みかんの白い筋や皮には美容栄養素が!さらに外皮で洗剤作り!

49923ac4e3e67cd725e5c7c99194b549_m
肌寒くなってくると、みかんの季節だなって思います。
まさか皮や白い筋などをきれいにむいて食べている人
はいますか?

この皮や白い筋の栄養が半端なくて、しかも美容効果が
ものすごいので、是非むかないでそのまま食べてください。

どんな効果があるのか、また外側のオレンジ色の皮は
どのよう利用方法があるのか、みかんを余すことなく
活用できるお話しをそていきます。

スポンサーリンク

みかんの白い筋や皮の栄養は?

みかんをむくと現れる白い筋や実の薄皮には、
たっぷりの食物繊維が含まれます。

白い筋はみかんの中で栄養を運ぶ管です。
つまり血管の役割をもっています。

この白い筋の栄養素がすごい!
ビタミンPが断トツで、これはポリフェノールの
1種です。

ポリフェノールといえば、美容の代表格のような
栄養素ですが、食物繊維が豊富なのはもちろんのこと、
中性脂肪を分解する働きまであるんです。

つまりダイエットにも効果あり、ということです。
cb6a293e233eb92c22955cfc33d54f71_m
しかも食べ物には何かと何かを一緒に食べると、
さらに栄養価がアップすることがありますが、
この
ビタミンPはビタミンCと一緒にとると血圧の上昇を
抑制する効果もあります。

ビタミンCというのは、果肉にたっぷり含まれているので
白い筋はむかずにそのまま「ぱくっと」が一番です。

薄皮も(正式名称「アルべド」といいますが)
同様にビタミンP、食物繊維が豊富です。

みかんの外皮の活用は?

みかんは中の薄皮ごとぱくり!が美容にも健康にもいいみたいだけど、
外の皮はさすがに、ね。
なんて、実は外の皮も食べられるんです。

スポンサーリンク

「陳皮」という言葉は聞いたことありませんか?
漢方にも使われますが、まさにみかんの皮を
乾燥させてものです。

しかもいままでさんざんみかんの中身の栄養価の高さ
について話してきましたが、外皮はなんと中身の
3倍もの栄養価があります。

さらに中身は身体を冷やす部類に入りますが、
外の皮は身体を温める部類に入るんです。

でもね。

無農薬のみかんでなければ、農薬やワックスなど
気になるところです。
無農薬のみかんを食べている方は是非皮までぱくりを。

質より量の我が家は掃除で使います。
これがものすごい威力なんです。
市販の油汚れを落とす洗剤なんかよりも
ずっときれいに落ちるので、冬場は大活躍ですよ。

みかんの皮で洗剤を作ろう!

キッチンまわりの油汚れに最適の

【みかんスプレーの作り方】

① みかんの皮がたまったら、鍋に入れて10分ほど
煮込みます。

② 冷めたらザルなどで濾してスプレーなどにうつしてできあがり!

★ 重曹があれば、1本のスプレーに対して大さじ1くらいを
加えればさらに効果アップします。

これはシンクまわりの油汚れや、フローリングの艶出し、
かがみなどもものすごくぴかぴかになります。

柑橘系のさわやかな香りもリラックス効果ありで、
掃除も楽しくなりますよ。
f550f134b34bbc6991930070ab8b9550_m
子どももこのスプレーを持たすと、かがみとかきれい
にしてくれます^^

とにかく天然ものなので、安全だしびっくりするくらい
キッチンまわりがきれいになります。

みかんの時期が冬場ですし、年末のお掃除に大活躍してくれますね。

まとめ

みかんは余すところなく、食べて健康美人に。
さらにみかんの皮洗剤で、家じゅうぴかぴかに
してしまいましょう。

みかんが大好きなので、最後まで感謝の意を込めて
使い切ってます。

スポンサーリンク

コメントを残す