美容室のトリートメントが高い!うざいと思った時の断り方があった!

美容室のトリートメントって効果あるの?

美容室に行くと毎回すすめられるトリートメント!

しかもカットで5000円で安いと思って行ったのに、5000円のトリートメントすすめてくるってどうなってんの?!

 

やたらヘアケア商品すすめてくる美容室もあるし、値段が3段階になっているトリートメントの一番高いものすすめてきたりするし、

 

でも断れない。。。

 

美容室での毎回いろいろすすめられるのにうざいと感じているあなたに

上手な断り方みつけちゃいました!

スポンサーリンク

美容室でのトリートメントが高い!

美容院のトリートメントってなんですか?あれは?!

 

トリートメント込でカットとセットって書いてあったのに、いろいろと説明されて「じゃあお願いします」、と言った後に

 

「トリートメントですが。。。」とか言って何段階にもなっている料金表みたいなものを見せてきますからね。

 

しかもカットとセットで〇円!

 

とか安い価格をうたっているところに限って、トリートメントで責めてくるところが多いです(-“-)

 

先日いつもの美容師さんがお休みだったので、たまには別のところの美容室にと思ってホットペッパーで探して初めて行った美容室があまりにもひどかったんです。

どうせすぐいつもの美容室に行くからと、安いところを探して行ったんですけどね。

カットとセットとトリートメントで5000円とかいうところ。

 

 

すすめられたトリートメントが5000円でした(-“-)

 

3段階になっていて髪が痛んでいるからこのトリートメントがおすすめですよ、って何度も。

 

イケメンロンゲのお兄さんが私の髪を触りながら

 

「このくらい傷んでいるとこのくらいしてあげないと仕上がりが不安です」

 

とか言われたら

 

「じゃ、じゃあお願いしま。。。す」

 

ってなりますよね?

 

さらにはヘッドスパまですすめてきて、さすがに断りましたけどね。

帰り際にはヘアケア製品まですすめてきました。

 

で消費税込みでカットで10800円を支払ってきて、なんだか腑に落ちないと。

 

確かに仕上がった後に

 

「さわってみてください」とか言われて触ってみると

 

つやつやさらさらにはなっていはいるけど、でもわかっているんです!

 

さらさらつやつやの効果って続かないって。。。

 

これが1か月くらいさらさらつやつやだったらいいんですよ!

お金って価値があるかないかですよね?

費用対効果っていうか。

 

5000円払って2,3日だけのシンデレラ効果だとしたら私は

 

いらない、んです!

 

だって明日オーディションがあるわけでも、デートの約束があるわけでもないから

 

でも断れないんですよね(-“-)

 

美容室ってそういう雰囲気があります。

キラキラでおしゃれな空間でちょっとイケメンなお兄さんに

こちらがおすすめですよ

 

とか言われたら、ね(;^ω^)

 

腑に落ちない私はいつもお願いしている美容師の友達に愚痴ると、美容室の真実を聴くことができました。

 

トリートメントは営業なんですって(まあわかってはいたけど)

 

特にカットで〇円!とか安く謳っているところは、追加でトリートメントとかしないとわりに合わないんだそうです。

しかもトリートメントの場合は正直つけるだけなので、技術もいらなくそのまま売り上げになるのですすめるように言われているみたいです。

 

またお店によってはその売り上げがその人の営業成績になるので、執拗にすすめて来るところも多いとか。

 

で、ここで思うのが

 

美容室のトリートメントって効果あるの?

ってことです。

美容師さんが言うように

 

・髪が生き返ります

 

とか

 

・髪に栄養分を浸透させて蘇らせる

 

とか言うのが本当ならばやる価値はあるのかなとも思いますけど、でもいままで幾度となくトリートメントやってきても効果ってその日だけだったりします。

 

翌日髪を洗って乾かしたら、

 

あれ?いつもの髪質に戻ってる。。。みたいな。

 

でもそのとおりなんですって。

 

トリートメントして髪の毛が生き返るなんてことはないみたいです。

 

だって

 

髪の毛って死滅細胞でできていて、簡単にいうともう死んでいます。

 

死んだ細胞でできていて、つまり繊維でできた衣服みたいなものです。

なので表面的にいくら栄養を与えようとも生き返ることはできないのです。

 

トリートメントで髪がつやつやになるのはなぜ?

