犬が食欲がない時の原因は?ドッグフードの見直しをしないと危険!

最近犬が元気がなくて食欲もないんだけど大丈夫かな?

我が家のトイプーのモコも夏の暑い日に食欲がなくなって元気がなかったんですが、ただの夏バテかな?くらいに軽く考えていたんです。

涼しいところにおいてあげたりしたものの、中々元気がでなくて寝てばかりでした。

ちょっと心配になったので病院で検査をしてもらったら胆泥症とのこと!

しかも調べていくとその原因がエサかもしれないということで、エサなど食べ物を変えていったらとても元気になりました。

でもね

ワンコの食欲がない時っていまいちどドッグフードの見直ししてみたほうがいですよ。

胆泥症だけじゃなくても、いろいろな病気にかかる原因ってエサにあるかもしれません。

 

犬にとっていいドッグフードの選び方や胆泥症の数値をさげた食事療法などをお話ししますね。

 

スポンサーリンク

犬が食欲がなく元気がない

食欲がない時ってどうすればいいのかわかないですよね?

吐いたり、下痢をしたりなどの症状がない時って病院に連れて行くほどでもないのかなと。

 

ワンコに食欲がない時の原因として病気以外には

・高齢

・おやつのあげすぎ

・運動不足

・ストレス

・フードのおきっぱなし

・夏バテ

 

 

などなど、病気以外にもいろいろと原因は考えられます。

 

うちのモコもちょっとしたストレス、例えば家の前が工事でずっと大騒音が続いていた時なども食欲がなくなっていたことがあったりしたので何かあるのかな?と。

 

そんな時も2,3日もすれば元通り元気なったのですが、今回は1週間くらい続いたので病院に連れていきました。

犬が食欲がない原因は?

1週間くらいぐったりとしているので、さすがに病院で診てもらいました。

いろいろと検査してもらったらわかったことが、胆泥症でした。

 

・胆泥症とは?

 

胆泥症というのはタンパク質や脂質を分解するのに必要な胆汁が変質してしまい、泥じょうになったものが胆のうに溜まってしまう状態です。

 

本当はサラサラの状態じゃないといけないんですって。

 

この泥じょうのものがさらに変化すると石化して胆石になってしまいます。

といっても犬は胆石にはなる率は少ないようです。

 

胆泥症はなかなかこれといった症状がないのでわかりにくいみたいですよ。

ただ検査をすれば数値にすぐ表れるのでわかりますよ。

 

ちなみに血液検査でわかるのですが、通常のALP(アルホス)の数値が10倍以上もありました。

 

正常値というのが49~298ということですが、1610もありました。

 

症状が出たときというのは重症化していることも多く、胆のうや胆管が破裂してしまい命の危険がある場合もあるので検査って大事ですよね。

 

うちのモコはまだ手術をするほどではなかったです。

悪化していると即手術になるそうですよ。

 

さらさらにするという薬をいただいたのですが、なによりも家での食事が必要だと言われました。

胆泥症によって食欲不振になったのは、胆泥が胆のうを占拠するので、胆のうの空き容量が少ないことで胆汁をストックすることができにくくなっているみたいです。

すると食事中に出る胆汁の量が減り脂質を消化吸収しにくくなるためと説明されました。

 

治療法はウルソという薬を出されました。

 

犬の胆泥症の原因はドッグフード?

胆泥症になるのは小型犬などには珍しくない病気のようです。

 

胆泥の原因というのは直接なにか?というのは獣医さんもよくわかっていないようですが、普段の食事が原因ということが多いということでした。

つまりバランスのとれていない食事が原因とのこと。。。(私のせいですね)

 

というか、獣医さんを変えて一般で売られているドッグフードがいかに劣悪なものかということを知ったんですけどね。

 

ちなみにそこの動物病院の掲示板には、安価なペットフードがいかに危険かという雑誌の切り抜きがたくさん貼ってあります。

 

いままで近所の動物病院に行ってましたが一度あまりにもひどい仕打ちを受けて評判のいい遠くの病院に変えたんですが、その時に「ドッグフードはなにあげてる?」と聞かれたので

 

「〇〇」(ペットショップなどで普通に売られているドッグフード)の名前をいったら

 

怒鳴られました(:_;)

 

まあここの獣医さんは怖い先生で有名みたいで、特に何も考えずにその辺で売られているドッグフードを与えているなんて言ったら大変なことになります、というかなりましたけどね(._.)

