朝早起きするコツ!成功者が早起きする理由とは?

朝早起きしたい!

朝早起きして勉強したり仕事をしたりゆっくりと食事したり、と朝早起きできたらどんなに清々しいか、勉強がはかどるかはよーーーーく知っている。

だって何度かは早起きしたことがあるから。

 

それはそれはとても気持ちのいい朝で、1日がいいスタートをきれるものですよね。

 

でもね

続かない。

続いたためしがない。

せめて1日、2日。

 

よく3日坊主とかいうけど早起きに関しては3日も続いたことがない私。

3日坊主の人ってすごいやん!

 

それがある方法ですっきりと目覚めることができるようになったんです。

また成功者たちがやっている方法とは?

 

早起きのコツをお話しします・

スポンサーリンク

早起きするコツとは?

・早起きしたい!

・早起きして勉強する!

・早起きして今日できなかったことを明日の朝にやる!

・絶対に明日の朝は早起きするぞ!

 

とかなんとか言って早々と寝ても起床はいつもと同じ時間だったりしませんか?

 

というよりもむしろいつも以上に遅くなったり、いつも以上に睡眠時間とってるくせに朝すっきりと目覚めなかったりしませんか?

 

いつも通りのほうがよかった、なんて。

 

そう、私(・o・)

 

でもそんな早起きできない私が朝すっきりと起きられるようになった方法はズバリ!

 

寝る前にあることをしたら起きられるようになりました。

 

それは

 

寝る前に朝起きてやることをしっかりと明確にしておくこと!

 

ふんわりとした目標ではだめですよ。

やることを箇条書きにしてみてください。

 

例えば

 

・数学の宿題の〇ページから〇ページに30分

・国語の問題集3ページに30分

・本を〇ページ読むのに40分

・マラソンを30分

 

などをきっちりと決めて、時間を逆算して早起きしなければばらない時間に目覚ましをかける!

 

これね

 

え?そんなことで?!と思うかもしれないですけど、これがとても効果があります。

 

ポイントは

 

・初めは無理のない時間で始めること

・やらなくてはいけないことをしっかりくっきりと明確にすること

 

いつもは7時起きなのに3時起床とかいきなり飛び越えたような目標はダメですよ。

初めは無理のないところから始めること。

 

箇条書きにしたら紙に書いて枕元においておくといいです。

 

なぜなら早起きはできないけど、起きなくてはいけない時間にはなんとか起きてますよね?

また早く起きなくてはいけない時って起きれてますよね?

遠足とか遊びに行くとか。

 

いままで失敗してきたのは、明日は〇時に起きる!

と言ったまま寝てしまうからなんです。

 

早起きすることが目標になってるから。

 

早起きが目標になっていると早起きする理由が脳内ではっきりしていないので、

 

ま、いっか(´▽`*)

 

の繰り返し。。。

 

また

 

・睡眠時間を長くとらなくてはいけない!

・早く寝なくてはいけない!

 

とか言われますけど、そこもあまり関係ないです。

極端に少ないなら話しは違いますが、いつもよりも1時間2時間睡眠時間を削ることは3日続けば習慣化できるものです。

 

初めの3日間が辛いですけど3日続いたら自然といつもの1時間前くらいなら起きられるようになっていることと思います。

とにかく早起きすることが目的ではなく、

 

・早起きして何をするのか?

・何をしなければならないのか?をしっかりと明確にすることがポイントなんです。

 

それと、早起きしてひとつ楽しみを作っておくといいですよ。

 

私の場合は朝起きて甘いカフェオレを飲むとか夜食べないでとっておいたおやつを食べるとかお楽しみを作っておきました。

そして夜寝る前にその楽しみを準備するのがポイントです。

 

私の場合は「カフェオレを飲む」だったのでマグカップにお砂糖と粉のインスタントコーヒーを入れておいて、朝起きたらすぐに飲めるようにしておきました。

 

この方法は以前鶴太郎さん(あのヨガで凄い人ね)が夜寝る前にグレープフルーツをむいておいて冷蔵庫に入れておいて朝起きたら食べる

、これが早起きの秘訣みたいな話しをしていたのをヒントにしました。

 

ちょっとした楽しみを作っておいて前日にその楽しみの準備をしておく

 

こうすることで朝起きなくてはならない理由がひとつできるんです。

 

 

箇条書きにしたり楽しみを用意したり、なんだかバカバカしく思うかもしれませんが一度騙されたと思ってやってみてください。

自分を騙すということはけっこう大事ですよ。

 

あと効果的だったのは光時計を使う!です。

 

光時計って知ってますか?

