだなと。

 

ペットボトル買うのと変わらない価格なので、箱買いして外に出るときに1本持って行っていってます。



 

爪を健康にするシリカを飲んでみた結果

爪は薄くなっていたのでさらにネイルできなく、ネイルしないままでとにかくネイリーとシリカ水を摂っていました。

 

ボロボロになった爪先はもちろんカットしました。

 

何度も言いますが爪って一度ダメージをうけると、死んでいますから薄くなったり割れたりした爪が

修復することはないですよ。

 

でも驚いたのが、2週間くらいしてから新しく生えてきた爪がきれいなピンク色をしていて、いままでの爪との差にびっくりしました。

しかも爪自体も厚くなっている感じですし、いつも伸ばすと爪先が割れてしまうことが多かったのですが、

爪先が割れることがなくなりました。

 

生えてくる爪の色が違ってきますよ。

 

 

また髪の毛!

 

シリカって本当に爪や髪の毛にとって大切なミネラルなんだなと思い知らされましたよ。

 

私の髪はパサついてうねうねしていたので縮毛矯正していたんですが、先日美容室に行ったら

矯正しなくてもいいと言われました。

 

爪や髪で悩んでいる方はまずはシリカ不足を疑って、サプリでも水でも1か月飲んでみるといいですよ。

 

 

どうでもいい話ですが、日本にネイルを広めた第一人者って
モデルの平子理沙さんのお母様だって知ってました?

 

しかもすごくかっこいいんですよ。

 

私は平子理沙さんよりもお母さまの素敵さにグッときました。

いくつになってもこうしてかっこよくいられる努力ができる女性って
本当に憧れます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す