ブレーカー落ちてスイッチが戻らない時の対処法!漏電の場合は?

ブレーカーが落ちた!けどスイッチが戻らない!

2ca2a704bc43d2c1d298d199a256833e_mブレーカーがバチン!と落ちた。電力の使いすぎか、と思いブレーカーを上げに行くとなんとブレーカーが戻らない!!!

いろいろ調べると、漏電の可能性?!とか火事になる恐れがあるとかあってびびる。

まずご自身でできる対処法もあります。慌てて電気屋さんに来てもらったりすると、簡単にできることでも出張費として数千円取られるので、まずできることからやってみましょう。

① ブレーカーが落ちてスイッチが戻らない時の自分でできる対処法

② 注意しなければいけない漏電の場合

③ そもそも漏電したらどうなっちゃうの?

そのあたりのお話しをします。

スポンサーリンク

ブレーカーが落ちてスイッチが戻らない!時の対処法

朝、レンジやトースター使ってティファールでお湯を沸かし・・・とやっていたら、

【バチン!】

あっ、切れた。

けっこうよくあることなので、慣れたものでブレーカーを上げに行くと・・・・

 

【戻らない!!!】

 

これは初めてです。ブレーカーが戻らないって。いつもは落ちているスイッチをあげるとカチッといってあがるのですが、そのかちっとがなくて上がらないのです。

9時過ぎてから東京電力に電話するも、

 

【出ない!】

まじか。。。

 

なかなか出ない。30分以上電話しても出ない。どうなってる?東京電力?!

仕方なくネットでいろいろと調べてみます。

 

すると・・・

【漏電】の恐れあり。【火事】になる可能性ありだから早く電気やさんをよんだほうがいい、などとあってびびりまくる。

東京電力は待ってられないので、出張費かかっても仕方ないと電気屋さんに来てもらいました。

聞くとけっこうよくあることとのこと。

 

まずは自分でできることは、

① 電気をたくさん使って落ちてしまったら、使っていた電気のコンセントを全て抜きます。

② スイッチがひっかかっている可能性があるので、下がっているスイッチを一度さらに下に下げてみます。

それで上げてみてもダメな場合は

① ブレーカー自体が壊れている

② 漏電している

この2つの可能性が考えられます。

これで電気屋さんを呼びます。

 

ブレーカーが壊れた時の費用は?

ちなみに我が家は【ブレーカー自体が壊れた】ということでブレーカーの交換をお願いしました。062いろいろ頼んでいる電気屋さんなので安いほうだと思います。

 

費用 4000円

時間 10分

調べると7,8千円くらいが相場のようです。

注意しなければいけない漏電の場合は?

ブレーカーの分電盤をみるとおおよそ3つのパーツにわかれています。061
左からメインのブレーカー、真ん中に漏電ブレーカー、右に安全ブレーカーとあります。

漏電しているときは、その真ん中の漏電ブレーカーが落ちています。

スポンサーリンク

漏電ブレーカーが落ちているときは?

① 全てのブレーカーを下げます。

② メインのブレーカーを上げて、漏電ブレーカーを上げます。

③ 安全ブレーカーをひとつずつ上げて行きます。

その時に漏電ブレーカーが下がったところが、漏電しているところです。

 

漏電している箇所がわかったら、そこ以外の電気は使えます。

漏電の箇所だけ下げておき、大丈夫な電気は使用しながら電気屋さんを呼べばいいのです。

漏電したらどうなるの?

そもそも【漏電】といっても漏電ってなに?というところからお話しします。

字のごとく【電気が漏れる】ということですが、なんだか電気が漏れているなんて怖いですよね。

 

でも安心してください!

 

そのための漏電ブレーカーなんです。

電気が通常通るところに水が入ったりして漏れている、と察知したから漏電ブレーカーが下がってしまうわけです。

 

つまり電気が流れていないので、漏電していないわけです。

 

でも、一番怖いのはこの漏電ブレーカーが壊れている可能性があるときです。

壊れることもあるので、注意が必要です。

漏電ブレーカーが壊れているかいないか点検する簡単な方法があります。

 

漏電ブレーカーの赤いところを押してみてください。押して全部消えたら正常です。

 

その赤いボタンが点検するボタンで、1年に1回くらいはチェックしてみてくださいと言われました。

このチェック時も気をつけなくてはいけないのは家じゅうの電源が消えてしまうので、パソコンなど消えて困らないか考えてから行いましょう。

 

また異常に電気代が高くなった時などは漏電ブレーカーが壊れて、漏電している可能性があります。

その場合はすみやかに電気屋さんなどの業者に相談してみてください。

 

ちなみにアース接続ができないところには、このようなアース変わりになる漏電タップがあるんですね。

知らなかった。

まとめ

電気のブレーカーがあがらない!

とかなり慌ててしまいました。

漏電とかよくわかっていなくて、漏電かも?火事になったら?と慌てましたが、慌てなくて大丈夫です。

まだ使える電気がありますので、とりあえず使えるところでその場は生活して落ち着いたら電気屋さんを呼ぶといいでしょう。

私は慌てて東京電力にずっと電話してしまいましたが、東京電力は関係ありませんでした。

っていうか、東京電力って電話してもこんなにつながらないっていいのか?とかふと思ったりもした。

いままで電話する機会とかなかったから気づかなかったけど。

家の中のことなので、電気屋さんの管轄ということもわかりました。

お仕事があったり、出かける予定があったりしたらお休みしないでも落ち着いてからで大丈夫ですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す