というのも、一般的に売られているペットフードというのが無法地帯だからです。

(その後いろいろと勉強しました)

 

というかそもそも市販されているドッグフードというのは安く、1キロ300円ちかくで買えたりしますね。

安いところで買うともっと安く手に入ります。

 

 

そんなものかと思っていたけどよく考えたら今の時代、動物といえども食べ物でそんな価格で売り出せること自体がおかしいですよね。

その価格は小売価格なので卸売業者の利益や製造業者の利益や流通などを考えたら、原価は一体どのくらいのものになるのでしょうか?

 

正直いままで考えたことありませんでした。

 

市販されているドッグフードの価格帯が大体そんなものばかりなので、そんなものかなと。

しかも多くはCMなどでよく知っているメーカーなので、それを安心だと思って買っていましたがそこに宣伝費を入れたらこのペットフードの原価って一体。。。

 

そうなんです!

 

安価なペットフードはタダ同然、むしろゴミを固めたようなものだったりします。

 

 

ごめんよ、モコ。。。

 

 

というのも、4Dってご存じですか?

・Dead(死んだ動物の肉
・Dying(死にかけていた動物の肉)
・Disabled(身体の一部に障害のある動物の肉)
・Diseased(病気の動物の肉)

 

これらの肉は人間の食用として禁止されました。

そりゃあそうだろ!とつっこみたくなるけど。

 

つまり本来なら破棄しないといけないものなんです。

ゴミですね。

でも廃棄するにも今はお金がかかりますよね?

 

ではどうするのか?

 

。。。。

 

それがペットフードに使われているのか?ということですが以前

徳島市、鳴門市、佐那河内村が、路上などで死んだ犬猫の死がいの処理を一般廃棄物処理の認可のない徳島市内の肉骨粉加工業者に委託していた問題で、県は21日開かれた県議会同和・人権・環境対策特別委で、廃棄物処理を適正に行う責任者として陳謝し、同3市村が既にこの業者への委託を中止したことを報告した。

 

こんなニュースがありました。

 

問題なのは

 

「路上で死んだ犬猫の死骸を肉骨粉砕業者に委託」

 

という部分です。

 

肉骨粉砕業者????

 

聞き慣れない言葉ですが、

つまりは再生してペットフードの材料にしているということです。

市販されているドッグの材料のところに肉骨粉や〇〇ミールなどと記載されているものはそのような肉だと認識していていいでしょう。

 

だって肉ならどのような肉か記載しますよね?

チキンだったり牛肉だったりラムだったりとしっかりとしたペットフードにはそのように何の動物かの記載がされているものです。

 

しかも4Dがペットフードに使われているのは中国やアジアなどの国の話しかと思っていましたが、日本でもしっかりと行われているのですからペットフードが国産だからといっても安心できないです。

 

ちなみに国産といって今回のケースのように日本で製造販売しているものは少なく、あちらで作って日本で包装梱包しても国産になりますからね。

 

まあ4Dもそうですけど、そもそもドッグフードの原材料のパッケージをみてもらえばわかります。

 

安価なドッグフードの原材料名の一番最初って

 

穀類(とうもろこし、米、小麦粉)と書かれているものが多いかと思います。

 

これね

 

穀類ってなんか普通に良さそうな気がしますけど、とうもろこしや小麦粉などを加工したときに出るカスですからね。

 

つまりこれも廃棄されるようなもの。

栄養成分をとったスッカスカのカスですから。

 

それらを人口添加物や着色料、発色剤、香料などで固めたようなものです。

 

うそーーーっと思う方は1キロ600円程度で生き物が食べられるものを作って販売できるのか?と考えてみてください。

作って流通して販売してさらにCMなどで宣伝するとしたら。。。

 

ちなみにこれは普通に売られている有名ドッグフードの原材料です。

 

 

 

穀類(小麦粉/とうもろこし/ホミニーフィード/小麦ふすま/中白糠/コーングルテンミール/脱脂米糠)/肉類(チキンミール/ミートミール/チキンパウダー)/油脂類(動物性油脂)/豆類(大豆ミール)/魚介類(フィッシュミール)/ビートパルプ/オリゴ糖/アルファルファ/パプリカ/ビール酵母/乳類(ミルクパウダー)/グルコサミン/ミネラル類(カルシウム/リン/ナトリウム/塩素/ヨウ素/亜鉛/銅)/ビタミン類(A/D/E/B2/B12/パントテン酸/コリン)/食用黄色5号/食用赤色102号/食用赤色3号/香料/酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

 

 

正直銘柄で選んでしまっていて、原材料ってきちんと読んでこなかったなあと思うわけです。

 

着色料って実は犬って判別できないから意味ないんですよね。

人間にとっての見た目だけで、なんとなく美味しそうな感じだなということの添加物ですからね。

 

 

あとね

 

ペットフードの賞味期限ってどれも数か月ももつものばかりです。

それもおかしいですよね?

