ミラノコレクションの使い方!ファンデなしで最高に合う下地はこれ!

ミラノコレクションの使い方って?

ミラノコレクションのあのケースの素敵さに心を奪われ、思わず買ってしまったけれど、

「これって一体どうやって使うの?」という方が多いようです。

 

しかも使ってみると顔が真っ白になってしまって、どうやって使うのが正解なのかわからない人が多いみたいですね。

 

私も最初はそうでした。

 

自己流でつけてみても顔が変に真っ白になるばかりで、高いわりに使えないなと思って暫くそのままになっていたこともありました。

でも美容部員の方に聞いたり、エステティシャンの友達に聞いたりして、いろいろ試してみたらこれ以上素晴らしいパウダーはない!と、ずっとミラノコレクションはリピしています。

 

・ミラノコレクションってパウダーだからファンデーションの上につけるの?

・ミラノコレクションはファンデなしで下地だけでもオッケーなの?

というか、

・ミラノコレクションに合う下地ってなに?

いろいろ試してたどり着いたミラノコレクションの使い方をご紹介しちゃいます。

ミラノコレクションの使い方!

 

 

ミラノコレクションの使い方の基本としては、パフに3回ほどくるくるとミラコレをつけたら

毛穴を埋め込むように下から上へとパフを押さえつけていきます。

 

毛穴をうめこむように下から上に押さえこむのが基本です。

 

ブラシを使う場合

 

ブラシを使う場合は、トントンと毛穴を埋め込むように使います。

明るく見せたい場所にはクルクルとブラシを軽くまわしてつけるといいでしょう。

 

目の下やおでこなどをクルクルとミラコレをつけると、顔色がパッと明るくなるのでおすすめです。

 

 

ミラノコレクションはファンデなしでもいける?

最初ミラノコレクションをパウダーだと思っていたので、普段のファンデなどをつけた後のベースメイクにミラノコレクションをはたいていました。

 

すると

 

顔がまっしろ(;゚Д゚)

 

そう、まるでバカ殿みたいに顔だけ白く浮いてしまうんですよね。

なんか全然よくないじゃん、これ(-“-)

とか思っていました。

 

ミラノコレクションはファンデつけない方がいいですよ。

 

下地をしっかりとつけてミラノコレクションをつければ、本当に真綿のようなお肌になります。

ナチュラルな感じで肌に透明感がでるので、本当に理想的な仕上がりになりますよ。

 

ただこの時下地がとても大切になります。

ミラノコレクションに合う下地は?

ミラコレに合う下地を追い求めてきてようやく出逢った方法です。

 

・化粧崩れしない化粧下地(長時間メイクしている時や夏場の暑い時使う)

・BB、CCクリーム

アテニアスキンレタッチャー(顔色を明るく見せたいとき)

 

 

最後にミラコレ

これでバッチリと透明感のある綾瀬はるかの肌になります。近づきます(*^^)v

 

ミラノコレクションに合うBBCCクリームとは?

 

ミラノコレクションに合う下地はズバリ

BBクリームかccクリームです。

 

化粧くずれしにくい化粧下地は、汗をかきやすい時期とかメイク時間の長い時などに使うといいでしょう。

 

ちなみに化粧崩れしにくいもので有名なマキアージュとセザンヌを使っていますが、

正直価格がずっと安いセザンヌで十分です。

マキアージュとそれほど変わりありません。

 

セザンヌのこの化粧下地は有名なわりに、売られているところが少ないですよね。

私はもっぱらこちらで購入しています。

コスパは最高ですよね(*^^)v

 

ただ毎回化粧下地を使ってBBクリームを塗ると、少し重たくなってしまいます。

 

いきなりBB、CCクリームを使って大丈夫です。

 

リキッドファンデとかパウダーファンデとか、コンシーラーとかいろいろ試しましたけど、一番簡単できれいにまとまるのがBBクリームかCCクリームでした。

 

本当にBBクリームって最高です!(*^^)v

 

というのもBBクリーム1本で日焼けどめ、コンシーラー、ファンデ、美容液などが1本にまとまっているものですが

BBクリームって昔はやっていた頃に使っていた人は(私も)イメージ悪い方多いようですね。

 

というのも韓国のお土産でもらったりしていたBBクリームって、ベタツクし塗ってもドーランみたいな仕上がりで全然自然な感じにならなかった人多かったですよね。

 

毛穴にもBBクリームが入り込んで、ただでさえ毛穴の広がりが気になるところにBBクリームが入ってしまって目立ってしまうんですよね。

 

