70代の母に贈るプレゼント!実際に喜ばれたものと失敗したもの

70代のお母さんの誕生日プレゼント何がいいの?

はあーー。

お誕生日も毎年のことなのであげつくした感じがあるので困ってます。

エプロン、花束、旅行、温泉、スカーフ、洋服、バック。。。。

 

しかもね。

 

お母さんといっても義母のほうのお義母さんは特に悩みますよね~。

自分の母親だったら好きなものはなんとなくわかるし、なんなら直接

「欲しいものとかある?」とかって聞けるんですけど。

といっても「なにもいらんよ」って言われますが。

 

あげつくしてきた私が実際とても喜んでもらえたプレゼントをご紹介しちゃいます!

スポンサーリンク

70代の母へのプレゼントで喜ばれるものとは?

70代ってとても微妙なお年頃なんです。

60代の頃ははつらつとしていたのに、ここのところちょっとお疲れみたいな感じで(・.・;)

正直欲しいものも特になさそうなんですよね。

 

でもいくつになっても女性は女性なんです!

 

おしゃれとか興味なさそうに見える母親でも、きれいなブローチやスカーフをあげれば顔がパッと輝くものなんですよ^^

でもスカーフを絶対にまかない生活をしているような女性にスカーフをあげてもタンスのこやしになるだけですからね。

 

そうそう、男の子友達が亡くなった母親のタンスを整理していたら、自分がいままであげてきたプレゼントがごっそり箱ごとでてきたなんて話ししていました。

大事にとっていて使えなかったのか、趣味に合わなかったかのどちらかだと思うんですけど、ね。

 

でも女性は気に入れば絶対に使うとは思うので。。。

 

70代の女性が喜ぶプレゼントなんて一口には言えないです。

それぞれの趣味とか背景とか持っているものとかいろいろ考えないといけないですから。

 

花屋さんのお母さんにどんなに素敵なお花贈ったとしても、「売るほどあるわ!」って言われるだけですしね。

確かに。

 

いままでいろいろなものを贈ってきた私が、値段もお手頃なのに喜んでもらえたものをまずは紹介します。

 

・名入れマグカップ

 

これね。

定番っぽいけどいままでなんとなくスルーしてしまっていたんです。

 

というのもプレゼントというとデパートに探しに行っていたので、5,6時間くらい歩き回って無難なバックとか日傘とかを買って無難に喜んでもらっていたんです。

↑大抵の人がそうではないですか?

 

しかもバックとかスカーフとかの趣味のものって身に着けてくれたことが一度しかないという。

「これ使ってるわよ~」と見せるための一回ね。

多分その後はタンスのこやしだろうなあ~と。

 

でもこの名入れマグカップって注文して日数がかかるけど、この特別感が年配の方には好評です。

しかも名入れマグカップもいろいろありますが、このデザインのマグカップは年配の方の心をつかむようですよ。

 

キラキラときれいに光る感じが素敵ですし、木箱に入ってこんなお手頃な価格に見えないところもいいです^^

 

包装もかわいいですよ。

これは年配の方には喜んでもらえるので、ご近所でお世話になった方とかの我が家の定番になりつつあります。

というのは母は毎日お茶を飲むので、その時自分の名前だったり「おかあさん」とか言う文字が入ったものって特別感があるんでしょうね。

アラフォーの私にはまだその感覚がわからないけど、母のお友達が来たときに

 

「これ娘からのプレゼント^^」

 

とか嬉しそうに話しているのを見た時良かったなと。

毎日手にするものなのでいいとおすすめです。

 

 

 

また孫などが小さい場合は孫が描いた絵などのプリントしたものなども喜ばれますよ。

こういったものは敬老の日に贈って喜ばれてました。

 

70代になってもう欲しいものも特になさそうなお母さんにはもってこいのプレゼントだと思います。

 

・ポシェット

 

斜めがけにできるポシェットは実用的で喜ばれましたよ。

これも盲点でバックといえば手にするバックという考えしかなかったんですけど、年配の方を見渡してみても斜めがけにするポシェットをかけている方多いです。

両手があいて便利なんでしょうね。

 

ここで選ぶポイントです。

 

お母さんが持っているバックの大きさはどのくらいですか?