 

その名の通り光で起きるものなんですが、光時計もいろいろ出てますが選ぶ時は2500ルクス以上ある目覚まし時計でないといけません。

 

というのも人が目覚めるのに必要な明るさが2500ルクス以上なんです。

 

ちなみに明るいコンビニは1500ルクスほどです。

オフィスだと1000ルクスていどです。

 

つまり家庭の電気の明るさで人を起こすことは難しいことがわかります。

 

私一度楽天で安価な光時計を買ったことがありますけど全然効果なかったです。

朝起きたら枕元で光時計が光っていた、という日々を送っていました。

 

 

それが2500ルクス以上ないとダメだと聞いて、光時計で有名なムーンムーンのinti4
を使ったらびっくり!

 

 

朝の目覚めの良さに自分でもびっくりでした。
inti4最大で20,000ルクス以上もあります!
とにかくまぶしいですよ!

 

時間になると目の裏が明るくなって熱くなってくるような感覚です。

 

元々は中学生の息子が起立性障害にちかいものになって朝起きられなくなって買ったものです。

というのも、起立性障害のような朝起きられない病気の人の医療行為として光療法というのはれっきとしてある対処法なんですね。

 

人は朝日の光によって脳内が目覚めるようになっています。

 

 

というのは目覚め物質のセロトニンがまぶしいくらいの光によって分泌するからです。

 

セロトニンの反対はメラトニンといって、夜になると分泌されて眠くなる物質ですね。

 

光はメラトニンからセロトニンに変えてくれるので、脳が朝だよと教えてくれて体が自然に起きられるような仕組みにしてくれるというわけです。

 

 

音の出る目覚まし時計ってドキっとしませんか?

 

私は以前スマホの目覚まし機能で起きていたんですが、スマホの目覚ましの音って他の人の音でもドキっとしてしまいます。

 

というもの、寝ている時というのは無防備なのでそこを起こされるので動物の本能みたいなのが働いてものすごい緊張がはしるんですね。

 

目覚まし=辛い=恐怖

 

といった感情になっているともいえます。

 

これだと早起きしたくても体が苦痛なものと認識しているので、逃げたくなる心理も働いてしまいます。

だから中々起きられなかったりします。

 

でもこの光時計は脳というよりも体内が起きる準備をしてくれるので、脳内で起きるというよりも体が起きるのですっきりなんですよね。

 

時々すっきりとした目覚めの時ってないですか?

 

バチッと自分のタイミングで起きられたときとかってそういうことがあります。

その時ってとても気持ちよく起きられますよね。

 

光時計は同じような状態で起こしてくれるものなんです。

 

ですので目覚めの物質のセロトニンを増やした状態で気分よく起きるために、光時計はとても効果的だといえるでしょう。

 

あとね

 

余談ですが勉強中や作業中に眠くなったときとかにも使えるんです!

ウトウトとしてきたな~って思ったら、光時計をマックスにして目の前に置くと自然とシャキッとします。

 

体内でセロトニンが増え、いまは朝だから起きよう!と体がいっている状態になるからなんですよね。

 

光って不思議ですよね。

 

昔は目覚まし時計などなかったわけですから、太陽とともに目覚めて太陽とともに眠っていたあの時代から続いているのかもしれませんね。

 

私が使っている光時計はこちらです。

 

インティフォー

 

目覚まし時計にしては27700円と高いですが、とりあえず試してみてはいかがですか?

