デリケートゾーンがかゆいのは石鹸が原因!あそこ専用おすすめは?

d585de73d62cde8799b98670b880a3f4_m
ラクタシードってなんだ?道端ジェシカちゃんが美しく映っているCM。

調べてみるとデリケートゾーン専用の石鹸なんだそうです。「へ~」と思いきや海外では当たり前なんだとか。

痒みや臭いが気になるのは、石鹸が原因となっている場合もあるといいます。

じゃあじゃあ、デリケートゾーン(あそこ)専用の石鹸は何がいいのか、お話しします。

デリケートゾーンがかゆい原因は?

f36cd7eeb3dbf1474f0fe8c94a8c2b32_m
デリケートゾーン、別名フェミニンゾーン、陰部、ともいいますが、つまりあそこはどうやって洗っていますか?

日本人なら身体洗う延長で、石鹸で軽く泡立てて・・・、というのが一般的なようですが、それでは

 

だめ!

なんだそうです。

 

最近CMで見るラクタシードって何?と思って調べると、デリケートゾーン専用の石鹸があるという。

「あー、なんだか商業主義ね、ふっ」と思っていたら、あそこを専用石鹸で洗うのはおフランスなど海外では常識だそうです。

確かに顔や髪は専用のもので洗っているし、専用のものでないと大変なことになる。

そう!あそこも専用で洗ってないから大変なことになっているんです(>_<)

 

かゆみや臭いが気になることありませんか?|д゚)

確かにデリケートゾーンっていうくらいだから、かなりデリケートなところな部分は当然。そこを石鹸でガシガシ洗ってたら、トラブルがおこるのも当然ですよね。

 

そう、当然なんです。

デリケートゾーンと身体はPH値が違うんです!!!

PH値とは酸性アルカリ性を表したものですが、デリケートゾーンは3.5~4.2で酸性ですが、身体を洗う石鹸はアルカリ性なんです。

 

つまり身体を洗う石鹸では強すぎてしまうということなんですね。

 

強いもので洗うとどうなるのか?

というと、膣内には乳酸菌の一種が常在菌として住み着いていて、この常在菌が外部からの病原微生物の侵入を防いでくれているというわけです。

この酸性の状態が自浄作用と呼ばれ、きちんと身体の大事な部分を守ってくれているんですね。

 

ありがとう!乳酸菌!!!

 

でもでも、アルカリ性の石鹸でガンガン洗ってしまうと、このいい菌が減ってしまうため自浄作用ができなくなってしまい、かゆくなったり臭いがきつくなったりしてしまうんです。

悪循環なのでかゆいからさらに石鹸をつけて思いっきり洗ってしまったりしていませんか?

 

どんどん常在菌を減らしていっていたというわけです・・・。ごめんね、乳酸菌・・・。

 

だから酸性の専用で洗う必要性があるというわけです。

 

膣内の環境を元の酸性の状態に戻してあげて、いい菌を増やしてあげればトラブルなどなくなるというわけです。

 

人間の身体ってうまくできていますからね。

様々な身体のトラブルはかえっていろいろいじりすぎたり、つけすぎたりするのが原因とも言われますから、ここは自分の身体を信じて元のいい状態に戻してあげることが一番いいようです。

デリケートゾーン専用の石鹸はなにがいいの?

6839b75aaa8c0d018ede1ba88ba4f2f0_m

ということでいろいろ調べてみました。

 

ラクタシード買えよ!って言われそうですが、テレビCMされているものは基本あまり信用していないひねくれた性格なんです(~_~;)

 

ところでテレビCMの値段ってどのくらいかかるか知っていますか?(と横道にそれますが)

視聴率によってもCM料金が変わってきますが大体15秒CMで8~15万円×視聴率という計算になります。

ということで視聴率が15%の場合、10万×15=150万。安く見積もっても15秒間で150万かかるわけです。

これが60分番組内で何回も観ますよね?

 

ということは・・・(*_*;

 

さらに制作するのにも平均5000万程度かかると言われています。タレントなどを起用するとさらにすごい金額に!

