蜂が部屋の中に侵入!追い出す方法と寄せ付けない方法は?

写真蜂 

ぶ~~ん、ぶ~ん!まさかの部屋の中に蜂が!思わず怖くなって部屋を飛び出してきたけどどうすればいい?悩んでいたら見失った!!!でもどこかにいる!そんな時はどうすればいいのか?

最近やたら部屋に侵入してくる蜂だが、部屋に寄せ付けないためにはどうすれば?

蜂大っ嫌いなあなたに、そんな方法をご紹介します。

スポンサーリンク

蜂が部屋の中から追い出す方法は?

① 騒がない

蜂は騒いだり大きな声などを出すと、反応して襲ってくる可能性があります。蜂だからといって人間を襲ってくるわけではなく、刺されるのは音や急激な動きに蜂自体が身の危険を感じるためなのです。

小さい子どもが刺されやすいのもそのためです。

まずは落ち着きましょう。

② 部屋を暗くして窓を開ける

蜂は紫外線が強く明るい方にむかっていく習性があります。昼間なら窓を開けるところ以外はカーテンを閉めて部屋の中を暗くしましょう。

また夜中の場合は電気を消して部屋を暗くして、外の街灯などの明かりを利用します。

③ 殺虫剤をかける

窓をあけて蜂がいなくなるのを待てない!という時には殺虫剤で退治します。殺虫剤は蜂用のがなければ、蚊でもゴキブリでも家にあるもので試してみてください。

ただこれはあまりおすすめできません。蜂の種類によっては殺虫剤でも蜂用でなければなかなか効かないものもあり、的中しなかった場合興奮させて攻撃してくる可能性があります。

使うならこの業務用がおすすめです。
少し高めですが、薬局などにあるものとは効果が全く違います。

蜂が部屋の中で見失った時は?

これもよくありがちです。

ブ~~ン・・・。蜂だ!!!逃げろーーーー!と逃げてきてものの、自分の部屋だし帰らないといけない。でも恐る恐る入ってみると、蜂の姿が見つからない。でもどこかにいるはずだ!

スポンサーリンク

とホラー映画さながらいつ襲われるかもしれないとどきどきしますよね。

そんなときは殺虫剤は目標物がないので無理ですね。そんな時にとにかく殺虫剤をぶちまけるようなことは決してしないでください。後から攻撃されますよ。

この時は②の窓をあけて部屋を暗くする、しかありません。

自然と明るい方に帰ってくれます。その時もしあなたが香水をつけていたり、甘いニオイのジュースなどを飲んでいたら注意しましょう。

蜂は明るい方よりも甘いニオイに反応しますよ。

よく洗濯物の中に蜂がよく紛れ込んでいる!なんてことがありますが、それは柔軟剤の甘い香りに反応して近づいてきているのです。

私もこれで何度刺されたことでしょうか・・・。いま柔軟剤の香りってフローラル系で蜂を寄せ付けているようなものですよね。

蜂を部屋に寄せ付けない方法は?

89bf49f70a3b545c43c6e4b77968354c_m

蜂を部屋の中で見かける回数が多くなったら、蜂を寄せ付けない対策をしましょう。

寄せ付けないためには、蜂の嫌いなニオイをまけばいいわけです。私が一番おすすめするのが、木酢液です。

木酢液とは炭を焼くときにです煙を冷やして液化したものです。つまり煙のような香りがします。私は炭火焼のような燻製のような美味しいニオイがして、大好きなんですけどね。

この木酢液を薄めたりしたものをスプレーにして、ベランダなどにふきかけておいたりペットボトルに入れたものを置いたり、スポンジにしみこませたものを置いておいたりと、とにかく木酢液のニオイをさせておくといいです。

ちなみに我が家は窓のところにすだれをかけておいて、そのすだれに木酢液をふきかけておく、ということをしています。

蜂だけだはなく、虫は煙のニオイが大嫌いです。火があると思い防衛本能が働くんでしょうね。本能的に近づいてはいけない!と思うわけです。

これは本当に効果てき面でびっくりでした。ゴキブリなどにも効くし、蚊やハエなどにも効くので我が家は虫も喰わない?寄せ付けないうちになりましたよ。

ただし木酢液でプンプンしていますが。常に炭火焼の気分^^

<蜂退治に木酢液がすごい!竹酢液とのちがいは?はこちら>

まとめ

蜂って部屋の中でみかけると、本当にびっくりしますよね。子どもがぎゃーぎゃー大騒ぎした時などは、あの攻撃してくる【カチカチ】という蜂の音を聞いて驚きました。

蜂の【カチカチ】という音を聞いたら、それは襲ってくる合図ですよ。

蜂からしたら人の家に侵入したといってもエサを探してるだけで、たまたま入ってしまったところで、【ギャー!】とやられたら敵だと思ってしまうんでしょうね。

蜂は基本はこちらがおとなしくしていれば襲ってはきません。あとはニオイがついてなければですね。

以前旅行中にあまいお団子を川沿いで食べていたら、友達のところに蜂がよってきて怖いからそーっと逃げたらずーとついてきたのにはびっくりでした。

お団子を持ったまま逃げていたんですよね。甘いニオイにも注意です。

あの時刺されなかったのは、落ち着いていたからだったのかなと思います。騒いで急に走り出したり大声を出したりすると刺されますからね。

蜂のことをいろいろ調べていたら、蜂ってかわいいと思っている今日この頃です。

スポンサーリンク

コメントを残す