 

でもトリートメントすると髪っていい感じになりますよね?

 

美容室でもこれみよがしに

「ほらさわってみてください!」

とか言われますから。

 

 

トリートメントは表面をコーティングしている状態のことをいいます。

表面をコーティングしているのでしたときは艶々になるというわけなんですね。

 

洋服とおなじことなんですよ。

 

衣服もただ洗濯しただけではゴワゴワになります。

だから柔軟剤でやわらかくしっとりさせてあげるわけです。

 

つまり美容室でもトリートメントは高いけどその場の仕上がりがしっとりとサラサラにしたい人はやる価値があるけど、高いと感じる人はやらなくてもいいというわけ。

 

でも美容室のトリートメントは全部が効果がないというわけではなく、パーマやカラーなど髪にダメージを与える施術をするときに、やる前にしてあげると髪を傷めにくくするという効果もあるトリートメントもあるとのことです。

 

何度もいいますが、髪は一度傷んでしまっては元に戻すことはできません。

 

ですのでダメージの強い施術の前に処理剤をする必要はあるのです。

 

美容師さんもやみくもにすすめている人ばかりでもなく、その人の髪をいかに傷めないために必要なトリートメントをすすめてくる人もいるようですので、そのあたりはお財布と相談して検討する余地はありそうですね。

 

ただ、このパーマの前処理としても処理剤ですが、効果的にはあまり感じないそうです。

 

というのもパーマなどのダメージを軽減する目的は果たせても、以前よりもよくなることはないわけです。

 

つまりやってみてもダメージの強い施術をしたら、以前よりも少なからずは髪は悪くなっているわけです。

 

トリートメントは施術した後は効果は目に見えてわかります。

 

つまりお客さんの満足度は高価なトリートメントの方が高いわけです。

 

前処理にお金出しても効果がないと言われるよりも、トリートメントで一時の満足感を与える方が美容室にとってもいいわけですからね。

このあたりは私たちお客が知識として持っておくべきことなんでしょうね。

 

前処理をしていないでパーマなどをしてきた髪はどんどんボロボロになっていき、ずっと効果なトリートメントをすすめられることになっていくというわけですから。

 

料金が高く設定されている美容室などは前処理などは予め含まれているところが多いみたいですよ。

 

つまり美容室も安かろう、悪かろうみたいなところがあって、適正価格というものもあるということ。

あまり安い価格設定のところはそれなりなところもあっって、いろいろすすめられて結局他よりも高くついた

ということにもなりかねないといったかんじです。

スポンサーリンク

美容室のトリートメントの断り方

そこで毎回毎回断り続けてもトリートメントやら、ヘッドスパやら、ヘアケアやらをすすめてくる美容室にうんざりしているあなた!

 

うんざりしつつも断れなく、結局美容室ジプシーになっているという方も多いようです。

 

思っていた値段よりもはるかに高くなるのが美容室ですからね。

行きつけの美容室ができないと、行くところ行くところでいろいろすすめられてしまって結局高くなってしまった、ということが多いのでしょう。

 

なんでしょうね。

 

美容室って気の弱い者にとっては断れない何かがあります。

 

スーパーで試食したのに断れても、美容室ではなんだか断れなかったりします(-“-)

 

思うに美容室って異空間だからだと思います。

なんかおしゃれでかっこいい人が多いですよね。

 

美容室で出される雑誌から抜け出したような人たちがやたら丁寧に

 

「お痒い所ございませんか~」とか髪洗いながら話しかけてきたり
(お痒いところって。。。。)

「ひざ掛け必要とされますか~」とか

「新しい雑誌お持ちしますか~」とかなんとか。

 

とにかく至りれりつくせりな感じで、きれいになるところなんだからお金のこととか考えてはいけない雰囲気が

ありますからね。

 

余談ですがに美容室で必ず聞かれる

 

「この後はどこか行かれるんですか?」の質問。

 

いやまっすぐ帰って家事しなくちゃいけませんけど?って思います。

 

でもなんとなく「まっすぐ帰る」とか言えないかっこつけの私は

 

「買い物して帰ろうかなと」とか言いますが、実際はスーパーですけどね(´▽`*)

 

それはさておき、

付加価値はたくさんついてるんだろな、とは思います。

 

だから断れない!

