夏休みの宿題の短歌の簡単な作り方【小学生編】

7c418ad12916be8b26f94fe03e100fae_m
夏休みの宿題に「短歌」を作ってくるというのが最近あります。

「短歌」と言われても、なんだかぱっとしませんよね。

そこで、簡単に宿題を終わらせたいお子さんやお母さんのために、

簡単な短歌の作り方のポイントなどをお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

短歌の簡単な作り方のポイント

dff6109aadae8eefbbd1190a56463a33_m
短歌は五七五七七の音の数で作られています。

ここでポイントは文字の数ではないということ。

【音】の数です。

例えば、「ちょっと」という文字数は「ち」「ょ」「っ」「と」で4文字ですが、

音は「ちょ」「っ」「と」で3つになります。

「しゅうかい」なども「しゅ」「う」「か」「い」で4つです。

「サッカー」は「サ」「ッ」「カ」「-」で4つです。

声にだしてみるとわかりやすいです。

「音の数」ということをまず覚えましょう。

次に「数」とうるさく言っているようですが、そんなにこだわらなくても大丈夫。

「字余り」というように、多少7が8になっても、リズムさえあればオッケーなのです。

それから俳句には季語を入れるなど制約がありますが、短歌は特に季語などをいれなくても大丈夫です。

小学生なので、自由に作ってみたもののほうが、いい短歌が生まれますよ。

夏休みの短歌を作ってみよう!

まずは、

① 短歌にしたいと思うことを書き出してみる

夏休みに行った家族旅行のことや、学校のプールのこと、友達と遊んだことなどなんでもいい。

日常生活のことでもいいんですよ。

飼っている猫や犬などのことでもいいし、なんでもいいんです。

思ったこと、感じたことから書き出すとやりやすいですよ。

そして、その気持ち(楽しかった、悲しい、さびしい、いやだなど)

から何が?何を?どこで?など派生する言葉を「単語」にして書き出します。

たとえば、短歌コンクールで文部大臣賞をとった小学1年生の短歌

 

せんせいと ままのめんだん きになるよ おこらないでね なにいわれても
(埼玉県・1年)

 

難しく考えなくていいんです。

子どものとても素直な気持ちが手に取るようにわかれば、それではなまるです。

② 単語にしたら、それをパズルをあてはめるように並び替えます。

そして五七五七七になればできあがりです。

スポンサーリンク

夏休みの短歌で入賞した小学生の短歌

ご参考までに

・あさがおのつるがかぜにゆれながらつかまるところをさがしているよ(1年)

・しんさいでこわれたプールなおったよぼくたちだけでつかっていいの(2年)

・いもうとにあーんとわけるかきごおりわたしのくちもあーんとあいた(3年)

・ほうしゃのうなかったころは月いちでお家にとどいたじいじのお米(4年)

・とびこみ台キラキラひかる水面に指の先からすいこまれてく(5年)

・けんかしたごめんなさいを言う勇気ぼくにとってはバンジージャンプ(6年)

小学生の短歌はのびのびしていて、ふっと笑えたり、手に取るように心情がわかります。

かっこつけたりするよりも、素直な気持ちをぶつけたものが「いい短歌」ということになります。

まる子ちゃんの漫画で導入部分を優しく教えているので、初めにこういう本を読ませると入りやすいと思いますよ。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ちびまる子ちゃんの短歌教室 [ さくらももこ ]
価格:918円(税込、送料無料) (2016/7/20時点)

まとめ

短歌は1500年も前から作られてきたものです。

多分世界のなかでも一番長い歴史があると思います。

まだ文字のないころからですから、人々は耳で覚えて口で歌い伝わっていったものです。

五七五七七のリズムが日本人には合っていて、覚えやすかったんでしょう。

確かに一度聞くと覚えてしまいますね。

難しく考えずに、自分の素直な気持ちを「音」にするように作ってみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す