【ジャパネットの羽毛布団の口コミ】モリリン買ってみたら薄かった

ジャパネットタカタの羽毛布団ってどうよ?

10年使ってきた羽毛布団からいよいよ羽毛が飛び出してきて、これは買い替え!と思っていたところに

ジャパネット高田のCM!

 

西川の羽毛布団と2万程度で買えるモリリンとかいう羽毛布団ってどっちがいいんだ?と悩んだ末、

スペックがあまりかわらなさそうだから安い方でいいか!ということで買ってみて使ってみた感想は?

ジャパネット高田の羽毛布団ってぶっちゃけどうなの?と悩んでいる方に、実際どうなのか?というところを

お話しします。

ジャパネットタカタの羽毛布団は西川かモリリンか悩む

ジャパネット高田で紹介されていたのが、西川の高級羽毛布団。

 

希少なポーランド産!

羽毛布団のブランド老舗西川!

 

重さ 1,78キロ【羽毛1.1キロ】

ポーランド産 ホワイトダックダウン90%

フェザー   10%

 

 

で、34800円!

 

ハガキが届いたら31800円ってものだった。

 

羽毛布団って買ったら10年くらいは使えるので、多少高くてもいいかなという気持ちもあったのだけど、もうひとつの

方のスペックが

 

重さ 1.8キロ【羽毛1,0キロ】

ヨーロッパ産ホワイトダックダウン 85%

フェザー    15%

 

羽毛の重量などはそれほど変わらないし、両方ともホワイトダックダウンだし、唯一違うのが

 

ポーランド産かヨーロッパ産かの違い。

 

で、調べてみると確かに羽毛の種類としてはポーランド産とハンガリー産の羽毛は高品質な羽毛を育てるために適した地域にあるようです。

 

かたや、モリリンのほうはヨーロッパ産ということなので、いろいろな産地の羽毛が混ざっているようなものなんでしょうね。

 

それでも産地の違いだけで、倍近く価格が違うのはどうなのか、と。

 

しかも西川のほうにはかけ布団カバーや敷パッドと枕パッドの3点セットがついてくる

ということで、これも価格に含まれているだろなあ~と想定。

しかもそれらはいらないし、ということで

 

モリリンでいいんじゃない?

 

ってことで17800円の安い方の羽毛布団を購入!!!

ちなみに白のネットカバーが1980円だったので購入。

 

羽毛布団が2万円以下って安すぎるかな?と一抹の不安もありましたが。。。

 

ジャパネットタカタの羽毛布団モリリンの口コミ

こちらの安い方の羽毛布団は人気商品みたいで、2週間ほど待つとのこと。

 

やっぱりみんな安いほうを買うのね~、西川にしなくてよかったかも( *´艸`)

 

ということで来た!!!

やたらデカい。。。

 

そしてオープン!!

エクセルマークなどは入ってますが。。。

 

え。。。薄い。。。

 

ぺっらぺらやん。

 

折りたたんである状態はこれ

 

 

空気を一杯ふくませてはかってみると5センチ弱。

スポンサーリンク

 

あけたてだからかな?と思って1日おいておく。

 

それでも薄い。。。

 

これ、羽毛布団としてはかかなり薄いですよ。

 

家にある5年も使用している羽毛布団と比べてみてもこの違い。

 

 

ちなみに白いカバーが1980円で追加で販売したので、ついでに買ってみました。

 

この白いカバーも1980円で安いけど、自分の好きなカバー買った方がいいと思いますよ。

本当に普通の白いカバーでした。

ニトリとかでもっとかわいいものがありますよ。

 

というか、中にひもで結ぶところがあるのですが、一か所これ↓

完全なミスじゃん(面倒だからそのまま使うけど)

 

 

 

ジャパネットの羽毛布団はくさい?

けっこうニオイがキツイという口コミがありました。

 

先日、母が父の為にジャパネットたかたサンから
2万3千円くらいの羽毛布団を購入しました。

が、羽毛布団の臭いが酷く
ガイドブックに書いてある通りにケアをして、もう3週間...

 

実際のところは我が家に到着した羽毛布団のニオイは特に気なるところはありませんでした。

 

ニオイに関しては大丈夫なのかなと思います。

ヨーカ堂の羽毛布団ってどう?

量販店で販売されている羽毛布団はどうなのかな?ということで、イトーヨーカ堂に見に行ってきました。

 

ヨーカ堂のほうが安いのかな?

ジャパネットのほうがお得だったのかな?

 

ということでじっくりみてきましたよ。

 

 

じっくりとみてその中で今回購入した羽毛布団に近いのはこれかなと思いました。

 

厚みも同じくらいです。

 

 

で、価格はとうと、17900円。

昭和西川というところのものです。

 

昭和?、、、西川がついていればなんとなくいい感じだしてきてるけど、どうなんでしょうね。

 

 

こちらは20000円で少し高いタイプですけど、触った感じやふんわり感などは昭和西川のものよりもずっとよかったです。

 

 

ヨーカ堂の中でも高めの設定で5万円の物は西川のマザーグースダウン。

 

 

ヨーカ堂をみてみると、羽毛布団では一番安かった17900円のものは正直買わないですね。

つまりジャパネット高田で買った羽毛布団を実際手に取ってみたら、買わないだろうなと。

 

そして羽毛布団ってやっぱり値段相応で、高ければふかふかしていて肌触りがよくて温かいです。

 

20000円程度の予算だったら。こちらの羽毛布団が一番妥当かなと思いました。

ジャパネットの羽毛布団の評価は?

 

西川の羽毛布団のほうがどうかはわかりませんが、モリリンの羽毛布団に関しては羽毛布団というには薄すぎます。

ただ、この価格なので値段相応だとは思いますね。

 

また薄いですけど、温かさは毛布などと一緒に使えば東京など比較的温かい地域なら問題なくは使えると思います。

 

ただ、今後はジャパネットで羽毛布団は買わないかなと思います。

ジャパネットはクーラーや掃除機などを購入してきて、それなりに満足はしていましたが、羽毛布団などは店舗で買った方がいいのかなと思います。

 

羽毛布団が17800円ですが、正直値段相応なのかなと思います。

 

 

ちなみに、実家の母が買ったという陽だまりの休息という布団がすんごく軽くって温かくって、こっちにすればよかったとすごく後悔しています。

 

羽毛布団ではないのですけど、とにかくぴったりと肌に吸い付くような感じで包まれているといった感じが温かく気持ちがいいんです。

 

本当に温かい( *´艸`)

 

しかもダニが住めない構造になっているので、清潔で安心して寝られるところもいいですね。

我が家には猫がいるので、ダ二がすみにくい構造というのはとても助かります。

 

「陽だまりの休息」掛布団


布団ってあまり買い替えることがないので、羽毛布団は後悔しないように納得したものを購入されるのが一番だと思いますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す