 

どんなものでも空気中にふれたら酸化して鮮度が失われます。

いかに多くの添加物を使っているのかがわかるかと思います。

 

添加物というのもきちんと調べると、かなり危険なものが多いんですよ。

・BHA[ブルチヒドキシアニソール]

・エトキシキン

 

 

などは発がん性がありますし、エトキシンにおいてはベトナム戦争で用いられた枯葉剤の材料ですからね。

 

びっくりじゃないですか?|д゚)

 

いろいろと調べていくと自分の無知さに震えましたよ(;゚Д゚)

スポンサーリンク

胆泥症の犬を治す食事療法

食欲がないのは胆泥症が原因だったようなので、とにかく食事療法が大切とのことでした。

恐い獣医さんはとにかく高蛋白質低脂肪の馬肉を与えろ!と話してましたが、正直コストと手間がかかって長続きしなくて。。。(獣医さんには言えないけど)

 

胆泥症のワンコに獣医さんなどがおすすめするのが

 

ロイヤルカナン

 

こちらの消化器サポートの低脂肪のドッグフードをすすめられます。

これは一般的には売られていないのですがネットで購入できますよ。

 

 

でもロイヤルカナンはうちの子はくいつきがいまいちでした。

でもこういうドッグフードって大抵そうなんですよね(-“-)

 

そんな時に犬友におしえてもらったのが

 

 

 

サミーフィッシュ

 

 

 

本当に天然のものばかりで作られています。

 

 

ワンちゃんようのふりかけみたいなもので、肝臓の弱い犬にとても効く成分がしっかりと入っているとのこと。

 

サミーという成分は?

犬の身体にダメージを与える活性酸素を細胞レベルで取り除いてくれる物質で、傷ついた細胞の回復をたすけてくれます

 

といっても何か合成的な成分かと思いますが、人間でも食べられるほども安全性のあるものなんですよ。

 

というか、私もなめてみましたけどふつうに美味しいです。

人間でもがっつり食べられる安全なものだということです。

 

飼い主さんには卵ご飯にかけて食べるのがおすすめ、とか書いてありましたけど

まじで美味しいです(´▽`*)

 

 

これね

 

ワンコもびっくりするくらいくいつきがいいです!

本当に美味しいんだなと( *´艸`)

 

ドラえもんでどんなまずいご飯でもかければ最高に美味しいものになる!という粉って知ってます?

 

「味のもとのもと」という粉なんですが

かつて給食嫌いだった私は心底欲しがっていた記憶がありますが、本当にそんな感じでふりかけただけでバクバクガツガツ食べてくれました。

 

元々は食欲がないと心配していたモコだったので、久しぶりにみるガツガツさにとっても嬉しくなりましたよ。

 

美味しいだけじゃなくしっかりと肝臓をいたわる成分も入っていますしね。

 

ちなみにロイヤルカナンにこのサミーフィッシュをふりかけたものを与えていました。

 

すると1か月で

 

1600あった数値が460まで下がったんです!

 

本当にやったー!という感じです。

その後は正常値になりましたよ。

 

胆泥症ではなくても食欲がないかも?というワンコにはまずこのサミーフィッシュはおすすめです。

本当にドラえもんの魔法の粉みたいですから。

 

というか最近ワンコのサプリなども流行っていますが、サミーはそういったものではなく

天然成分だけで作られたもので、獣医さんも推奨しているものですよ。

 

こちらの公式からだと試食がついてきているので、まずは試してみて合わなければ全額返金制度もありますよ。

 

この試食をまずは使ってみてからでもいいですね。

 

 

全額返金保証がついている公式ページはこちら

 

胆泥症のワンコだけでなくても食欲がないとか、健康が気になるとかのワンちゃんにふりかけるだけので是非試してみてくださいね。

 

でもね

 

ロイヤルカナンの原材料が穀物なんです。

 

本来犬は肉食で、怖い獣医さんも肉を与えろ!といいます。

ロイヤルカナンは高たんぱく低脂肪なので、中身的には胆泥症のワンコには有効的かもしれないけどでも使い続けるのはどうなのかな?と。

 

