インフルエンザの予防接種は中学受験生は必要?いつが最適?

インフルエンザの予防接種って中学受験生はしたほうがいい?


中学受験生をもつ親御さんたちは、これからの時期になると成績よりも怖いのが病気です。

 

特に【インフルエンザ】は一番恐怖ではないでしょうか?

 

東京だと、中学受験は大学受験と違って、2月1日から5日間くらいで大体終わります。

インフルエンザにかかったら、確実にアウトですね。

 

まず試験を受けさせてもらえない学校もあります。

でも、インフルエンザの予防接種受けてもかかる時はかかるしリスクもあるし、費用も安いものでもないですから。

 

・中学受験生は結局接種したほうがいいのか?

・中学受験生はインフルエンザ接種するならいつがいいのか?

・また、家族は受けるべきか?

そのあたりお話ししていきます。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種は中学受験生は必要?

インフルエンザの予防接種をしても、インフルエンザになった!

だからわざわざ高いお金出して、予防接種しない!という友人は多いです。

 

また費用のみならず、副作用も気になるところです。

 

副作用としては

注射したところの赤み、腫れ、かゆみ

発熱、寒気、アナフィラキシー・ショックなどの

アレルギー反応もまれにみられたりします。

大事な時期にどっちのリスクを負うかは考えものです。

 

結論から申し上げますと、

 

受験生なら接種したほうがいい!

です。

 

なぜなら、まずインフルエンザにかかる率というのが毎年の統計から子どもが圧倒的に多いです

つまりインフルエンザになる確率は子どもというだけで高い。

 

以下の表をみても一目瞭然!!

10歳~14歳のかかる率が飛びぬけて高いのです。

 

家庭でもまずは小学生がかかって、兄弟にかかり親がかかるという流れになることが多いですよね。

インフルエンザの年齢別罹患率および死亡数

 

しかも、はやる時期がまさに年明けあたりから流行し始めます。

 

中学受験の真っ最中の1月中旬から2月にかけては大流行しているわけです。

 

では、予防接種の予防効果はどのくらいなのでしょうか?

 

0~15歳では1回接種で68%、2回接種で85%の発症予防効果

 

100%ではないですが、2回接種すれば85%の予防効果はあるということです。

 

また注射をうけている子と受けていない子では、うけていない子の方がインフルエンザにかかった時のダメージが少ないです。

 

我が子も予防接種したときはインフルエンザにかかっても、翌日にはすっかりよくなっていました。

注射をしなかった時は3,4日寝込んでいましたよ。

 

これはよく言われる事ですが、受験生にとってのこうしたダメージを回避すると言った点でも必要なのではないかともいます。

インフルエンザの予防接種は中学受験生はいつが最適?

インフルエンザの予防接種の効果期間はおよそ5カ月です。

 

逆算して考えましょう。

 

中学受験の本番が始まる1月中旬~2月中旬を最適な状態にしておきたいとおもいます。

2回接種すると考えて、接種してから1か月くらいがもっとも効果的と言われています。

 

つまり最適な期間は

1回目 11月上旬

2回目 12月上旬~中旬

 

ただし、インフルエンザは時期によっては早めに流行がきてしまったりするので、その時の状況をみて早めに対応されるのがいいでしょう。

 

また12月中旬ともなると病院は患者さんであふれかえっている時期でもあるので、対策はバッチリにして出かけるようにしてください。

 

インフルエンザの予防接種は午前中にうけるのがいいの?

 

知ってましたか?

 

インフルエンザの注射って午前中のほうが効果が高いんですよ。

 

免疫学を研究しているチームが発表したのですが、【交感神経が活発に働く時間帯にワクチンを接種すると効果が高まる】とのことです。

 

午前中に接種するほうが、抗体の量が4倍にもなったんだそうです。

 

学校に行っている時間帯ですから、なかなか難しいですがタイミングが合えば午前中に接種したほうがお得ですね^^

 

インフルエンザの予防接種は家族もする?

ここは悩みますよね。

一番は費用の面です。

 

病院によって差はありますが、平均3000円前後になります。

家族でうけるとなると、安くはない出費になります。

 

でも、家族がなってうつしてしまったら・・・

と思うと恐怖ですね。

スポンサーリンク

 

一生恨まれる。

 

我が家も受験の1週間前に兄弟がインフルエンザにかかりました。

 

もう、絶対隔離!で事なきを得ましたが、母としたら100倍くらい気を使いましたね。

この時は接種していなかったんです。

 

家族では私と本人だけ。

 

兄弟がインフルエンザにかかって何が大変だったかというと、気を使わなければならないのは勿論のことですが、母としたら1週間その子が家にいるということなんです(・.・;)

 

何が大変かって2月1日が本番で、1月は千葉や埼玉などの受験があります。

その時の送迎とかもあるし、ストレスはマックスです。

 

この時期に家族がかかるということは、ものすごく精神的にも肉体的にも大変ですよ。

 

つまり

 

家族も接種しておきましょう。

いままで何度も受けてきた模試だって4000~5000円ほどかかりますよね。

お守りと思い、家族もうけておくことをおすすめします。

 

私自身、兄弟を接種させなかったことをとても後悔しましたので、御兄弟もご一緒に接種されることをおすすめします。

 

インフルエンザは集団でかかることが多いので、学校に通っている兄弟が持って帰ることが多いですからね。

 

親、兄弟など受験期には家族全員が対策しておいてあげることが大切です。

 

受験期のインフルエンザの予防法は?

 

【マヌカハニー】ってご存知ですか?

 

ハチミツのずっと栄養価の高いようなものなんですけど、免疫力を高めるのに優れているということでも有名ですね。

休むことのできない芸能人や歌手の方などは冬場マヌカハニーで免疫力を高めているという話しは有名なところです。

 

我が家もマヌカハニーはいくつかなめさせていたんですけど、子どもには独特な味とニオイがうけつけないようで中々快くなめてくれないんですよね。

 

そんな時にママ友に教えてもらったこのマヌカハニーのハニーマザーは本当に生キャラメルみたいな味わいで、子どもも大好きで喜んで舐めてくれましたよ。

 

 

しかも美味しいから効果は?と思われますがきちんとマヌカハニー協会の認定をうけたしっかりとしたものです。

それでも価格はマヌカハニーとしては格安なのでおすすめですよ。

 

 

 

マヌカハニーが一番すごいところは、喉の痛みです。

 

風邪やインフルエンザなどって大抵のどからくるんですよね。

 

「なんかのどが痛いなあ」

 

って言われたら数日後には風邪などで寝込んでいたりするものです。

 

そんな時に殺菌力の高いマヌカハニーを舐めさせて寝かせると、翌日にはコロッとのどの痛みがなくなっているから不思議です。

 

受験期には毎晩舐めさせていましたけどね(´▽`*)

おかげでインフルエンザや風邪などとは無縁な受験でした。

 

こちらの記事もそうぞ↓

・中学受験で全落ちしたとき親はどうする?

 

・受験期直前は学校は休ませたほうがいいの?理由はどうする?

まとめ

中学受験は親と子の二人三脚。

いままで成績のことばかり気にしていた人も、

年があけると、とにかく病気しないで後悔のないよう

うけさせてあげたい!という思いだけになります。

一番の大敵【インフルエンザ】に家族で予防接種で

絶対にかからない!と思い込むのもとても大切です。

病は気からともいいますから。

スポンサーリンク

コメントを残す