モルモットの飼い方で私が失敗した理由。飼い始める前の注意

3cf142ed8c7c92853b506198a42f20aa_m
動物好きな私はなんでも飼うのが大好き。

いままでいろいろな動物を飼ってきましたが、

モルモットに関しては、悪いことをしたな、という反省点があります。

飼い始める前の参考にしていただけたら、と思います。

スポンサーリンク

モルモットの飼い方で失敗したこと

モルモットの寿命は5~6年というなか、うちの子は2年しかもちませんでした。

その理由を考えました。

① 我が家には猫がいました。
モルモットにとって、猫がよくないということはわかっていましたが、

ケージの中だし、部屋も猫があまり出入りしない場所なら大丈夫だろう、

と安易に考えてました。

しかし!

モルモットは猫の存在をものすごく怖がっていました。

猫もあまり出入りしない部屋だったはずだったのですが、

猫も興味があるのかよく行くようになっていました。

その時のモルモットの反応がすごくて、きゅー、と泣きながら

急いで奥の方に隠れてしまうという反応でした。

=ものすごくストレスだったと思います。(反省)
初めの迎い入れがこのようだったので、モルモットは最後まで我が家

には慣れず常に怯えていたかんじでした。

② ペットショップで初め病気だった子

モルモットを飼いたい!と子どもが言い出し、ネットで近くのペットショップを探しました。

写真でかわいいな、と思う子をチェックしておいて数日してまたチェックすると、

そのかわいいと思っていた子の写真がありませんでした。

問い合わせると、弱まっているので静養しているとのこと。

1週間ほどで大丈夫とのことでした。

かわいくて人目ぼれしてしまったので、あまり深く考えずに迎えに行きました。

ペットショップにどんな症状だったのか聞くと、少し皮膚の状態が良くなかった

とのことでした。

=のちにその子は皮膚病を繰り返すことになります。

初めに抱っこさせてもらった時に、ものすごく人見知りというか怯えているような子でした。

=モルモットにも元々の性格があります。

我が家のモルモットは病的なくらい人見知りというか、怖がりな子だったようです。

初めの印象は大切にしてください。

モルモットの購入の店選び

モルモットは上手に飼えば、10年ちかく生きてくれる動物です。

私のように半ば衝動飼いではなく、計画的に購入してください。

【購入する際のチェックポイント】

・スタッフに知識があるのか

・店内やケージが汚れていないか

・他の動物と同じケージに入れられていないか

・弱っていないか

・人見知りがはげしくないか

【購入するお店】

・ペットショップ

スポンサーリンク

スタッフの方が飼育の知識が豊富で購入後も相談に乗ってくれるような
良心的なお店を選びましょう。

・ホームセンター

ホームセンターや量販店でもモルモットを見かけることがあります。

その際、特価として売られていることもよくあります。

安いからといって購入するのはおすすめできません。

病気をもっていたりすると、精神的にも辛いし

医療費などのほうがずっとかかることになります。

・ブリーダー

繁殖専門のブリーダーから購入するのもいいと思います。

相談などにも乗ってもらいやすいでしょう。

その際、動物取扱業の登録のあるところを選んでください。

・通信販売

インターネットでオークション販売もありますね。

輸送中のトラブルなどもあるため、おすすめできません。

お気に入りの子をみつけたとしても、ショップまで足を運んで

健康状態や性格などをチェックして、購入するようにしてください。

*病気したことありますか?の問いに正直に答えてくれるショップ

ばかりでもないと思います。

お気に入りの子が見つかったら、何回か見にいかれるといいと思います。

いなくなっていたら、

静養していたりすると、病気だったり弱い子の可能性があります。

売れていたら、縁がなかったのかも?

b176376522f0e9745e2b9fbea4ff0235_m

モルモットを購入する前に確認すること

・性別

・およその月齢

・今、食べているペレットや副食

・飼育上の注意点

・モルモットを診てくれる動物病院

(モルモットを診てくれる動物病院は少ないです。

巷には動物病院はたくさんありますが、案外診てもらえないことが

多いですよ)

【購入して、我が家に迎え入れたら】

2,3日は静かに見守っていましょう。

かわいいとうれしくて何度も抱っこしたり、おうちのなかを歩かせたりしたい気持ちはわかります。

そこをぐっと抑えて、おどかせないようお世話のみにします。

一緒に遊ぶのは環境に慣れ始めてからの1週間くらいしてからにしましょう。

見知らぬ環境でおびえています。

初めから遊んだりいじったりしてしまうと、初めの印象から怖い家と思い

なつかなくなってしまいます。

徐々に、慣れさせていくとその後とてもうまくいきますよ。

まとめ

いろいろな動物を飼いましたが、モルモットに関しては失敗したな、と

反省しています。

病気をもっていた子でしたが、もう少し上手に飼えばまだ生きてくれただろうな、と思います。

最後まで慣れてくれませんでしたが、モルモットを飼っている友人の話を聞くと

ものすごく人懐っこい動物なようです。

冷蔵庫あけるたびに何かもらえると、「るるるる」と泣くとか

帰ってくるとわかるようで、喜んでバタバタしている、とか、

我が家は猫がいますし、もうモルモットは飼わないと思いますが、

これから飼われる方は是非上手に選んで、環境を整えて大切な家族の一員として

迎え入れてください。

スポンサーリンク

3 Responses to “モルモットの飼い方で私が失敗した理由。飼い始める前の注意”

  1. 匿名 より:

    ただただ、あなたに飼われたモルモットがかわいそうです。

    • riko より:

      コメントありがとうございます。

      私もモルモットに関しては安易に飼ってしまったと反省しています。
      命ということはもちろん認識していますが、飼う前にいろいろと下調べしなかった
      ことがいけなかったと思っています。

      確かに私のような者に飼われたモルモットはかわいそうだった、と感じています。
      小動物だからといって私のように安易に飼ってしまう人も多いのでは、と思い
      今回このような記事を書かせていただきました。

      死なせてしまって私も辛い思いをしたので、二度とあのような思いを経験したくはないと
      思っています。

      飼う前に今一度考えてもらうきっかけになってくれればと思い、記事を書きました。

  2. 匿名 より:

    たった2年で殺してしまって、さらに、ネットに失敗例みたいに書き込んでる貴方に飼われて死んでしまったモルモットがかわいそうでならない。命って事を認識してますか?

コメントを残す