 

こちら実は3か月返金制度があります!

 

3か月間じっくりと使ってみて効果がなければ返金制度がついています。

ですので「本当に効果あるのかな?」と思う方はまずはお試しで使って見てください。

 

ただし数回の使用だと効果がでないので、しっかりと3か月使い続けることが条件です。

正直数回の使用だと起きられません。

1か月程度使い続けてようやく体が慣れてくる感じです。

 

調べてみればわかりますが、公式から購入するのが一番安く買える方法です。

アマゾンや楽天よりも1000円安く購入できるのは公式のみでした。

 

楽天をチェック

目覚まし時計 inti4 楽天

 

【追記】

いまキャンペーンをしていました!

ちなみに私は27700円での購入でしたけど(-“-)

 

終わっていたらごめんなさいですが、チェックしてみてくださいね。

 

↓こちらからだと特別価格のご案内になっています。

早起きを成功者がしている理由とは?

誰でも早起きの良さは頭ではわかっているものです。

 

早起きしている人に成績のいい人は多いし、社会の成功者も多い。

早起きしている不良ってイメージつかないけど、早起きの優等生はイメージできます。

 

社長出勤とかいうけど寝坊してバタバタやってくる社長はイメージできないけど、

万年平社員ならパンかじりながらバタバタ朝やってくるイメージはつく。

 

それが現実だからでしょうね。

 

実際社長や会長と言った成功者たちはみんな早起きしています。

 

・ダイワハウス会長

・タニタ社長

・ローソン社長

・ハウス食品社長

・富士ゼロックス社長

・スタバCEO

・アップルCEO

・ウォルトディズニーCEO

 

などなど

 

錚々たる会社の社長やCEOなどはみんな早起きしてマラソンしたり、新聞読んだりとゆったりとした朝の時間を過ごしているようです。

 

 

早起きするメリットってなに?

 

早起きというのは毎日が闘いになりますよね、睡魔との。

 

だから私のようなくず人間は毎朝睡魔に敗北しているわけですが、数多くの成功者たちが早起きしている理由というのがあります。

 

・朝起きたときの脳が冴えているから

 

1日の時間の中で最も頭が冴えているといわれています。

というのも朝の脳内は睡眠によってきれいに整理されるので、翌朝はスッキリとした状態で新しい情報を得る準備ができている状態になっているのでスムーズに勉強や仕事などがはかどるからです。

 

・一日高い充実感がもてる

 

朝早く起きたことにより勉強や仕事が片付いてたりしていると、精神的にも余裕がうまれ穏やかに過ごせるものです

 

・自律神経が保たれる

 

朝から太陽の光を浴びて行動すると夜は自然と眠くなり、自律神経が整います。

つまり精神的にも安定してストレスも感じないような落ち着いた精神状態でいることができる

 

 

早起きすることによって一番効率の高い時をきちんと過ごすことが、一番の時間の効率化だといえるからでしょう。

 

凡人になり得る人と成功者との違いって【朝にあり】と言っても過言でもないかもしれないですね。

 

とにかく早起きが習慣化できれば人生が少しずつでも変わっていくことは確かなようです。

 

光時計が気になる方はこちらをご参考に



まとめ

 

早起きをしたくてもできないという人はとにかく前日がポイントです。

早起きして何をするのか?を具体的にしっかりと明確にすることが大切です。

早起きを目的にしているからいつも失敗してしまうのです。

 

自分自身に早起きしなければいけない理由をしっかりとたたきこむことが大事ですね。

あとはささいなことでもお楽しみを用意して準備しておくといいですよ。

 

そして早起きするのを気持ちよく起きられるように助けてくれるのが「光時計」です。

我が家は子どもと私で3台使っていますが、光時計のおかげでずいぶんと朝が変わりましたよ。

 

強制的に起こされるのではなく、体内からじわりと朝だということを伝えていくと、自然と起きられるものなんです。

まずは3日間なんとかやりぬいてください!

3日続けば苦痛ではなくなるものですよ

スポンサーリンク

コメントを残す