とにかく使えなかった印象がありましたけど、いまBBクリームってとっても優秀できれいな仕上がりになるものがとっても多いです。

BBクリームってもともとは皮膚の炎症を抑えて、外部からの刺激から肌を守るために作られたものなんです。

 

「BB」の意味ってBlemish Balmの頭文字で、「傷」と「軟膏」の意味をもちます。

 

というのも整形ブームの韓国で刺激を受けた肌を守る目的で作られたものようです。

 

それが肌をいたわる役割をもちつつ、日焼け止め、コンシーラー、ファンデといったベースメイクの機能をあわせもった万能下地なんですね。

なのでBBクリームを使うと重く感じる人もいるようですね。

 

CCクリームというものもあって、こちらは「カラーコントロール」の意味で色むら補正やファンデの成分などが配合されているものが多いですね。

 

ただBBクリームもCCクリームのメーカーによって、使用感が全く違ってきたりもするので合うものを使うのが一番です。

BBクリームかCCクリームか、どちらを選択するかはその方のお肌の状態と、なりたい肌質で決められるといいと思います。

 

簡単にいうとBBクリームとCCクリームの違いって

 

「軽さ」です。

 

BBクリームは肌が赤い人やシミなどが気になる方などには、しっかりとカバーしてくれます。

ただその分重く感じることが多いです。

 

CCクリームはそこまでのカバー力はないまでも、肌質を明るくして軽く自然な感じにしてくれます。

最初に使ったのはBBとCCのいいところを取ったBBCCクリームを使いました。

 

ラウディのクリームはBBとCCのいいところを取った感じで気に入って暫く使っていました。

 

その後今使っているものは

 

米肌CCクリームです。

 

お肌の状態によってシミやくすみが気になる方はBBクリームのほうがいいです。

コンシーラーのような役割もあるので、しっかりとカバーしてくれます。

 

ただそれほど肌のシミなどが気にならない場合は、CCクリームで顔全体を明るくしてあげるといいでしょう。

 

CCクリームもいろいろありますが、米肌のCCクリームは最高です。

 

まず、米肌のラインナップということでしっかり美容成分が配合されています。

米ぬか酵素分解エキス米発酵液ハトムギ発酵液

 

と保湿にこだわった成分がしっかりと配合されています。

なのでつけていてもお肌が乾燥してくることもなくいつまでもしっとりとしています。

 

大きな特徴としては、国内最高レベルのSPF50PA++++

の紫外線カット率です。

 

毛穴ロックポリマーも入っているので毛穴の開きを抑えてくれますし、皮脂吸着パウダーによって1日中毛穴崩れを防いでくれます。

 

 

とにかく使用感はとっても軽いのに、BBクリームのようなカバー力があるんです。

 

 

左から

 

・米肌CCクリーム

・アテニアBBクリーム

・ラウディBBCCクリーム

・アテニアスキンレタッチャー

 

 

 

のばすとこんな感じです。

 

写真だとわかりにくいですが、米肌のCCクリームは肌にのせるととっても軽いんですよね。

それでもしっかりとくすみなどをカバーしてくれているんです。

 

そこにミラコレをのせると、とっても透明感のあるお肌に仕上げてくれます。

 

私のおすすめ米肌クリームの公式ページはこちらをご参考ください

↓↓↓



 

 

ところで。。。

 

美的GRANDの編集長の天野佳代子さんってご存じですか?

 

おきれいな方ですけど、な、なんと!

還暦越えの61歳なんですよ。

 

マツコ会議に出演したときにもあまりの若さにマツコもびっくりしていたそうです。

 

この時に【10歳若く見えるという天野流メイク術】を紹介されていたんですが、

メイクは光とツヤをうまく活用するということで、江原堂のパールホワイトの下地を紹介されていました。

 

江原堂のパールホワイトって本当に神だと思うんですけど、顔にツヤ感がない時とかくすんでみえるときなんかにBBクリームの下につけたりすると、一気に顔が華やぎます。

 

江原堂のパールホワイトを使ったことがないという方は、☆江原堂のお試しセット☆の中にパールホワイトの下地が入っていてお得に試すことができます。

 

こんなに入ってきます。

江原堂は多くの美容家さんたちたちがおすすめしている化粧品で、もし使ったことがない方は一度試してみられるといいですよ。

こっそり入ってるこのパフも優れものなんですよ。

 

しかもいまだけこのお試しセットに1000円引きのチケットが入っているので、実質無料みたいな感じでお試しできるお得情報です( *´艸`)

 

江原堂のモイスチャーファンデなんかは外出時の化粧直しの時に使ったりもできるのでいいですよ。

コメントを残す