中学受験の願書の書き方。報告事で先生に頼む事で注意する事は?

ea6be56d996413a58aa1ccbac4808b36_m

中学受験において、願書や報告書を学校の先生に頼まなくてはいけないところもあるかと思います。

我が子は二人都立中に入学しましたので、その時注意したことや気を付けることなどをお話しします。

ご参考いただけたら、と思います。

スポンサーリンク

中学受験の願書の書き方で気を付けること

11月以降の説明会で願書などが配布されると思います。願書はお子さんに書かせましょう
ただし学校によっては親御さんが書いてくださいというところもあるので、そのあたりは説明会でのお話に従ってください。

なにもない場合は小学生といえども、自分が受ける学校です。モチベーションを高めるためにも受験生である本人に書かせてください。

またよほど読めない字でない限り、願書によって合否が分かれることはありません。

ただし美しい字でなくても丁寧に書くことが大切です。

初めはコピーを取り、練習で一度書きましょう。

また志望動機を書かせる学校も少なくありません。

志望動機についても、親御さんが【こう書きなさい】と口を出したくなるところですが、初めはまず自由に書かせてみましょう。

そしてそれからポイントに従って手直しをしていきましょう。

・学校の説明会や文化祭などに行った時に、在校生などと触れて生徒が明るく接してくれたとか、ちょっとしたエピソードなどがあれば書きましょう。(字数にもよりますが)

校風などが本能的に気に入ったことなどでもいいと思います。

・入部したい部活動などがあればそのことを書きましょう。

・学校の特色などにからめましょう。

・特技などで、○○を取得したとか、マラソン大会で何位になったことなどあれば書くといいと思います。その特技がその学校で活かせることにつながるようにかくといいですね。
しっかりとここの学校に行きたい!という気持ちが伝わればいいのです。

そのためには、【丁寧】に書き、そこの学校の説明会や文化祭などに足を運び気にいったことを自分の言葉で書くということが大事だと思います。

親御さんが自信がない場合は、塾に先生に相談してもいいと思います。

その場合は、お子さんが書いて親御さんが誤字などを添削してから、塾の先生に見せるといいと思います。

中学受験の願書の写真は?

写真は願書を配布されたら撮りにいきましょう。

スポンサーリンク

どこでもかまわないとは思いますが、私は一応写真館でお願いしました。でもわざわざ遠くのいいところまで行く必要はないと思います。

万が一写真が足りなくなったとかの場合、すぐ焼き回しをお願いできるところであればいいと思います。

服装などはできたら襟のついたものが好ましいです。

首元あたりまでなので、襟元さえきちんとした印象のものであればかまわないと思います。

中学受験の報告書を先生に頼み方は?

報告書や調査書を学校の先生に頼むことになると思いますが、正直年末の忙しい時期に先生にとって、負担ではあります。

きちんと礼儀のある態度でお願いしたいものです。子どもに持たせるのではなく、大切な書類ですので親御さんが先生に直接お渡しするほうがいいです。

またなるべく早めに渡しましょう。大抵年明けてからの提出になると思いますので、冬休みに入る1週間まえにはお渡ししたいものです。

そして受け取りは先生が冬休みの間に書けるように、期間が大丈夫でしたら急がせず休み明けでいいですよ、くらいの余裕をもたせてあげるといいと思います。

便箋などに氏名、中学校名、いつまでに受け取りたいのかなどを明記しておきましょう。

都立中などは先生が生徒の特色や性格などを書く欄があるところもあります。

そういう学校は、書いてもらいたいことなども明記しておくといいと思います。

例えば漢検や数検、習い事などで習字や空手などで具体的に何級や何段とかいうものがあればお願いするといいと思います。

また菓子折りなどを持って行く方もいるようですが、それはやめましょう。

学校の先生は受け取りはできないことになっています。先生もそういうことは困るようです。

きちんとした態度で、礼儀をもって接すれば先生も応えてくれることと思います。

 

<受験期直前は学校は休ませた方がいいの?理由はどうする?>

b85252ec51fe6652f77854c073722ebb_m

まとめ

願書や志望動機、写真などで合否がわかれることは、よほどのことがない限りないとは思いますが、悔いのないよう、どこの学校も行かせたいという気持ちで書いて提出してください。

親がお手伝いできることは、最大限協力してあげたいですよね。

そういう気持ちはお子さんにも学校にも伝わるのではないかとも思いますよ。

<塾へのお礼はなにがいい?はこちら>

スポンサーリンク

コメントを残す