ぶどうの皮の農薬が気になる!赤ちゃんは大丈夫?洗い方は?

皮まで食べられるぶどうって農薬って大丈夫???

025海外のぶどうで皮ごと食べられるぶどうが、コストコなどでも安価で売られていますね。

買ってきてみたら、なんと皮の部分が白くなっています。これって【農薬?!】

皮ごと食べられるのはいいけど、農薬とかすごいんのかな?

そもそも皮ごと食べて栄養素的にはどのくらいいいの?

赤ちゃんや妊婦さんでも皮ごと食べていいの?

赤ちゃんや妊婦でも安心して食べられる農薬を落とす洗い方もご紹介します。

スポンサーリンク

ぶどうの皮の農薬は大丈夫?

皮まで食べられるぶどうが安かったので買ってくると、なんだか皮の部分に白っぽいものがうっすらついている。004

 

海外のもので、しかも大量に安い!ともなればなんとなく【農薬】とか大丈夫?とか思ってしまいます。

 

コストコでもこういうぶどうは必ず買っていたけれど、ふと心配になって調べてみました。

 

まず、海外ではぶどうは皮まで食べる習慣があるようです。

日本人がぶどうの皮を吐き出すのをみて、びっくりするんだとか。

 

それは海外品のぶどうは日本のぶどうとはちがって、むきにくいものが多いのが特徴のようです。

ですから自然と食べる文化になっていったようですね。

 

それに反して日本のものはむきやすいため、皮を食べない文化が浸透していったようです。

 

農薬ですが、海外のぶどうのほうがむしろ農薬の使用が低いです

というのも、皮まで食べる文化があるため、残留農薬に対するチェックがとても厳しいです。

 

さらに輸入される際にも検査がありますが、ほとんど検出されていないようです。

またつかわれている農薬も水溶性のものなので、水洗いすればほとんど落ちてしまうようです。

 

またぶどうなどについている【白い粉】はブルームとよばれ、ぶどうからでてくる天然成分です。

均等についてるほど、美味しいぶどうという証拠で新鮮な証拠でもあるようです。

 

水分の蒸発を防いでくれる働きもあるので、保存するならすぐ洗ってしまうわず、食べる直前に洗い流しましょう。

全く農薬とは違うもので、むしろ美味しい証拠でしたね。

ぶどうの皮は赤ちゃんは食べて大丈夫?

 

ぶどう自体は離乳食初期でも赤ちゃんにあげても大丈夫です。

 

皮の農薬も問題ないようですが、皮ごとは誤飲の恐れのためまだ初期の頃は与えない方がいいでしょう。

 

つぶしたりジュースにしながら、種や皮は取り除くのが望ましいです。

ぶどうの皮にはポリフェノールや栄養がたくさん詰まっていますが、黒皮のぶどうは消化がよくなく食べ過ぎると消化不良を起こす可能性があるようです。

 

赤ちゃんに限らず大人も食べ過ぎると腹痛を起こすといわれているので、しばらくは控えておいたほうがいいでしょう。

またアレルギーの可能性もあるので、初期の時期は少しずつ与えてあげてくださいね。

 

ぶどうの皮の農薬を落とす洗い方は?

 

ぶどうの皮にはいちごほど心配する農薬はついていないことがわかりました。

 

<いちごの農薬は危険?!>はこちら

 

それでも微量の農薬はついてますし、皮ごとたべる場合は心配ですよね。

水でも充分落ちますが、効果的なのが【重曹】です。

 

重曹は弱アルカリ性で農薬は酸性のため、中和されて農薬が落ちるのです。勿論汚れなども落ちやすいのでおすすめですよ。

 

【重曹を使う洗い方】

ボールに重曹を大さじ1程度入れて、そこにぶどうを30秒ほど漬けておきます。

それ以上漬けると、ビタミンなども流れ出てしまうため気を付けましょう。
003006

けっこう水がにごっています。わかりますか?

後は流水でさっと洗えば完成です。

 

重曹がない場合は、50℃洗いがおすすめです。

 

【50℃洗い】

50℃にしたお湯でぶどうなら2~3分つけておきます。その後冷水でさっと洗えば完成です。

 

注意することは、とにかく温度です。43℃以下だと雑菌が繁殖しやすいので注意しましょう。

私はこの50℃洗いが気に入っています。なんでも50℃で洗ってしまうくせがついてしまいました。

 

くたびれた野菜も取ってきたばかりのように、しゃきしゃきになりますし、果物も甘さが増します。

ぶどうの農薬はそれほど心配なことはないようなので、流水で洗うだけでも充分なようです。

ためた水では汚れなどがまた付着しますので、必ず流水で洗うようにしましょう。

 

野菜や果物の農薬を落とすにはどうする?