その大きさで買うポシェットの大きさを選んでみてください。

そしてとにかくナイロン製などの軽めのもの

 

年配むけに実用性に富んだポシェットってけっこう売られています。

70代になるとバックはとにかく軽めのものが好まれるようです。

 

またポシェットはいろいろ持っていそうな場合は、軽めのリュックなども喜ばれます。

 

私の母もそうですがとにかく小旅行で1泊程度でしょっちゅう旅行しています。

でも案外リュックって持っていなかったりするんですよね。

 

1泊程度の荷物が入るくらいの大きさで、軽めのものをプレゼントしたときは

「これが欲しかった!」と喜んでくれましたよ。

 

欲しいものなんてないと言ってたくせに。。。

 

ポシェットもリュックもマグカップもたくさん持っている!という物はいらないだろうというお母さんには

 

・一緒に観劇する

 

お母さんの好きそうなお芝居などのチケットをとって一緒に観に行くのも喜ばれます。

劇団四季のミュージカルは興味がない方でも楽しめますよ。

またシルクドソレイが来ている時なら、おすすめですよ。

考えなしにただきれいですごいの連発ですから。

 

ちなみに私の母は薪能とかが好きなので、一緒に観ました。

うなぎ食べて帰ってきましたけど。

 

観劇で好みがなさそうな場合はバス旅行などもおすすめです。

日帰りのバス旅行などだと気軽に行けますからね。

 

バス旅行とかよく行くお母さんには、バス旅行用に作られたリュックなんかもいいですね。

 

・一緒に食事する

観劇やバス旅行までの予算はないという方には、とりあえず一緒に食事をするのが一番喜ばれます。

 

そして手作りでもてなすのが最高なようです(面倒ですが。。)

年配になると外で食べるのがおっくうになるようですよ。

 

家でゆっくり手料理でもてなされるのが最高の御馳走なんだとか。

どんなにいいレストランに連れて行っても、それほど喜んでもらえてないのが実感です。

 

丸ビルにある「モナリザ」という高級レストランに連れて行った時も

来るだけで疲れてしまったようであまり喜ばれなかった気がします。

お料理は美味しくて素敵なんですけどね~。

家に招待したりお母さんの家に行ったりして食事の用意をしてあげると、本当に喜んでもらえます。

なによりゆっくりと落ち着けるのが一番なようですね。

 

70代の方の気持ちには中々寄り添えないですが、いろいろ体にもガタがきたり精神的にも寂しくなったりしている時だなと思います。

多分自分が少し具合が悪い時、例えば風邪のひきはじめのような感じを想像するとわかりやすいようです。

 

その時の自分に置き換えると、外でどんな美味しい御馳走とか食べたいとか思わないな、と。

家でゆっくりと誰かに作ってもらった温かいものを食べたいな、と。

 

そんな感じかなと思っています。

 

でも細々といろいろ作るのも大変だと思います。

そんな時は

・寿司

・すきやき

・しゃぶしゃぶ

・鍋

・かにしゃぶ

 

などがおすすめです。

 

特に一押しなのがかにしゃぶ!