 

保存料として「ソルビン酸カリウム」、酸化防止剤として「BHA・没食子酸プロピル」などもしっかりと入っていますからね。

 

胆泥症はよくなってもまた何かほかのところが悪くなったりしないのかな?と。

 

だってね

 

今回病院代。。。エコーとか薬とかいろいろで全体として4万ちかくかかりました。。

ワンコの病院代って本当に高いですよね(:_;)

 

もちろん経済的なことだけじゃなくなによりは健康ですけどね。

 

それでいろいろと調べていたら

『モグワン』

【ブッチ】

 

 

モグワンは意識高いワンちゃんを飼っている飼い主さんにとっては有名ですよね。

 

愛犬家たちがペットの健康を考えて作られた通販限定のドッグフードで、高品質な肉や魚をメインとして作られたドッグフードとして有名ですよね。

 

もちろん保存料や着色料、酸化防止剤なども不使用なので安心して与えられます。

 

原材料

 

こんなふうにして野菜などをトッピングしてあげる人も多いみたいですよ。

 

彩り野菜トッピング

 

モグワンはとにかく安心して与えられるドッグフードです。

ただ1.8キロで3960円とお値段は少し高い気もしますが、

こちらからだと20%オフで購入できますよ。




 

ブッチはまさに肉と言った感じです。

というのも水分含有量も70%もあり、まさに生肉に近いんですね。

生肉に近いなら生肉でいいじゃん!と思われますが、生肉に足りないワンコに必要な栄養素もきちんと入っているので安心ですよ。

 

ブッチとか生肉みたいな感じで一見高いかな?と思ったんですがコスパがとってもいいんですよ。

 

初回だと800gで1000円程度です。

 

正直安価なドッグフードは1キロ600~700円程度だったので、倍程度なら全然いいかなと。

病院代のことを考えたら全然、安いくらいです。

 

というかブッチも食いつきはすさまじいですよ( *´艸`)

口コミでもくいつきがすごくいいドッグフードとして評判高いです。

 

ブッチ(ブラック)

ビーフ(生)33%、ラム(生)25%、チキン(生)18.5%、大豆 8.5%、野菜類(ニンジン、コーン、エンドウ豆)7.7%、穀類(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)2.5%、玄米(破砕・ゆで)2.3%、魚油(オメガ3脂肪酸)1.3%、凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)1%、ビタミン・ミネラル類(ビタミンA、ビタミンB1[チアミン]、ビタミンB2、ビタミンB3[ナイアシン]、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、パントテン酸カルシウム、カルシウム、リン、ナトリウム、マグネシウム、塩化コリン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン)0.1%、ケルプ(海藻)0.1%

 

ほら、何の動物の肉かきちんと書かれていますよね。

 

デメリットといったら冷蔵保存といったところくらいでしょうか。

でもそれだけ新鮮な材料を使っているということですからね。

 

こちらから初回限定でトライアルセットをお試しできます。

ブッチなら安心安全ですし、継続するのもコスト的にもそれほど高くはないのでおすすめですよ。

 

 

そういえば犬の保険って入ってる?

今回つくづく思ったのが犬の保険。

聞くと皆さんけっこう入られているんですね。

でもワンちゃんの場合は保険に入っていたほうがいいですね。

何かあった時って動物病院って何万もとびますからね。

 

犬ともの友達のところはワンコが糖尿病になって毎月15,6万かかると話していました。。。

そうなったらもう見捨てるわけにもいきませんからね。

 

 

一番人気の犬猫の保険って入ってみました。

ワンコインからでも始められるとかで、とりあえず入っておいて安心です。

 

私が入ったのはこれ

無料の資料請求もありますよ。

↓↓↓

いぬとねこの保険

 

食欲がない犬のまとめ

 

ワンコの食欲がないなあ~と心配な時は、サミーフィッシュをまずは普段のフードにかけたあげてみてください。

最近ワンコのサプリなども流行っていますがサミーフィッシュはそういったものではなく、人間も食べられる

安全安心で健康、かつ美味しいものなので、そういったもので試してみると食欲が戻るかもしれないですね。

 

それでも良くならない時は何か病気の可能性があるので、病院で検査してもらう必要があります。

また普段なにげなく与えているフードもこの機会に是非見直してみてくださいね(^O^)/

 

スポンサーリンク

コメントを残す