子どもの手足の皮むける!それ、水虫じゃないかもしれません

子どもの手足の皮がむける!

 

IMG_5550
我が子がまだ幼稚園生の頃、手足の皮がむけてきました。↑

まさか!水虫?

と大急ぎで皮膚科に行くと、あっさり

「水虫ですね」

と言われました。

 

まだ幼稚園生の子が水虫なんて、家族にもいないし、

とお医者さんに聞くと、「子どもでもなりますよ」

とのことでした。

原因を探ると、スイミングに通っていたので

それか・・・と思いました。

それから言われた通りに薬を塗り続け、2年間。

あまりにも治らないので、別の病院に行くと、水虫ではありませんでした。

 

子どもの手足の皮むけた場合、どうすればいいのか

お話ししていきます。

スポンサーリンク

子どもの手足の皮むける!水虫じゃなかった

 

我が子の場合、手足の皮がすごく剥け始め、まさかと思いつつ

皮膚科に行ったら「水虫」。

 

家族もなってないのに、一番小さい子が水虫なんて、

と思うつつも2年間あまり毎晩たっぷりと処方された薬
(ニゾナールクリーム)

を塗り続けていました。

 

でもなかなかよくならないどころか、なんだかひどくなっていくんです。

手足は大きく剥けた皮でいつもぼろぼろ。

 

タオルやバスマットなどを別にしていても、このままじゃ家族もうつるだろうなあと覚悟していたものの

誰もうつらなかったんです。

 

最初のころこそ毎回バスマットを変えたり、といろいろ気を使いましたが

もう移ってもいいや、とばかりほとんど気にしなくなりました。

 

ソファーには子どもが遊びながら手足の皮をむいたものが落ちていたりすることも・・・

 

お医者さんは「水虫は長くかかるものだから」

1年、2年は当たり前と。

 

皮膚科では水虫の薬でもメーカーを変えたりして、とにかく水虫の薬を塗り続けました。

 

でもあまりに治らないし、しかも家族のだれにもうつらないのでおかしいなと思って他の病院にいくと

「汗疱だね(かんぽう)」
だねと。

 

えーーー!水虫じゃなかったの?!

 

なんでも赤いぽつぽつができているので、これは汗疱だ、と言われました。

 

治療法はというと

 

とにかくいまの水虫の薬をやめること(・o・)

 

そして保湿剤をいただきました。

 

いままで水虫だと思い込んでいた私は青天の霹靂!

 

疑いつつ、薬を辞めてみました。

そして保湿剤を塗りました。

 

その結果・・・

 

みるみる良くなりました。(´▽`*)

 

いままでなんだったんだ、と思うくらい。

スポンサーリンク

 

水虫と汗疱の違いは似すぎててわかりにくいそうです。

もし、水虫と言われてなかなか治らない場合は、別の病院に行かれるといいと思いますよ。

 

子どもの水虫と汗疱の違いは?

 

汗疱と言っても聞き慣れない言葉かもしれませんが、水虫との違いは

 

汗疱には菌がないこと、です。

 

皮膚科で顕微鏡で検査してもらえば、一目瞭然です。

 

水虫菌はカビ菌が原因ですが、汗疱は自分の汗が原因です。

我が子の場合赤いぽつぽつした湿疹が見られ、これも特徴だ、と言われました。

 

汗疱は痒みも伴いますし、見た目は水虫とほとんど同じだそうです。

 

皮膚科でも顕微鏡で検査しないところも多いので、申し出てみるといいかもしれませんね。

 

子どもの汗疱の治療法は?

 

汗が原因ですので、あまり汗をかかないようにすることです。

 

といっても子どもですからそういうわけにもいかず、

汗をかいたら洗い流し清潔に心掛けるようにすればいいのです。

 

あとは病院で尿素入り保湿剤や抗アレルギー薬などが処方されますので、

 

清潔⇒保湿

 

でよくなってきます。

 

あと使う石鹸などはなるべく刺激の少ないものを使うといいそうです。

 

我が家は【ナーブルスソープ】を使うようにしています。

知る人ぞ知る石鹸ですね。

 

歴史はとても古く、評判も高いものだったのに日本にはまだ売られていなかったのですが、

昨年から日本でも売られるようになったと話題になった石鹸です。

 

この石鹸は無添加オーガニック石鹸で、国際オーガニック認証の最高機関である、フランスの エコサート(ECOCERT)により「オーガニックコスメティ クス認証」

と受けている凄い石鹸なのに、コスパがとてもよくてちゃっかり私の洗顔石鹸にも使っています(*^^)v

 

なかなかいい石鹸に出逢ていない方は使ってみるといいですよ。



 

<その後子どもの手の皮むけがひどくなってしまったのを治した方法と対策はこちら>

 

こんなにひどくなってしまいました。➡

まとめ

 

水虫と汗疱のように、違いがわかりづらいものがあるということを

知っておきましょう。

そもそも汗疱という言葉は、私は初めて聞きましたが。

2年以上も効かない薬を塗り続けた我が子は可哀相だったな、と

思っています。

もし、なかなか治らない水虫の場合、汗疱かもしれませんよ。

スポンサーリンク

コメントを残す