私は今までそれほど農薬とか気にしていなかったのですが、子どもが産まれて間もない頃に

アトピーと診断されてから、何が原因かを調べて行ったら

 

農薬かも?といきついたわけです(;゚Д゚)

 

まあ、アトピーという言葉自体、原因不明という意味があるようによくわかっていないものなんでしょうけど、

私が小学生のころとかはアトピーとか少なかったですからね。

 

排気ガスとか農薬とかそういうワードが浮かび上がってきて、虫を殺すものですから人間の身体にも何かしら

影響はあるのは当然なわけで。

 

そこで農薬除去をする安全なものとしてスプレー式のベジセーフというものを使っていました。

 

重曹などでは完全に落ちない農薬を落とす安全なものなんですけど、

使ってみるといままでいかに農薬を食べていたかにびっくりしますよ。

 

シュシュッとすると、色が出るくらいなんですから。

 

農薬除去だけでなく、味も美味しいんです!

 

野菜本来の味というか、ということは今までの味って農薬の味だったのか、と思うくらい(>_<)

 

でもね。

 

スプレー式だから毎日シュッシュッしているとあっという間になくなってしまうんです

(あたりまえだけど。。)

 

1週間で1本使っていたら毎月かなりな金額になってしまうので困ったな、と。

 

しかも一度使い始めると、水道水で洗っただけの野菜とか食べられないですよ。

 

で、そんな時に健康志向のママ友の家にあったのが、オゾン器。

M.Mさま

 

 

なんかあやしい。。。(;゚Д゚)

 

 

とか思ったんですけど、オゾン水って病院や歯医者などでは当たり前に使われているものなんですって。

 

除菌洗浄するにはオゾン水が最適みたいで。

 

一般家庭では農薬除去のために野菜洗う時に使ったり、ニオイの落ちない靴下とか服なんかも最適なんだとか。

 

しかも一度買えば交感カートリッジとかそういうもの一切なしで、メンテナンスもとても簡単だとかで。

 

 

え。。。欲しい。。。

 

でも、高そう。。。。(・.・;)

 

と思っていたら、2万円くらいで買えるよと。

速攻買いましたよ(´▽`*)

 

一般的なオゾン生成器って何十万もするみたいで、昔は営業マンとかを使って何十万とかでもたくさん売れていたみたい。

でもこれは直接工場直販だからこの価格で買えるみたいですよ。

 

いままでベジセーフにいくら費やしてきたんだか。

 

初めはこんな機械で効果あるのか?と眉唾でしたけど、びっくりです!

M.Mさま

 

野菜もオゾン水に数分つけるだけで、ベジセーフなみに水は濁って農薬を落としてくれるし、

魚とかもつけると生臭さもなくなって、不思議とモチがいいんですよね。

 

レバーなどもニオイの気になるものも、ニオイもなくなるし何故か美味しい。

 

野菜も買ってきてすぐつけて保管していると、今までよりも悪くなりにくいんです。

 

というか、なんにでも使えるのが本当にいい。

 

ウイルス除去としても優秀みたいなので、うがいさせるのにもオゾン水使っていますよ。

暫くインフルエンザとか子どももかかっていないなあ~。

 

私は洗顔にも使っているんですけど水道水よりもさっぱりとするし、化粧水なんかもスッと浸透してくれます。

毛穴汚れにもいいみたいですね。

 

農薬除去のためにベジセーフとかホタテの殻パウダーとか使ってきましたけど、

これ1台あれば何にでも使えますし、ランニングコストもかからなくて買ってよかったなと。

 

私が買ったのはここ↓

強力なオゾン水生成器 オゾンバスター



 

てか、公式ページには89800円って時々書いてあるんだけど、かつては89800円だったのかなと(・.・;)

今は破格のお値段みたいですね。

私は21600円で買えました(´▽`*)

(変わっていたらごめんなさい)

 

【追記】

 

楽天でも売られていて送料無料なので、楽天ポイントがつくのでこちらからの購入がお得ですよ
(2台目からはこちらで買うことにしました)

↓↓↓

【送料無料】オゾンバスター オゾン水が作れるオゾン水生成器小型/

 

 

 

 

まとめ

輸入された皮まで食べられるぶどうが、安心だということがわかりました。

ぶどうの皮にはポリフェノールなど、女性には嬉しいアンチエイジングにいい栄養素がたっぷりなので、これから積極的に購入したいものです。

赤ちゃんはまだ誤飲の恐れもあるので皮のままは控えた方がよさそうですが、妊婦さんなどは積極的に取るといいと思います。

 

皮まで食べられるぶどうの王様といえばシャインマスカットですが、超絶はまっています(´▽`*)

高級シャインマスカットですが、安くてとっても美味しいところ見つけましたよ。

<シャインマスカットを私がネットで買う理由はこちら>

スポンサーリンク

コメントを残す