小学生の自由研究は工場見学で決まり!レポートを書くポイント

夏休みの宿題で親が一番頭を悩ますのが自由研究です。

子どもに自由に研究しろったって、なにをどうすればいいのかなんてわからないのも当然。

一般的なお母さんに、「ツバメの巣」の料理を今晩作って、とか言われるのと同じくらい

どこで買えるのか、どうやって調理するのか皆目見当つかないのと同じくらいだ(本当?)

自由研究をするのにはポイントがあることに気づきました。

私もここを押さえていなかった時は、子どもと科学館や実験教室とかさまざまなイベント行くにも、レポートにまとめるのがただの日記みたいになってしまい、夏休み明けの保護者会で、教室の後にそれぞれ飾ってあるのを見ては肩身の狭い思いでした。

でも大丈夫。

ポイントさえつかめば、たったの1日つきあっただけのことが、ちゃんと自由研究のレポートになりますよ。

ツバメの巣だって…違うか^^

小学生の自由研究は工場見学に決まり!

a0fceb3b7e77192c5c9b6e8ef4bb5262_mいま全国津々浦々さまざまな工場見学がありますね。

工場見学って、小学生の自由研究を進めるにあたって最適なんです。

ただなんとなく連れて行って、写真を撮ってでは自由研究としてはお粗末になってしまいます。

そこで行く前の少しのポイントで、ぐっと自由研究らしくなります。

① どこの工場見学に行くか話し合う。

ポイント1.どうしてそこに行きたいのか?

何を知りたいのか?

何に興味を持ったのか?

② 行く前にそのことに関して何かを調べる。

ポイント2.ネットでも本でもいいです。

食品なら、スーパーでどんなものがあるのか調べてみたでもいいです。

事前の準備として、調べるなり、見たりするなりについて少しまとめておきます。

③ 行ってみて、事前に自分で調べたことなどとつなぎ合わせる。

ポイント3.ここで調べてきたことと、脳内でつながるためより印象深いものになります。

どこに行ったのか?何県のどこにいついったか、だれと、などを詳しく書く。

写真は子どもに撮らせるといいでしょう。

④ わかったこと、興味をもっていたことが実はどんなだったかを書く。

⑤ 感想

まとめ

1、はじめに、興味をもったこと、何が知りたいのか
2、準備したこと
3、工場見学の内容、どんなながれでできているのか
4、わかったこと
5、感想や反省など
そして、さらにプラスしたいのが、

今回調べたことを実践する。

例えば食品だったら、同じようなものを自分で作るとか。

工場見学どこがお勧め?

工場も全国にいろいろあって、ここがいい!といわれても遠い地方だったりしたら行くだけでも大変です。

旅行の旅先で工場見学してもいいですね。

そこは親御さんが連れて行かれる範囲内で、お子さんに選択させてあげるといいでしょう。

私としたら、食品関係がお勧めです。

キッコ―マンの醤油工場は良かったですよ^^

スポンサーリンク

おせんべいを醤油につけながら自分で焼くという体験もあったりしますし、お土産もたくさんもらえたし^^

身近でとっかかりがいいですし、なにより醤油に関する食事を家に帰って作れるという、かなり内容の濃いレポートになるでしょう。

横浜の崎陽軒もおすすめ。

こちらも見てきて、家で同じような工程でシュウマイをつくったりできます。

何を入れたら一番美味しかったか、とかでもたくさんレポートかけますね。21f6c0d6802c6a82aa45987885b55564_m

工場見学して、自由研究のレポートにするポイント

先に書いたポイントの1~5までのことを、低学年だったらお母さんが予めわかりやすい言葉で質問形式にして書いておく。

★ どうして、あなたはここに行きたいと思いましたか?
どんなところに興味がありましたか?

★ 行くために何を調べましたか?
何を準備しましたか?

★ 工場見学で何をみましたか?
一番印象に残っているのはなんですか?
工場見学の内容を教えて下さい。

★ わかったことはなんですか?

なるほど~と思ったことはなんですか?

★ 行ってみてどう思いましたか?

どう感じましたか?

★ 行ってみて、家で何を作りたいと思いましたか?

このあたりの質問事項を書いて、お子さんに書かせてあげてください。

これだけでも、あとは行った写真などを貼ったり絵を書いたりすれば立派な自由研究になりますよ。

復習

1、はじめに、興味をもったこと、何が知りたいのか
2、準備したこと
3、工場見学の内容、どんなながれでできているのか
4、わかったこと
5、感想や反省など
そして、さらにプラスしたいのが、

今回調べたことを実践する。

例えば食品だったら、同じようなものを自分で作るとか。

そしてこれらを、

1 新聞形式にするのか

2 レポート用紙にまとめるのか

3 紙芝居形式も面白いかも

このあたりの選択をお子さんに与えて、あとは見守ってあげるといいですよ。

まとめ

自由研究は、いまやお母さんの宿題になりつつありますね。

私の時は親が関与するなんて思いもよりませんでしたけどね。

友達となんだかんだやった記憶があります。

自由研究の親の務めは、道筋をつけてあげることだと思います。

手をだすことではなく、より子どもが考えやすい環境や道筋作りによって

子どもに考えさせる場を与えてあげてください。

時々、ひとりでも考えて行動出来る子もいますが、そうでない子のほうが多いです。

提出することばかり考えて、これでいいんじゃない?と適当に一緒にやったりしてすますのはやめましょう。

あと、あなたの宿題でしょ!お母さん関係ないから!と突き放すのもどうかと思います。

子育てもあっという間です。

一緒に自由研究について工場見学したりできる機会も今くらいですよ。

親子の時間も楽しみつつ、いい自由研究のレポート完成させて下さいね。

スポンサーリンク

コメントを残す