ダウンジャケットを家で洗ってみた。洗濯不可表示を洗う方法

237822
ダウンジャケットでブランドもので選択不可の表示のものを

洗濯機で洗ってみました。

いままで毎年クリーニングに出していましたが、

そろそろくたびれてきたし、おかしくなってもいいかな、と

思い切って自宅で洗いました。

これが思いの外きれいにふかふかに仕上がり

大満足。

洗濯不可表示のダウンジャケットを家で洗う方法

をご紹介します。

スポンサーリンク

ダウンジャケットを家で洗う注意点

① レザー、フェイクレザーのものは洗えません。

② 羊毛(ウール)素材のものは洗えません。

③ おしゃれ着洗い用中性洗剤を使う

④ 帽子などについてるフェザーは取り外しができたら

外す。

⑤ 乾燥機を使う。

⑥ お天気のいい日に行う。

注意:全ての水洗い不可のもののダウンが洗えるというわけでは

もちろんありません。

お気に入りのものやまだ新しいものは自己責任でお願いします。

あくまで私のダウンが成功した、という話ですので参考までに

お聞きいただけたらと思います。

ダウンジャケットの水洗い不可表示のものを洗ってみた

010
こちらのダウンは水洗い不可表示のため、毎年クリーニングに出していました。
003
最初はブランドで高かったし、2000円ちかくするクリーニング代も

仕方ないと出していましたがそろそろ買い換えてもいいかな、と思い

思い切って家で洗ってみました。

① 帽子についてるフェザーは取り外す。

(クリーニングに出す時も外してください、と言われていました)

② ぬるま湯につけて、押し洗いをしました。
013

③ 特に汚れのひどい手首などの汚れは念入りに洗います。

④ 表面がつるつるのものが多いダウンですが、
014

汚れのひどいところは【げきおちくん】を使うと

とてもよく落ちます。

⑤ 洗濯機で洗うので、そのままだと洗濯槽のなかで浮いてしまうため

016
タオルでしばっておきます。それをネットに入れます。

スポンサーリンク

⑥ 洗濯機のドライコースで洗います。

エマールなどの中性洗剤を使用。

柔軟剤も入れます。

⑦ 脱水してそのまま干すと、中のダウンが寄ったり、

濡れた羽毛が乾く時に輪じみになったりしてしまいます。

乾燥機を使うとふんわりと仕上がります。

この時乾燥しているバスタオルを一緒に入れると

乾燥時間が短縮されます。

* ダウンジャケットの種類によっては、熱に弱いもの

もあるのでここは慎重に取り扱ってください。

低温で10分ずつくらい様子をみるといいと思います。

ちなみに私はブランドもののダウンでしたが、間違えても良かったので

30分乾燥機にかけて、干しましたがふんわり感が足りなかったので

さらに30分乾燥機にかけたら、ものすごくふんわりしました。

(3枚のダウンで)

袖口など黒ずんでいたところはかなり落ちました。

002

乾燥機がついてない洗濯機の場合はコインランドリーを使ってください。

 

011

ちなみにこちらの普段使いのダウンも洗いました。

こちらは子どものギャップとフォーエヴァー21で買った数千円の安物なので、

いままでもふつうに洗濯機で洗っていました。

このくらいのものはなんでもなくきれいに洗えますよ。

こちらは帽子にフェザーがついてますが、取り外しができないので、

そのまま洗ってしまっても大丈夫です。

こちらは洗濯機にかけただけですが、
きれいになりました。

写真だとわかりにくいですが、かなりきれいになりましたよ。
001

ダウンジャケットを洗う頻度は?

ある統計ではコートに関しては7割ちかい人がワンシーズン洗わない

ということです。

たしかにコートやダウンはよほど汚れなければワンシーズンは洗わないですよね。

使用頻度にもよりますが、時々使用のダウンならワンシーズンに1回でいいそうです。

使用頻度の高いものは、ワンシーズンに2回というのが理想のようです。

埃や排気ガスなどで汚れていないと思っても、汚れは積み重なっています。

放置しておくと、汚れは落ちにくくなり「うす汚れた」感じになってしまいます。

年中洗うと生地も痛みますので、ワンシーズンに2回程度洗うのがベストのようですね。

編集後記

今回水洗い不可のダウンが自宅できれいになって本当に良かったです。

しかもクリーニングよりもきれいに仕上がりますよ。

水洗い不可という表示はもしかしたら帽子のフェザーのせいかな、とも

思いますが絶対にだめにしたくない!というものでなければ試してみられると

案外大丈夫かなとも思います。

ポイントは洗濯機の前のげきおちくんでの洗いと乾燥機だと思います。

ふんわりきれいになるといいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す