お母さんの誕生日には我が家の鉄板になってるんですが、かにしゃぶはいいですよ~。

年配のあまり食べられない方でも美味しく食べることができますし、野菜も摂れますしね。

もちろんかに雑炊でしめますけど。

 

ちなみによくカニ食べ放題とかのバス旅行とかありますよね。あの参加者って高齢者の方が多いそうですよ。

カニ好きなんですよ。

 

ちなみに高齢者の好きな食べ物ランキングでは

1 お刺身

2 寿司

3 野菜の煮物

 

なっています。

 

お寿司、刺身は鉄板でお祝いはどこのご家庭でもお寿司が並ぶかともいます。

我が家も考え無しに寿司なら間違いない!とどんな時もお寿司を頼んでいましたが、

そんなお寿司や刺身メニューに飽きてきた方には蟹は目新しくでおすすめです。

 

実際かにしゃぶにしたらかなり盛り上がりました(´▽`*)

カニってなんかテンションあがりますよね。

 

カニって言ってもスーパーなどで売られているカニはあまり美味しくないですよね。

北海道出身の主人もうならせたカニが通販で買えるので、我が家はかに本舗というところで頼んでいます。

 

お手頃でたくさん入って、そして最高に美味しいですよ。

魚やさんも太鼓判のカニらしいです。

通販ではランキング1位ですね。

そして高齢者の好きな食べ物ランキングに入っている煮物を作ってあげるのがポイントです。

年配の方って煮物好きですよね。

薄味に仕上げた煮物が喜ばれます。

 

サラダなどはあまり食べてくれませんけど、煮物はよく食べてくれますよ(´▽`*)

70代の母へのプレゼントで失敗したものは?

さすがにプレゼントも毎回考えてくると喜んでもらえるツボがわかるようになりましたけど、そこに至るまでにはたくさんの失敗を経てきました。

ちょっと紹介しますね。

 

つまりは

 

相手のことを全く考えてないプレゼント!

なんですけど、ね。

 

・バラの花束100本

なんでこんなのを贈ったのか自分でもよくわからないんですが、100本のバラを贈ろう!とかいう文句をどこかで見かけてこれだ!って。

100本のバラってかなりの量になるんです(ーー゛)

 

キングカズばりに抱えて持っていったんですけど、渡したときの困惑顔がいまでも脳裏にやきついています。。。

お義母さんの一言

 

「これどうすればいいかね。。。」

 

この時( ゚д゚)ハッ!としました。

これだけの花飾るところがない!って!

しかも花瓶も大きいものがない!

 

バケツの中で100本のバラは朽ち果てて行きましたよ。。。。

しかもお義母さんは刺で怪我するしで散々でした。

 

・高級マカロン

これも人によるかもしれないんですけどマカロンが流行り始めた頃に、1個500円くらいする高級なマカロンを10個買っていたんですが。。。。

正直そこまで高いとは思ってくれてなかったようで。

 

マカロン10個ってかなり小さくまとめられるから、なんかケチったなみたいな感じになってしまって。

貧相なプレゼントみたいになって。

 

こういうものは流行に敏感でスイーツが好きな人にあげてこそのものだと実感したできごとでした。

 

・大皿の食器

 

二人暮らしなのに大皿のお皿をプレゼントしてしまいました(>_<)

デパートでの迷走あるあるかと思いますがこれでもないあれでもないと彷徨っていると、だんだん目的から離れてきてしまって、予算に見合うものを選んだ結果こうなってしまった感じです。

 

その大皿は地域のバザーで出品されていましたけど。

 

・皮のバック

 

皮製の重たいバックを贈ったことがあります。

年配の方には皮のバックは重たすぎるようです。。。

 

その他にも使っているのをみたことがないようなものを贈ってきました。

喜ばれないプレゼントって選ぶ時に、「とりあえず」と思って予算内でなんとか取り繕負うと思って選んでしまったものばかりだなと。

 

相手のことは全く考えていないんですよね。

 

それか自分の趣味を押し付けているか。

そういえば新宿のケンズカフェのガトーショコラも並んで買ったな。

 

これは有名で自分も食べてみたかったから並んで買ったんですが、考えてみたらお義母さんチョコ苦手でした。。。

 

プレゼントは相手のことを考えて身に着けているものとかを観察したり、休みの日にどう過ごしているのかをリサーチしたりして背景を考えてあげると案外簡単に喜ばれ

「これほしかったのよ~」と言ってもらえるものが見つけられるかと思いますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す