 

いつもは薬局で1000円でワックス買っている私でも美容室で2500円のワックスをすすめられたら、

 

「じゃあひとつ。。」とか言ってしまいますから。

 

そんな気弱な人はどやって断ったらいいのか?

 

「気に入ったトリートメントがあるので、美容室ではしていないんです」

 

この断り方が場の空気も壊さないしお金がないようにも思われないし、スマートな断り方でおすすめです。

 

その後につっこまれることもあるかもしれません。

 

「何のトリートメント使ってるんですか?」とか

 

そうしたら

 

「友達が美容なので会ったときにやってもらっているトリートメントがあるんです」

 

これでばっちりですよ。

 

あとは友達に任せているのでよくわからないです、とかなんとか言えばそれ以上は言ってきません。

友達に美容師がいるということでトリートメントをすすめる裏事情も知っているなとわかるので、余計なヘアケアもすすめられる心配もないでしょう。

 

それでもいろいろすすめてくる美容師があれば、全てはその架空の友達に任せているというようなことにしてしまいましょう。

 

よく使ってしまう断り方として

 

・時間がないので

 

これはすぐ終わるので大丈夫ですよ、などと言われ押し切られることが多いのでやめておきましょう。

 

・お金がないので

 

正直お金がないと言えばこれ以上すすめてくることはないので、一番簡単な方法です。

でもこれを読んでくれている方はそれが言えない人だと思います。

 

またお金がないと言うと、その下の段階の安いトリートメントをすすめてくる美容師もいたりもします。

そこを断るとどの後の空気が悪くなる可能性もあるのでこれはおすすめしません。

 

でもマイナビのアンケートで美容院でトリートメントをする人の割合って

 

3割くらいなんですよ。

する……29.3%
しない……70.7%

 

意外と少ないんですね。

だから自信をもって断って大丈夫ですよ^^

 

髪をつやつやさらさらにするには?

 

美容室で効果なトリートメントしても一時的につやつやサラサラになるというだけ。

 

髪はもう死んでしまっている細胞だから、傷んでしまったものを復活することはできないというわけ。

 

でもね

 

美容師の友達曰く、だからこそ髪に必要なのはシャンプーだといいます。

つまり髪をこれ以上傷めないようにすることが必要だというわけ。

 

先に髪は衣服と同じように繊維のようなものと言いましたが、衣服も傷んでしまっては傷んでしまったものをよみがえらせることはできないですよね。

だから洋服などは大切に扱うわけです。

 

上等な服ほど家で洗わないでクリーニングに出したり、やたら洗わないようにしたりとしますよね。

 

同じことです。

 

髪もとにかく傷まないようにすること。

が大切。

 

そして髪を最も痛めているのがシャンプーです。

 

洗浄力の強いもので洗っていては髪の表面がはがれてパサパサになって艶がなくなってしまいます。

トリートメントよりも実は日常のシャンプーの見直しがとても大切だといいます。

 

トリートメントにお金かけるなら、その分倍以上の値段かけてシャンプーを買ったほうがいいといいます。

 

シャンプーは髪の成分にちかいアミノ酸系で良質なものが原則だそうですよ。

 

では何がいいのか?ってことですがアミノ酸系のシャンプーもたくさん出ていますが本物のアミノ酸系のシャンプーを選ぶことがポイントです。

 

ちなみに私はharu黒髪スカルプ・プロというシャンプーを美容師の友達にすすめられて使っていますがとても調子がいいです。

 

なぜharuがいいのかということについては後ほどお話しします。

 

ちなみにこのシャンプーはリンスもトリートメントもいらなくて、これだけでもしっとりとサラサラになるんですよ。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す