手足口病でアトピー悪化!ステロイドがダメな理由と対処法

手足口病。 その名の通り、手や足や口に発疹ができ痛い病気。 子どもが春から夏にかけてかかる病気の代表的なものです。 大人はかからない、なんていう噂がありましたけど、いいえ、かかります! 私はかかりました。 あー、思い出すだけでも具合が悪くなります。 悪夢・・・ 子どもから移ったのですが、我が子はアトピー。 その時つけていたステロイドを水泡のところ

続きを読む

プールの更衣室の床は水虫菌だらけ?感染する?対策は?

プールの更衣室って思えば小学生のころから嫌いでした。 大人になって、スポーツクラブなどのプールを利用するようになってから忘れかけていましたが、子どもができて市民プールなどの公共のプールを利用するようになり、思い出しました! そうそう! このモアモアした空気感と、床のおぞまし~~~~ほどの汚さ。 髪の毛やごみが濡れた足にまとわりつくし、着替えるのもその汚くなった足でパ

続きを読む

ニベアとベビーパウダーと氷でマイナス5歳肌!美魔女

アラフォーになると気になってくるのが、お肌のしみ、しわ、くすみ・・・などなど。 なんだかお化粧してもしっくりこないもの。 何もしなくてもつやつやの若い頃のあの肌にもどりたーい! エステに行きたいけど先立つものないし・・・ いいとされる化粧品とかは高すぎる・・・ そこでなるべくお金のかからない美容法と徹底的に調べてみた。 すると・・・ あの美魔女も実践してい

続きを読む

華道池坊の生け方 自由花のお稽古

池坊のお稽古の時間。自由花 今日のお稽古は自由花です。 私の好きな分野ですね。 本日のお花は ひまわり・・・花言葉「私はあなただけをみつめる」「崇拝」 スターチス・・・「変わらぬ心」「永遠に変わらない」色によっても花言葉は変わるようですが、今回は紫色なので、「しとやか」だそうです。 ニューサイラン・・・「素直」 今回の花材は、なんだか純愛がテーマかしら

続きを読む

逆性石鹸がすごい!サンダルの臭いから梅雨時の洗濯ものまで

そろそろサンダルの季節! アラフォー母さんもそろそろサンダルね、と靴箱の後からサンダルを取り出した。 去年の思い出と共に、少しくたびれた感のあるお気に入りのサンダル。 ん??ちょっとくさい・・・?! もうお別れしないといけない? ちょっとまったーーー! 大丈夫。臭いには逆性洗剤があるじゃないの(^^♪ 逆性洗剤って何? 逆性洗剤って聞き慣れない人も多いかと思

続きを読む

父の日のプレゼントは父子ペアルックで決まり!お義父さんにも

小さいお子さんがいるご家庭で、父の日といってもただでさえ存在の薄い父の日。 小さいお子さんがお父さんへ、といえば「お父さんの絵」とかって決まってしまいます。 それはそれで嬉しいものですが、今年は少し特別な感じで親子で楽しんでみませんか? 今年はお父さんとお子さんのお揃いのペアルックでお出掛けなんていかがですか。 父の日にお子さんとペアルックが買えるおすすめのお店 定番のお

続きを読む

自転車危険運転で講習義務化!法改正って?講習で作文書くの?

2015年6月1日より自転車の法改正があり、義務化されるという。 「えー、知らなかった」では済まされないことらしい。 主婦にとって、ママチャリは命。 そもそもいままでも自転車の運転で切符が切られるなんてことも知らなかったわたし。 知ってました??? 先日も車の運転でどうでもいいような道の一時停止で、罰金取られて悔しい思いしたのだから、自転車で切符きられたら暫く立ち

続きを読む

焼肉食べ放題!元取るには何頼む?原価率と食べ方で勝つ!!

焼肉の食べ放題で元をとるには何を食べたらいいの? 焼肉・・・この響き・・・この美しい言葉に我が家のハムスターの名前は「やきにく」 おかげさまで我が家は「やきにく」という言葉がふつうの家庭よりも多く飛び交っているわけで、 「やきにくにエサあげた?」 「やきにくの水って代えたっけ?」 「やきにくにげちゃった」 そんなわけで、毎日サブリミナルな効果

続きを読む

妻の話がつまらなく苦痛です!と言わせない賢い妻の話し方

「妻の話がつまらなくて苦痛」という世の男性は多いようです。 旦那様はそう思いつつも「我慢」している方が多いようです。 「ねー!聞いてるの?」 なんて怒り口調になって、 「ん?あ、あー。聞いてるよ」 なんて光景よくありますよね。 内心、早くやめてくれ!と思っているようです。 夫婦の会話がなくなるのは淋しいですが、奥さんが会話の仕方をちょっと変えるだけで旦

続きを読む

赤ちゃんが虫に刺された!赤く腫れているけど対処法と予防策は?

子どもがまだよちよちしていた頃、オムツ替えのときに足をよっこいしょとしたら、 おおきな赤い腫れたあとが!!! 「きゃーーー!これどうしたの?」 と大慌てで病院行くと、 「虫刺されですね」 なーんだ、虫さされか・・・とほっとするも、 虫刺されとかって、簡単に考えてはいけませんよ、と言われる。 赤ちゃんは免疫がないし、肌も弱いため腫れやすい。 それか

続きを読む