椅子やクッションにいるダニ退治はこれ!会社でも使える方法!

165798
椅子に座ってるとなんだかむずむずと痒くなる!会社の椅子に座っているとかゆくなる!

それは【ダニ】かもしれません。

ダニは布団だけではないのです。意外にも椅子やクッションなどにも多いと言われています。

太陽にあてたくらいじゃ、ダニが退治できません。ダニにはあれしかないのです。

一番効果的な方法をご紹介します。また会社でもできる方法をお伝えします。

スポンサーリンク

椅子やクッションにもダニはいる?

【ダニ】って布団などのイメージがありますが、基本どこにでもいます。どんなにきれいにしているおうちでも、数は少ないもののいます。

湿度、温度、エサ(皮脂、ほこり、カビなど)があればどんどん増えていってしまいます。

 

もちろん環境が悪ければクッション性のある椅子などにはダニは生存し、どんどん増殖しているといえます。

またダニといっても数万種類ありますが、大きくわけると2種類になります。

 

人を刺すダニと刺さないダニの2種類です。

刺さないチリダニが日本では90%占めています。

刺さないから安心というわけではなく、死骸や糞など吸い込みアレルギーになるおそれがあります。

人を刺すダニのツメダニ類は、チリダニなどをエサとして生存しているので、とにかく清潔にダニを増やさないよう心掛けないといけないわけです。

椅子やクッションのダニ退治方法は?

ダニの生命力の強さは半端ないです。のちに説明しますが、日光に当てたり洗濯したりしたくらいでは死にません。

洗濯機で洗えば死滅したかのように思いますが、洗濯して干したらまた復活するというから驚きです。

 

では何に弱いのかというと、【熱】です。これしかないのです。

 

50度の温度で20分程度で死にます。60度で一瞬にして死にます。洗濯だけでは死にませんが、乾燥機を使えば死滅することは可能です。

乾燥機は低くても55℃以上になるので、その温度で乾燥させれば死んでくれます。

ただ、椅子の場合はそうもいかないですよね?また布団乾燥機も効果的ですが、椅子には無理なので、あれを使います。

 

【アイロン】です。db631a8c1495496f1ea3677887e4aee2_mアイロンの蒸気を使います。

 

アイロンの蒸気は100℃ちかくにもなるので、一発です。しかもクッションのところにだけシューっとやればいいのですから、簡単でかつ確実です。

ではやり方です。

 

① 表面の汚れを取ります。

せっかくなので【重曹】で臭いなども取ってしまいましょう。
IMG_5429

落ちないんじゃ・・・と思うくらいふりかけても大丈夫ですよ。

会社の椅子で掃除機などがない場合は省いても大丈夫です。

重曹をふりかけ、2,30分置いておき、掃除機ですいこみます。

 

② 当て布をします。タオルを濡らし固くしぼったものをあてて、スチームをかけます。
IMG_5447

何回かやってこの椅子は大丈夫なので、当て布していません。

ものによっては素材が縮むおそれがあるので、目立たない場所で試しながらやられるといいでしょう。

また軽量のスチームアイロンは安く売っていますので、ひとつあってもいいと思いますよ。
 

③ 最後に掃除機をかけて、死滅したダニを吸い込みます。

IMG_5428

重曹のおかげで、きれいにもなりました。

臭いがなくなりすっきりです。

 

我が家には ジャパネットで買ったスチーム機がありましたが、通常のアイロンの蒸気でも充分です。

これなら会社の椅子などにも、少々大変ですがアイロンを持っていくだけなのでできますね。

 

掃除機がない場合などは、濡らしたタオルなどで何度か表面をはらうといいでしょう。

これでかなり状況はよくなると思います。

 

ちなみに一か月に一度やるのが理想的です。ダニは1日に1~3個卵を産みます。成虫になるまでは2週間かかりますので、また他からダニが侵入したとしても、1か月に一度熱を加えれば、悩まされることはないと言えます。

会社の椅子をダニ退治する方法は?

アイロンなんか会社に持っていけないわ~~!という方には2つ方法があります。

① ダニスプレー

ドラッグストアーなどにもいろいろ売られていますよね。

ダニスプレーは確かに簡単に殺すことができるようですが、効果があるダニには効きますが、耐性のあるダニが増えてきていて効かないこともあります。

また人によってはアレルギーの元になり、卵には効かないのでまた1週間後などにスプレーする必要もありますのであまりおすすめできません。

② ダニシート

ダニシートは効果的だと思います。

椅子と座布団のあいだに潜ませておくだけでいいですし、なにより生きたまま捕獲するので死骸が残らないのがいいです。

またダニの特徴として暗くなってから活動し始める習性があります。

ですので、仕事が終わって退社した後にシートの中にダニたちがごっそり移動してくれているということになります。

誰にも気づかれず、自分の椅子だけしっかりダニが消えてなくなっているというのは壮快な気分ですよね。

置いておくだけで効果が出て、後はすてるだけなので最もお手軽で効果的といえます。
「置くだけ」でダニとの共同生活が終わります。【ダニピタ君】公式サイトはコチラ

ダニシートにもいろいろな種類があります。値段もピンキリですよね。

100均にも似たようなものが売られていて試しましたが、全く効果がありませんでした。ダニピタ君は猫と一緒に寝ている私だけ暑い時期になると刺されるので使いますが、3日目くらいから効果が出始めましたよ。

目に見えないので不安ですが、確実に効果はあるようですので安心してください。

ダニは死なない?

・天気のいい日に布団など干してもダニは死なない。
→日光に当てても、表面は温かくなりますが死ぬまでの温度には到達しないものです。

ダニは裏側の温度の低いところに移動するだけで、全く死なせることができないのです。

 

*ただし真夏の炎天下の車の中は効果があるようです。

真夏に車の中に布団を入れておけば、ダニ退治することはできます。というか、車の中ってこわいですよね。

 

・どんないパワーのある掃除機で吸い取ってもダニは吸い込めません。
ダニのもつカギ爪がしっかりと繊維に食い込んでいるため、吸い込みにくいようです。死んだものは吸い込めますよ。

実験では4分の1ほどしか吸い込めなかったという結果がでています。

 

・洗濯機でまわしても死なない

 

まず水の中に入れても死にません。洗濯で死滅する率は20パーセント程度で、干して乾燥すれば、また活動し始めます。

ここまでくると、すごいですね。

 

・冷凍しても死なない

 

・宇宙空間で真空にしても死なない

 

とにかくすごい生命力ですよね。あの生命力では有名なG様もびっくりなほどの生命力ですね。

 

でも熱にだけは弱いので、椅子を熱湯の中にいれるわけにもいかないので、【蒸気】が一番です。

まとめ

我が家には猫が二匹いるので、暑くなる時期になるとなんだかかゆい・・・というようなことがおこります。

しかも刺されるとしつこいかゆみが続くし、あとは残るしで、ダニ対策はかかせないんです。

 

アイロンなら手軽だし、確実なので是非お試しください。

また会社などにはシートが効果的ですね。

・・・椅子といえば、映画館や電車の椅子にもダニがたくさんいる、なんて話をよく聞きますよ~~。

まあさすがに映画館にアイロンは持ち込めないですけどね^^

スポンサーリンク

コメントを残す