だから芸能人はCMやりたがるんですね。

ちなみに年間契約でトップのタレントはCM1本で億を超えますから。

 

とかなり横道にそれどこかに迷い込んだ感満載ですが、テレビCMしている商品はとても高いか安ければ内容が大したことないんだろうなと思います。(あくまでも個人的観測ですいません)

そうでなければ商品としてなりたたないですからね。

 

では本題に入ります。

何がいいの?と調べると・・・。

たくさんあるではないですか!!!

その中で広告も地味な感じなものが!

見つけました!

 

コラージュフルフル泡石鹸です。IMG_5390

 

この石鹸はデリケートゾーン専用の石鹸で、抗真菌成分のミコナゾール硝酸塩という有効成分が入っている石鹸です。

 

泡で出てくるので、優しく洗えますね。

IMG_5401

 

皮膚科の先生もおすすめする石鹸ですよ。

 

私も陰部のかゆみには悩まされていましたが、この石鹸を使うようになってから悩まされなくなりました。

ミコナゾール硝酸塩という有効成分はカビに効果があるので、痒みの原因はカビだったようですね。

 

またこれは使い続けたほうがいいのだな、と思うのが旅行などでこの石鹸を使わない日が続くと必ずかゆくなります。

 

おまたの痒みに困ったら、まずはこの泡石鹸を使ってみるといいですよ。

 

 

そしてなんといっても持田製薬という製薬会社から販売されているものなんですよね。だから美容会社とは違って、きちんと成分などが計算されて入っているという点では信用できます。

いまなら先着ですがWEB限定でこちらがついてきますよ。

IMG_5388

コラージュフルフル泡石鹸 今なら1550円相当のスキンケアセットプレゼント!

デリケートゾーン専用のジャムウってどれがいい?

デリケートゾーン専用の石鹸で調べてみるとよく【ジャムウ】という言葉を見かけます。

 

最初【ジャムウ】というそういうブランドなのかと思っていたら、いろいろなメーカーからたくさん出ています。

【ジャムウ】とは?

インドネシアに古くから伝わる民間伝承薬のことです。
たくさんのハーブを調合したアーユルベーダの流れを組んだ体系をジャムウと呼んでいます。

つまりとても簡単にいうとハーブ系の石鹸ということです。

397318719b0ce524044255ed631eb942_m

それぞれのメーカーがその体系を元に作っているというわけです。

 

でもでもなんだか商業主義の臭いが・・・。(かなりひねくれてます)

だってハーブ系の石鹸が1個何千円もするんかいな!

ジャムウというなんだか効きそうなネーミングを付ければいいよ思ってるんかいな!

 

ということで本当に効くのか口コミを見てみると・・・。

CMが載っている記事は勿論効果があった!黒ずみが消えた!などの声がたくさんありますが、本当のところをしりたい私はCMの載っていない個人の書きこみを探してみると、

 

効果があまり感じられない

 

そういった声が多いですね。もちろん効果があった、という声もありますがないという声の方が多いです。おかしくなることもないけれど、効果としてはあまり感じられないことが多いようです。

でも身体を洗う石鹸を使うよりは、自然派の石鹸でデリケートなところは洗ってあげたほうがいいとは思いますよ。

まとめ

清潔好きな日本人なのに、あそこ専用の石鹸がいままで一般的でなかったのが不思議だなと思いました。

日本人ってそういうの好きだと思うのに、なんで?と考えてみると、照れ屋さんでシャイな日本人ですから【デリケートゾーン専用石鹸】なんてなんだか恥ずかしいと思いがちだったんでしょうね。

 

かゆい、とか臭い、とかも中々言えないことですしね。

 

でもこれから一般的になると思います。声にしていなくても悩んでいる人も多い問題ですからね。

暑い季節になると、状態のバランスを失ったデリケートゾーンは悪い菌が増えてしまいかゆくなったり臭くなってりするかと思います。

専用石鹸で洗ってあげて、元の正常な状態に戻してあげましょう。

コメントを残す